☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげ様で14周年★最近はゆる~く更新。

「ジョーカー」

2019年10月04日 | ★favorite★

【JOKER】 2019/10/04公開 アメリカ R15+ 122分
監督:トッド・フィリップス
出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ

本当の悪は笑顔の中にある

STORY:大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐアーサーだったが、行政の支援を打ち切られたり、メンタルの病が原因でたびたびトラブルを招いてしまうなど、どん底の生活から抜け出せずに、辛い日々を送っていた。そんな中、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーに心惹かれていくアーサーだったが... (allcinemaより)


DCコミックスのバットマンに登場する悪役“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男アーサー・フレックが、いかにして狂気の怪物へと変貌したのかを描いたサスペンス・ドラマ。アメコミが原作の作品としては史上初となるヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス。

有給を取り初日に観てきました。これまでに様々な俳優たちがジョーカーを演じてきましたが今作はホアキン・フェニックス。バットマンの宿敵としてではなく、ジョーカーになるまでを描いたものなのでちょっと不安がありました。だけど、いざ始まったら....ホアキンの怪演に圧倒されて引き込まれてしまいした。

ゴッサムシティという架空の都市の物語だけれど、現実世界においても誰でもジョーカーになり得るという怖さもありましたね。冒頭はアーサーの笑いから始まる不気味さ...でも心に病を持っていて緊張すると笑いが止まらなくなるというもの。アーサーはもともとコメディアンになって人々を笑わせたかった。でも世の中はそうさせてくれなかった。笑いというと明るいイメージだけどアーサーの笑いは心の奥の悲しみを感じました。

ヒース・レジャーのジョーカーのイメージが強くそれ以上はないなーと思ってたのですが、ホアキンのジョーカーも狂気を見事に演じきってホント素晴らしかったです。今まではバットマン側から観てたけど困ったな 笑。アカデミー賞最有力というのもうなずけますね。

アメコミのジョーカーを描いたというよりも、アーサー・フレックをジョーカーへと導いた世の中を描いた物語という感じです。

鑑賞日:2019/10/04
※TOHO cinemas free passport #1


コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 時効警察・復活スペシャル(... | トップ | 「ジョン・ウィック:パラベ... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2019-10-05 00:18:01
まさに現代版『タクシードライバー』でしたね。
アーサーがジョーカーになっていく様は恐怖や哀しみもありながら、心のどこかで待ちわびている自分もいる。
こういう時代だからこそ、再びアメリカン・ニューシネマが必要とされているのかな。
こんにちは。 (BROOK)
2019-10-05 13:14:47
他のDCコミックスの実写化作品とは一線を画すような感じですね。
個人的にはあっちのドッカンドッカンの大バトルも好きなのですが…^^;

ホアキンの演技は本当に素晴らしく、これはアカデミー賞ノミネートから受賞があるかもしれません。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2019-10-08 10:21:51
確かにジョーカーになるのはわかっているので少しずつ変化していく様子にわくわくしてしまう自分がいました。
今の時代だからこその作品なんだと思いますね。
BROOKさんへ (yukarin)
2019-10-08 10:24:16
全く別ものと考えるのが正しいのかもしれません。
私も大バトル好きです 笑

本当にホアキンの演技は評判通りそれ以上で素晴らしいと思いました!!
アカデミー賞ノミネートは確実でしょうけどぜひ受賞してほしいものです。
圧倒的な迫力 (ノルウェーまだ~む)
2019-10-08 11:42:16
yukarinさん☆
ホアキンの演技が圧巻でしたね!
リアルでなんだか辛くなってしまいました。
レビューを書くだけなのに息が苦しくなってきます…
心の奥の悲しみを感じるアーサーの笑いは、まさに涙メイクのピエロそのものでしたね☆
Unknown (Nakaji)
2019-10-08 20:19:46
こんにちは。
>ヒース・レジャーのジョーカーのイメージが強くそれ以上はないなー

本当にそう思っている。
ホアキンの演技って見てるだけでつらくなってくるくらいの演技だったから、なんかいつの時代の話なんかと思ったくらいだったよ・・・
生々しく (メビウス)
2019-10-17 21:48:21
yukarinさんこんばんわ♪

ゴッサムシティこそ架空の都市ですが、そこで描かれる理不尽さは絵空事と呼ぶにはあまりにも生々しいものばかりだったので、狂気の犯罪者たるジョーカーとはいえその辛い足跡にはやはり同情心も芽生えてしまいましたね。そしてその心情を見事に体現しているホアキン・フェニックスもお見事です。あの笑い声も強く印象に残りますね。

ジョーカーといえば (ボー)
2019-10-17 23:48:33
トランプ! トランプといえばアメリカ! アメリカといえばバットマン! バットマンといえばジョーカー! あ、永遠に続くな!
悪者の生い立ちとしては、まあ納得はできるかと。好きじゃないけど。
Unknown (ふじき78)
2019-10-20 12:13:50
残された子供ウェインがジョーカーを見つけて処刑するが、実はジョーカーにはジョーカー自身知らない兄がいて、、、、、100%CGでリバー・フェニックスにオファーだ。

レゴバットマンとかだとジョーカーがバットマンにスキスキ光線出してる感じだけど、そういう悪役ではなくなってしまうね。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2019-10-29 10:02:31
本当にホアキンの演技は素晴らしかったですね。
アーサーの笑いがなんとも切なく悲しい。
観てからしばらくたってますがとても印象に残る作品です。

コメントを投稿

★favorite★」カテゴリの最新記事