☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

「Diner ダイナー」

2019年07月06日 | ★★★
2019/07/05公開 日本 117分
監督:蜷川実花
出演:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二

美味しいメシを食うか?
それとも死ぬか?


STORY:日給30万円の怪しいバイトに手を出し、組織に捕まりとあるダイナーで新人ウェイトレスとして働くことになった少女、オオバカナコ。しかしそこは、客の全員が殺し屋というあまりにも特殊なダイナーだった。そして、そこで王のように君臨するのが元殺し屋の天才シェフ、ボンベロだった... (allcinemaより)


日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞をダブル受賞した平山夢明の「ダイナー」を実写映画化したサスペンス・アクション。元殺し屋の天才シェフが仕切る殺し屋専門のダイナーを舞台に、殺し合いが日常という世界でウェイトレスとして働くハメになったヒロインを描く。監督は『さくらん』『ヘルタースケルター』の蜷川実花。

原作は未読。蜷川実花監督作品は今回が初めて。実花さんの色彩豊かで独特の世界をもった写真は好き。でも写真と映画ではかなり違う。色あざやな画に血なまぐささを共有した映像はとてもきれいだし好み。でも映画を観てるというより台詞のあるPVを観てる感じがした。映像美と豪華俳優陣を楽しむ作品!!

予告編では竜也くんが主人公のように思えたけど観るとオオバカナコが主人公。演技もあまり....。予告編からのイメージとはかなり違ってて前半は自分には合わなさそうに思えたけど、後半での銃撃戦や登場人物のイカれっぷりに楽しめた。

キッドの本郷奏多くんはこういう役いいよね。スキンの窪田正孝くんが好みだわ 笑。真矢ミキ姐さんカッコ良かったー。竜也くんもいつものダメ男じゃなくて天才シェフがカッコ良かったし長髪が似合ってた。

ラストシーン....あれは死者の日だからだよね?
リメンバー・ミー』を思い出したわ。

9月公開の『人間失格 太宰治と3人の女たち』もキャストがいいので観たいけど観るのをためらう.....。

鑑賞日:゚2019/07/06

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「スパイダーマン:ファー・... | トップ | ひりとごと03 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2019-07-07 05:50:31
蜷川実花監督作品は初めての鑑賞となりましたが、独特な世界観を持っていますね♪
数々の花がとても印象に残りました。
さらには料理もどれも美味しそうで…。

後半のアクションシーンは見応えがありましたね。
ただ、ちょっとひと昔前のようなワイヤーアクションには笑ってしまいました^^;
BROOKさんへ (yukarin)
2019-07-09 15:46:34
独特すぎる世界観ですよねぇ。
でもお店はぶっとんじゃったので残念です 笑
ほんと料理がおいしそうでしたね。

あの雰囲気だからこそひと昔前のようなワイヤーアクションが合うのかもしれません。

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事