☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

2019年01月04日 | ★★★++

2018/12/28公開 日本 120分
監督:前田哲
出演:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、萩原聖人、渡辺真起子、宇野祥平、韓英恵、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子

あなたと過ごした日々は宝物でした――

体は不自由、心は自由!
車いす人生を駆け抜けた男の
笑いと涙の感動実話

STORY:北海道札幌市。34歳の鹿野靖明は幼い頃から難病の筋ジストロフィーを患い、今では体で動かせるのは首と手だけ。24時間体制の介助が必要な体にもかかわらず医師の反対を押し切り、病院ではなく市内のケア付き住宅で、大勢のボラ(ボランティア)に囲まれながらの自立生活を送っていた。ボラたちはワガママ放題の鹿野に振り回されることもしばしばだったが、誰もが彼の人間的な魅力の虜になっていた。医大生の田中もそんなボラの一人。そんな中、田中の恋人・美咲がたまたま鹿野宅を訪れたところ、いきなりボラとして手伝いをさせられるハメに... (allcinemaより)


2019年劇場鑑賞2本目。時間の都合でMOVIXで鑑賞。

人の助けなしでは生きられないにも関わらず、自ら大勢のボランティアを集めて自立生活を続けた札幌在住の鹿野靖明さんと、ボランティアたちとの交流を綴った渡辺一史原作の「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化したヒューマン・コメディ。監督は『陽気なギャングが地球を回す』などの前田哲。

観たい新作洋画がないので気になってたこちらを観ましたが、思ってた以上に良い作品でした。身体に障害を持つ人を描いた実話では重たい作品が多い中、笑いも多くて楽しかった。その主人公を大泉洋が演じてるからさらに面白いわけでとにかくハマり役、この人だからどんなわがままも憎めないなーと。

どこまでが実話なのかわからないけれど、鹿野さんの生き方は素敵です。障害者というとどこか遠慮がちになりそうだけど、自立のために頼るところは頼ってボランティアの人たちと本音で付き合い、夢をもって前向きに生きる姿に感動しました。人に頼らないと生きていけないのなら頼る勇気も必要だという...ボランティアの人たちが鹿野さんに惹かれていくのがわかるような気がしますね。

鑑賞日:2019/01/04

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ひとりごと01 | トップ | 第76回(2019)ゴールデン・... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (FREE TIME)
2019-01-07 23:24:45
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2019年最初の劇場鑑賞でしたが、コメディ映画なのかと思うような予告編と違って、内容はシリアスなものでしたね。
身体的ハンデをも跳ね除けようとする鹿野さんの強い気持ちが、あれだけのボランティアを動かしたのでしょうね。
これも大泉さん独自のキャラクターあってこそだと思いますが、自分が予想していた以上に素晴らしい作品でした。
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2019-01-11 11:39:59
こちらこそ本年もどうぞよろしくお願いいたします。

シリアスな内容ではありましたが、適度に笑いもあり重すぎずいろいろと考えさせられる作品でした。
やはり大泉氏のキャラだからこそですよね。
同じく私も思ってた以上に素敵な作品でした。

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事