☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「ブレイブ-群青戦記-」

2021年03月14日 | ★★★★

【BRAVE】
2021/03/12公開 日本 PG12 115分
監督:本広克行
出演: 新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、三浦春馬、松山ケンイチ

次の対戦相手
織田信長って、マジ?

STORY:全国屈指のスポーツ強豪校“星徳学院高校”で弓道部に所属する西野蒼は、才能はありながらも消極的な性格から成績には恵まれていなかった。彼の幼なじみで、それぞれ弓道部と剣道部で活躍する瀬野遥と松本考太は、そんな蒼のことをいつも気にかけていた。そんなある日、突然の落雷の後、学校の周囲が見慣れない風景に変わり、野武士の格好をした男たちが現れる... (allcinemaより)


笠原真樹の人気コミックス「群青戦記 グンジョーセンキ」を実写映画化。スポーツ強豪校で活躍するアスリート高校生たちが、ある日突然、学校ごと戦国時代にタイムスリップしてしまい、戦国武将率いる大軍勢相手に、それぞれが部活で培った運動スキルを駆使して決死のサバイバルを繰り広げる。監督は「踊る大捜査線」シリーズ、『亜人』などの本広克行。

高校生が戦国時代にタイムスリップしてしまうというトンデモ設定...ながらもシリアスな展開と仲間を助けるために部活で培ったスキルを駆使して大軍勢を相手に立ち向かう熱い闘いは見ごたえあった。新田真剣佑やTOHOシネマズではおなじみの山崎紘菜はわかってても、ほかの高校生たちはあまり知らない。かえって知らないからこそ彼らがどうなるかわからず観ることができたのかも。それぞれ個性もあって良かった。

冒頭からすぐに本題に入り、学校に戦国時代の大群が襲ってきてなかなかグロい展開...なのでPG12。戦国時代の闘いと現代の闘いはどうなの?と思うけれどスポーツはいろいろと応用が効いていざとなったら戦えるものだなと。理系部の子らは頭脳を生かして作戦を立てたり、歴史に詳しい子は先手をうったりと闘いのシーンが壮絶でトンデモ設定を忘れるくらい見入ってしまう。

見どころというかお目当ては、のちの徳川家康役の三浦春馬、織田信長には松山ケンイチ。予告編でもテンション上がったけど春馬くんがとーーーーってもカッコよかったのだ!! イッキに心を持っていかれる 笑。

まさかの展開もあり、歴史が変わってしまう~と思うのだけれどちゃんとうまいこと収まった。思ってた以上に楽しめた。

鑑賞日:2021/03/12


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第41回ゴールデンラズベリー... | トップ | Endless SHOCK-Eternal- @帝... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2021-03-15 01:22:32
信長、家康の出来の良さに真っ向から反比例する秀吉のチンチクリンさに笑いました。
ふじき78さんへ (yukarin)
2021-03-17 13:56:08
たしかに~っ
でも秀吉がイケメンではちょっと💦
信長はいいとしても家康がカッコよすぎです!
こんばんわ (にゃむばなな)
2021-03-23 00:26:00
三浦春馬も松山ケンイチも良かったですね。
あれだけ魅力的な若手俳優がたくさん出演していても、どうしてもこの2人をずっと見ていたくなりますよね。
ただこの2人が絡むシーンがなかったのが残念。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2021-05-02 17:16:28
お二人ともとても良かったです。
特に春馬くんは自然に目で追ってました 笑
ほんと二人の絡むシーンを観てみたかったですよね!

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事