☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009年10月29日 | ★favorite★

michael
原題:THIS IS IT
公開:2009/10/28
製作国:アメリカ
上映時間:111分
鑑賞日:2009/10/28
監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン

誰も見たことのない彼に逢える。

STORY: 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。(シネマトゥディより)


今年、 2009年6月25日に亡くなったためマイケル・ジャクソンの幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。亡くなる直前まで行われた長時間のリハーサルを記録した映像をもとにつくられたドキュメンタリー。

ワイドショーなどでちょこちょこ映像は流れてはいたものの、今日はソワソワした一日でした。大好きだけど堂々とファンと言えるような立場ではないんですが一応感想を・・・。
何と言っていいか・・・すごい!! としか言いようがありません。
リハーサルでここまでやられちゃあ、本公演はとてつもなく素晴らしい出来だったに違いない!!

1曲、1曲魅入ってしまって曲が終わるごとに拍手しそうになりましたよ。最高のコンサートを創り上げるための意気込みがビシビシっと伝わってきました。スタッフへの細かい指示があるんですが、言われた通りにすると楽曲の良さがぐっと引き立ってくるんですねぇ。しかもスタッフへの言い方がやさしい~。もう、みなさんマイケルにメロメロなんですねぇ。だって誰もが、“マイケルのためなら!!”という感じでしたもん。マイケルが踊るとスタッフのみなさんは一ファンと化して盛りあがってるのがとっても印象的でした。

イヤモニからの音の返しに戸惑ってる姿にはちょっとビックリ。うまくいかないこともあるんですね。その時のスタッフとのやりとりで、怒ってるんじゃないよ~これは愛だから~と言ってるマイケルにキュンとしちゃったわさ。スタッフへの配慮もしっかり!!

コーサートで流すためにつくられた映像がこれまた美しくて、特に“スリラー”の映像がめちゃくちゃキレイだったなぁ。セットなんてそのまま映画に使い回しできそう。オリジナルとはまた違った雰囲気で良かったです。そのほか、モノクロのギャング映画風な映像も印象的。

マイケル本人からすればリハーサルの映像をこういう形で見せたくなかっただろうと思いますが、今となってはこの映像を残してくれてありがとうと言いたいですね。リハだから本気出して歌ってはいないとは言ってたけれどもそうは思えなかったしダンスも完璧で力を抜いてる様子も全くなしなのもすごいわ。

膨大な量の編集作業だったと思うんですが、これがまたまたマイケルの魅力をしっかり引き出してくれてましてワタクシはテンション上がりまくりでしたよ。残念ながら一度も生の彼を見ることが出来ずに終わってしまったのですが、劇場内での大音量でのおなじみの楽曲とマイケルのダンスに魅了されまくりでした。

これほどのスーパースターはこれから先にも現れないだろうな.....
少なくともこの映像を見てる間はマイケルは生きていた!!
見終わった後に現実に戻るのがとてもせつない...

エンドロールが終わっても映像は続きます。そして・・・客席が明るくなった時にどこからともなく拍手が聞こえてきてみんなで拍手で終わりました~。これは自然に拍手しちゃいますよ。何度見ても飽きないと思う。

ありがとう、マイケル・ジャクソン!!

*映画鑑賞★日記・・・より 


コメント   この記事についてブログを書く
« モール★コップ | トップ | ザ・スピリット »

コメントを投稿

★favorite★」カテゴリの最新記事