☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ヅラ刑事

2007年02月24日 | ★★★


『ヅラ刑事』
公開:2006/09/16
製作国:日本
監督:河崎実
出演:モト冬樹、イジリー岡田、なべやかん、中野英雄、加納良治、ウガンダ・トラ、桐島優介、橋本真衣、ドクター中松
ヅラと言えば○本○一!いやヅラ疑惑ですがね。コンサートでも舞台でも汗でしっとりした髪の毛が乾くのが異常に早いのだ。しかし今年からヅラネタは封印したらしい・・・まさか!


*****


☆story☆
“ヅラ”こと源田初男は、身につけているヅラをブーメランのように投げ飛ばし敵を倒す必殺技“モト・ヅラッガー”で人々から恐れられる警視庁の敏腕刑事。
そんな彼が新たに赴任した花曲署捜査一課は、“チビ”“デブ”“デカチン”など、源田に劣らない特殊能力を持つ超個性派集団だった。
そして源田が着任早々、日本中を揺るがす大事件が勃発する。
謎のテロリスト集団が原子力発電所の核燃料を強奪、やがて核爆弾を完成させ、東京都民全員の命を人質に、身代金50億円を要求してきたのだった。
源田は捜査一課の仲間たちと、事件解決に向け奔走する。(allcinema ONLINE)

まずは全世界のヅラ愛好家の方々にご挨拶を!
もしかしたら失礼なことを言っているかもしれませんが大目にみてやってください<(_ _)>

地元ではクリスマスイヴに公開しとりました。
観に行きたかったのですがタイミングが合わずDVD鑑賞。
んーーでもDVDで良かったかな。
モト冬樹とヅラのコンビが妙にツボでして見たかったんですよ。
もうちょっとドタバタしてて、バカバカしくてを想像してたのですが意外と普通でした、、、
途中でやめたくなるような感じかと思ってましたから。
冒頭の銀行強盗には爆笑しました。
ちいさい相方だけが犯人の場合でもやはり二人?は御用になってしまうのでしょうか。
そしてさっそうと現れたヅラ刑事!
そのヅラで見事に事件解決っ。かっこいいですね・・・?

ヅラ刑事のヅラはただのヅラじゃなかった!!
温度によって膨張したり、ヅルヅルヅラヅラと移動してみたり、咬んでみたり、飛んでみたり・・・
生きてる、、、 ←えん魔くんの帽子みたい。でもしゃべらいないか。
ちゃんと洗えるのかな・・・あまりさわりたくないような^^;
しかもヅラを取る時の効果音がすごぉい!!!!
これは実際にあったら絶対購入希望者多いだろうなぁ(笑)
ブーメランのように飛んで戻ってくる、しかも相手にダメージを与えられるのが素晴らしい。
もう、はげちゃびん!とは言わせないぞ!!
はげちゃびんって言葉自体がなんかなつかしいような気がする。

一応テロリスト?製作の核爆弾が実にショボい。
警察に送られてきたDVDに撮影者が映ってしまったり、鼻アレルギーの人がいたり、緊張感がまるでない。
爆発したら東京どころか日本も危ないのに政府もたいして動かない、、、
あんなへんてこテロリストが核爆弾なんてつくれるんだろうか(笑)
理科の実験並みかも~って深く考えてはいけない作品ですね。
いきなり途中でカラオケ映像になっちゃうし・・・

ヅラ刑事と娘の再会も笑っちゃうけれど、その前にその母親はモノを拾う時に落ちてしまうほどの吸着力の弱いヅラでよく今まで気づかなかったなと。
その娘・・・桜塚やっくんに似てませんか?

悲しみはヅラで飛ばせ!ってヅラ飛ばしたら残った頭がもっと悲しいんじゃ・・・。
その昔会社にハゲのおじさんがいたんですがある時ケンカしましてね・・・
最終ダメージ兵器“このハゲ~!!”を使いそうになりました。
さすがに思いとどまりましたけれども。
昔は嫌いだったハゲ、今は外国人俳優限定でちょいハゲ大好きです♪
昔好きじゃなかたニコラス・ケイジ。新作は初めて劇場に観に行くぞ(笑)
・・・ってあまりフォローになってないか(^▽^;)>゛

テレビの刑事ドラマ風で、エンディングもそんな感じ。
で、つづく・・・んですか???
モト冬樹のためのモト冬樹ファンのためのヅラ愛好家のためのヅラ映画でした。

*映画鑑賞★日記・・・より転載




コメント   この記事についてブログを書く
« NYPD15分署 | トップ | 第27回(2006)ラズベリー賞... »

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事