☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

64-ロクヨン-前編

2016年05月07日 | ★★★★

2016/05/07公開 日本 121分
監督:瀬々敬久
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和

犯人は、まだ
昭和にいる。

STORY:わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件。いまも未解決のその事件を県警内部では“ロクヨン”と呼んでいた。刑事部で長く活躍しロクヨンの捜査にも関わったベテラン刑事の三上義信。私生活では高校生の娘が家出失踪中という大きな問題に直面していた彼だったが、この春から警務部の広報室に異動となり、戸惑いつつも広報室の改革に意欲を見せていた。折しも県警ではロクヨンの時効まで1年と迫る中、警察庁長官の視察が計画され... (allcinemaより)


「半落ち」などの横山秀夫原作の小説を映画化したミステリー・ドラマの前編。昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、県警警務部広報官の警察内部の対立や県警記者クラブとの衝突などを描く。監督は『ヘヴンズ ストーリー』『ストレイヤーズ・クロニクル』などの瀬々敬久。

母も観たいというので一緒に観てきたのですが、かなり宣伝をしてたこともあって満席のためバラ席になってしまいました。年齢層高めかな。

前編だけでもかなり見応えありました。冒頭からイッキに引きこまれてあっという間の121分でした。原作は未読ですがTBS日曜9時あたりかNHKが好きそうな題材だなと思いながら観てました。そしたらすでにNHKでドラマ化されていたんですねー見逃して残念っ。とにかく浩市さんの熱演に胸が熱くなりました。キャスト陣も豪華でみなさんも熱かった!

邦画特有の事件までの前置きがなく、すぐに本題に入るのがいいです。ある程度の当時の事件の様子を描いて時効まであと1年の現在へ...。そのまま時効前に犯人逮捕へまっしぐら~な内容なのかと思ったら、まずは別の事件での広報官・三上と記者クラブの衝突や警察内部の対立などなど、まずは地盤固めの前編でしたね。“ロクヨン”に変わった人たちのその後がつらい、、、

それにしても...刑事ドラマでもよく描かれているけれどお得意の隠蔽!! 妊婦さんの事件でもきっとそうなんだろうなと思ったら案の定で....。匿名に抗議する瑛太が凄みがありましたね。ま、警察にかぎらず身内の不祥事はごまかそうとしますからねぇ。記者クラブの言い分もわかります。実際での未解決事件も何かが隠蔽されてるに違いない!と思ってたりもしますが、、、

しっかし登場人物が多すぎて頭の中がこんがらがってしまった、、、。わからなくなるほどではないけれど、後編を観る時には誰が誰なのかおさらいしておかなきゃです。ラストでようやく事件が動きだすいい所で終わるので、早く続きが観たいーっと思わせるところがにくいですな。後編は一ヶ月後....楽しみです。

★★★★.3
鑑賞日:2016/05/07
※TOHO cinemas free passport #6

 

64-ロクヨン-前編 通常版DVD
佐藤浩市,綾野 剛,榮倉奈々,瑛太,三浦友和
TCエンタテインメント

 

64-ロクヨン-前編/後編 豪華版Blu-rayセット
佐藤浩市,綾野 剛,榮倉奈々,瑛太,三浦友和
TCエンタテインメント

 

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋

 

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋

 TV版

64 ロクヨン DVDBOX
横山秀夫,大森寿美男
NHKエンタープライズ

コメント (20)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 追憶の森 | トップ | HK/変態仮面 アブノーマ... »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
隠蔽 (まっつぁんこ)
2016-05-07 23:42:15
組織には必ず隠蔽体質ある(≧o≦)
いくらなんでもデフォルメされすぎか?
普通バックアップくらい準備するんじゃないか?
三十年近く前なら時効かな(笑)
Unknown (くう)
2016-05-07 23:51:11
これはもうNHKのドラマが本当に素晴らしくて当時から映画はどうなるんだろうと心配されていたのですが、映画の方も素晴らしかったですね!
なぜかホッとしました(笑)←別にNHKの回し者じゃないけど~。

