☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中。

「AI 崩壊」

2020年02月01日 | ★★★+

2020/01/31公開 日本 131分
監督:入江悠
出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、髙嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、余貴美子、松嶋菜々子、三浦友和

その日、AIが
命の選別を始めた。

STORY:2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める...


10年後の日本を舞台に、国民の情報と健康を管理するAI(人工知能)が突如一人ひとりの命の価値を選別する暴走が始まる。国からテロリストとして追われる身になった開発者が、自ら真相を突き止めるべき繰り広げられる決死の逃亡劇を描いた近未来サスペンス・アクション。監督は『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ジョーカー・ゲーム』などの入江悠。

遠くない未来、昨年の「ドクターX」でもAIを導入していたけれど、こちらは10年後には国民の健康を管理していてすべてがAI任せの時代になってました。

洋画ではよくある設定ですが、日本が舞台なので興味深く観られました。邦画にしてはテンポが良く、開発者の桐生が追い詰められていく様子はハラハラ感があって面白く観られました。が、ツッコミどころもあり 笑。

真犯人がすぐにわかってしまいますね。どうみてもあの人が怪しすぎるって 笑。でも桐生がどう“のぞみ”の暴走を止めるのかそっちのほうが気になったのでまぁいいです。でも結局はそこなんだよねぇ。

いつも思うけどテロ対策で作ったものは肝心な所でアダになってピンチになるという...。AIが暴走した時もアナログで対処したいものです。電源(コンセント)抜いちゃうとかぶっ壊すとか。扉もまさかの弱点をつくるとかー。刑事も結局は生身の感だし~。AIもいいですが頼りすぎずにアナログとも共存してほしいものです。

桐生の娘がよくあそこで生きていられたなー。普通なら死んでそうだけど...。なぜか無くした写真があんなところにあるとはびっくり。それはないだろうーって 笑。

すでにスマホを常に観ていないと不安になってるとかすでに操られてるよね💦
現実にも色々とAI化されてつつある今、いつか暴走して審判の日が訪れるかも....恐ろしい。

鑑賞日:2020/02/02


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「ジョジョ・ラビット」 | トップ | 「ナイブズ・アウト/名探偵... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2020-02-02 06:02:56
たしかに洋画では良くある設定ですよね♪
邦画としてはかなり頑張っていたと思います。

ちょっとツッコミどころもありました^^;
写真がなぜあんなところに?って、まさにそうですよねぇ…。
いつの間にあのコアの下に?となりました。

AIの暴走、本当にいつか起こりそうです。
むしろもう起きているのかもしれません。
BROOKさんへ (yukarin)
2020-02-19 12:47:50
設定は今更感がありますが、テンポが良かったので楽しめました。
無くした写真がなぜあんなところにあるのか、落とすにしても落ちたらだれか気づきそうなもんですが 笑
ツッコミどころはありましたが、日本でのAIの暴走はゾッとしてしまいますね。気づかないだけですでにAIに乗っ取られているかもしれません💦
Unknown (ふじき78)
2020-05-18 19:42:50
写真が何であんなところに?

あれはただの白い紙だったのですが、死の近くにまで追い詰められた少女の隠された能力が開花して、こんな写真あったら嬉しいぞと念写したのです。
ふじき78さんへ (yukarin)
2020-05-29 16:34:11
あんなところに写真があったのは不自然ですよねぇ。
そっか念写だったのかーw

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事