>記者クラブの言い分もわかります。実際での未解決事件も何かが隠蔽されてるに違いない!と思ってたりもしますが、、、

私もいつも思ってます~。
警察もマスコミも信用できない世の中、こういう作品で少しでも名湯回復して頂きたいです。

後編も楽しみ!
ドラマあったのね! (ノルウェーまだ~む)
2016-05-08 00:28:09
yukarinさん☆
じっくりドラマでやるのがぴったり・・・と思いながら観ていたら、やっぱりNHKでやったのね!
事件が最後になって起きてびっくりしたわ~~
後編が待ち遠しいです。
おはようございます。 (BROOK)
2016-05-08 06:02:33
とても見応えのあるドラマが展開されていましたね。
さらには豪華キャスト陣の見事な演技…
かなり見入ってしまいました♪

あのラストからどう展開するのか、
原作未読、ドラマ未見なので、非常に楽しみです!
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-05-12 01:01:59
確かに登場人物が多くて、名前と顔が一致するのが大変ですよね。
それでもこの見応えは凄い。
まだ本題に入っていないというのに…。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2016-05-12 11:24:14
どこでもありますよねぇ。
デフォルメされすぎなのは、まぁ小説だし映画だし...っという....
面白かったので後編に期待しますっ
くうさんへ (yukarin)
2016-05-12 11:26:50
NHKドラマのほうも見てみたくなりました。
本当に警察もマスコミも信じられないところがありますがね、せめて映画でもすっきりしたいです
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2016-05-12 11:28:11
私も映画を観てから知りました。
NHKのほうも気になりますよね。
ラスト....事件が動き出して後編がすごく楽しみです。
BROOKさんへ (yukarin)
2016-05-12 11:30:06
こんにちは。
BROOKさんのおっしゃるとおり面白く観られましたよ。
キャストも豪華でしたし見応え十分で後編が待ち遠しいですよね。
結末を知らない分さらに楽しめそうです。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2016-05-12 11:31:40
こんにちは。
登場人物が多い作品はちょっと苦手なので追いつくのに大変でした 汗
後編は相関図をしっかり頭にいれてのぞみたいと思います。
そうそうまだ、本題に入ってないんですもんね~なのにこの見応えはすごいです。

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事

32 トラックバック

64-ロクヨン-前編 (佐藤秀の徒然幻視録)
豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ...
64 ロクヨン前編 (あーうぃ だにぇっと)
64−ロクヨン−前編@イイノホール
『64 ロクヨン 前編』 2016年4月29日 イイノホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『64 ロクヨン 前編』 を試写会で鑑賞しました。 実は昨年の9月のスニーク(モニター)試写会で前後編を鑑賞している。 【ストーリー】  わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいて...
映画感想『64-ロクヨン-前編』試写会 2016年... (見取り八段・実0段)
横山秀夫原作のサスペンス小説を映画化。サスペンス要素よりも重厚な人間ドラマに期待して観て正解かと。NHKドラマ版が放映された時は、これ以上のものは作れないだろうと言われてい...
「64 ロクヨン」☆まだ何も始まらない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役割を全うしているのが伝わってくる。 勿論、「このミス」...
試写会「64 -ロクヨン- 前編」 (日々“是”精進! ver.F)
本音でぶつかり合えば… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604210000/ 64(ロクヨン)(上)【電子書籍】[ 横山秀夫 ]価格:690円 64(上) [ 横山秀夫(小説家) ]価格:691円(税込、送料無料) 64(下) [ ...
64 ロクヨン 前編 (勝手に映画評)
横山秀夫のベストセラー小説『64』の映画化。 原作を読んだことがあるはずなんですが、ほぼ内容を忘れているので、実質初見と同等です(笑)。 いやぁ、少なくとも前編を見た限りでは、今年の邦画一番じゃないですかね。非常に重厚な内容で、中々良く脚本が練られてい...
映画『64-ロクヨン-前編』 (よくばりアンテナ)
人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらないから、 前・後編で別れちゃうんですね。 見応えあるだろうけれど、 正直...
64-ロクヨン-前編 (とりあえず、コメントです)
横山秀夫著の警察小説を佐藤浩市主演で描いたサスペンスです。 原作本は購入したのに未読、昨年のテレビドラマも録画したのに未見というふとどき者ですけど ここまで来たら映画から観てみようと初日にチャレンジしてきました。 刑事部と警務部との確執に翻弄される広報室...
64-ロクヨン-前編 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。 <感想>原作未読でTVドラマも見ていなかったのが悔やまれる。....
64-ロクヨン-前編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 警察内部の構造を知るうえで可なり為になる映画。
『64-ロクヨン-前編』 (こねたみっくす)
そこに心はあるのか。 何とも日本的な重さが心にずしりと残る映画だ。しかし何とも日本的な感動がじわじわと心に響く映画だ。 まだ事件の核心に迫っている訳ではないのに、それで ...
「64(ロクヨン) 前編」 (ここなつ映画レビュー)
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。...
64―ロクヨン―前編 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞64―ロクヨン―前編 2016年/日本/121分 監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人 公式サイト 公開: 2016年05月07日 昭和64年01月05日。雨宮漬物店の店主である雨宮芳男の娘、翔子が誘拐され、身代金を要求する...
『64 -ロクヨン- 前編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、綾野剛、瑛太、仲村トオル、三浦友和、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、犯人(後編部分含む)に触れています。『64 -ロクヨン- 前編』監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆鶴田真由、赤井英和、菅田俊烏
64 ロクヨン 前編 (花ごよみ)
横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化。 映画は2部作になっていて今回は前編。 佐藤浩市が主演。 主人公の警務部の広報官、 三上義信を演じます。 綾野剛、永瀬正敏、三浦友和、榮倉奈々、 瑛太ら豪華キャストが出演 監督は瀬々敬久。 通称「ロクヨン」という....
『64 -ロクヨン- 前編』('16初鑑賞48・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月7日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 13:50の回を鑑賞。
64-ロクヨン-前編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 横山秀夫のベストセラーの映画化で、原作もNHKドラマもみています。映画版は超豪華キャストの演技は満足だけど、日本人好みの手堅い泣かせに走っているのはいまいちでした。後編は原作と変えているらしいので、ちょっと楽しみかも。  作品情報 2016年日本映画 監督...
64-ロクヨン-前編 (to Heart)
犯人は、まだ 昭和にいる。 上映時間 121分 原作 横山秀夫 脚本 瀬々敬久 久松真一 監督 瀬々敬久 出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和 横山秀夫の傑作ミステリーを豪華共演で映画化したミス....
64-ロクヨン-前編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  綾野 剛  榮倉 奈々  瑛太 【ストーリー】 わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・...
〔劇場鑑賞〕 64-ロクヨン-前編 (ジャスターの部屋)
? 『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「 ...
『ちはやふる上の句』を109シネマズ木場2で、『64前編』をトーホーシネマズ府中3で観て(64にネタバレ記述あり)、どっちもグ... (ふじき78の死屍累々映画日記)
前編同士ほんに傑作。 私は、映画の中のキャラが立ってて役者がステキな映画が好きなのだ。 どっちも条件バッチリ。 ちなみにどっちも原作未読、派生物未鑑賞です。 ◆『ちはや ...
64 ロクヨン 前編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和64年1月5日。  まず漬物工場が映し出され、併設されている住...
64-ロクヨン-前編 (我想一個人映画美的女人blog)
昭和から平成に変わる直前、1週間しかなかった昭和64年に起きた、戦後唯一の未解決誘拐事件。 実際の事件が基になった、ということで凄く興味あった1本。 「半落ち」などの原作者・横山秀夫の小説を、豪華キャストで映画化。 横山さんは、元群馬県の地方新聞...
「64-ロクヨン-前編」事件が迷宮入りしそうになった先に発覚した警察の失態を組織ぐるみで隠蔽された事件の真相と時効目前で再び動き... (オールマイティにコメンテート)
「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日~7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こう ...
前編は事件より警察内部のドラマ (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「64 -ロクヨン- 前編」を鑑賞しました。 わずか7日で終わった昭和64年 その年に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨンから14年が経過し 未解決のまま時効が近づく中 そのロクヨンの捜査に携わり現在は警務部 広報室の広報官の三上は再びこの事....
「64-ロクヨン-前編」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
昭和64年。 少女が誘拐された事件は最悪の結末を迎えた。 時代は平成となり誘拐殺人事件は時効まであと1年。 64(ロクヨン)(上) D県警シリーズ (文春文庫)横山秀夫 文芸春秋 by G-Tools
「64-ロクヨン-前編」 報道の役割とは (はらやんの映画徒然草)
例によって原作は未読ですが、横山秀夫さん原作の作品らしく骨太のドラマとなっていま
映画「64-ロクヨン-前編」 (FREE TIME)
映画「64-ロクヨン-前編」を鑑賞しました。
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 (いやいやえん)
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称......
64-ロクヨン-前編 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜......
64 ロクヨン 前編 (のほほん便り)
豪華キャスティングと役者力で、魅せてくれたし、わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」事件が、多くの人生にダメージを与え、その軌跡を狂わせたこ......