☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

第76回(2019)ゴールデン・グローブ賞発表(映画部門)

2019年01月07日 | 映画関係・その他

第76回ゴールデングローブ賞授賞式は、2019年1月6日(現地時間)に開催されました。

いつもなら観てない作品が多いのでふーん、そうなんだぁ...だったのですが、『ボヘミアン・ラプソディ』と主演男優でのラミ・マレックがひじょーーーに気になってたので、はじめてGG賞でそわそわしちゃいました。

※写真お借りしました

そして、見事われらがボ・ラプが、「作品賞(ドラマ部門)」と「主演男優賞」を受賞しちゃいましたヾ(*´∀`*)ノ

批評家にはなんやかんや言われたらしいけど最終的には大衆の勝利ということね。
ラミ本当におめでとう🏆そして映画に関わった皆様おめでとうございます♪

ブラインアンとロジャー、マイアミらは現地に。
ディーキー見てたかなぁ。
そしてフレディもお空から見てたよね、きっと喜んでるはず☆

 やったーっ!!

 よっしゃーーっ★

昨日、またまた観てきたのもあるけど感慨深いものがあります。
この勢いでアカデミー賞も期待できるかな?
まぁあちらは曲者ですが 笑。

 

※以下、★は受賞作品、受賞者。

作品賞(ドラマ部門)
ボヘミアン・ラプソディ
ブラックパンサー
ブラック・クランズマン
ビール・ストリートの恋人たち
アリー/スター誕生

主演女優賞(ドラマ部門)
★グレン・クローズ(天才作家の妻 40年目の真実)
レディー・ガガ(アリー/スター誕生)
ニコール・キッドマン(DESTROYER)
メリッサ・マッカーシー(CAN YOU EVER FORGIVE ME?)
ロザムンド・パイク(A PRIVATE WAR)

主演男優賞(ドラマ部門)
ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)
ブラッドリー・クーパー(アリー/スター誕生)
ウィレム・デフォー(永遠の門 ゴッホの見た未来)
ルーカス・ヘッジズ(BOY ERASED)
ジョン・デヴィッド・ワシントン(ブラック・クランズマン)

作品賞(ミュージカル/コメディ部門)
★グリーンブック
クレイジー・リッチ!
女王陛下のお気に入り
メリー・ポピンズ・リターンズ
バイス

主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)
★オリヴィア・コールマン(女王陛下のお気に入り)
エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ・リターンズ)
エルシー・フィッシャー(EIGHTH GRADE)
シャーリーズ・セロン(タリーと私の秘密の時間)
コンスタンス・ウー(クレイジー・リッチ!)

主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)
★クリスチャン・ベール(バイス)
リン=マニュエル・ミランダ(メリー・ポピンズ・リターンズ)
ヴィゴ・モーテンセン(グリーンブック)
ロバート・レッドフォード(THE OLD MAN & THE GUN)
ジョン・C・ライリー(STAN & OLLIE)

アニメ映画賞
★スパイダーマン:スパイダーバース
インクレディブル・ファミリー
犬ヶ島
未来のミライ
シュガー・ラッシュ:オンライン

外国語映画賞
★ROMA/ローマ(メキシコ)
CAPERNAUM(レバノン)
GIRL(ベルギー)
NEVER LOOK AWAY(ドイツ)
万引き家族(日本)

助演女優賞
★レジーナ・キング(ビール・ストリートの恋人たち)
エイミー・アダムス(バイス)
クレア・フォイ(ファースト・マン)
エマ・ストーン(女王陛下のお気に入り)
レイチェル・ワイズ(女王陛下のお気に入り)

助演男優賞
★マハーシャラ・アリ(グリーンブック)
ティモシー・シャラメ(BEAUTIFUL BOY)
アダム・ドライバー(ブラック・クランズマン)
リチャード・E・グラント(CAN YOU EVER FORGIVE ME?)
サム・ロックウェル(バイス)

監督賞
★アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ)
ブラッドリー・クーパー(アリー/スター誕生)
ピーター・ファレリー(グリーンブック)
スパイク・リー(ブラック・クランズマン)
アダム・マッケイ(バイス)

脚本賞
★ニック・バレロンガ、ブライアン・クリー、ピーター・ファレリー(グリーンブック)
アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ)
デボラ・デイビス、トニー・マクナマラ(女王陛下のお気に入り)
バリー・ジェンキンス(ビール・ストリートの恋人たち)
アダム・マッケイ(バイス)

作曲賞
★ジャスティン・ハーウィッツ(ファースト・マン)
マルコ・ベルトラミ(クワイエット・プレイス)
アレクサンドル・デスプラ(犬ヶ島)
ルドウィグ・ゴランソン(ブラックパンサー)
マーク・シャイマン(メリー・ポピンズ・リターンズ)

主題歌賞
“SHALLOW”(アリー/スター誕生)
“ALL THE STARS”(ブラックパンサー)
“GIRL IN THE MOVIES”(DUMPLIN’)
“REQUIEM FOR A PRIVATE WAR” (A PRIVATE WAR)
“REVELATION” (BOY ERASED)

※the riverより参照

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「こんな夜更けにバナナかよ... | トップ | ひとりごと02 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
泣くぞ (kossy)
2019-01-08 01:03:55
新年早々風邪をひいて仕事さぼってます!
それにしてもいいニュース。
3日に5回目の鑑賞を済ませてきましたが、
この賞のおかげでまた観客が増えそうですね~
観客動員数600万超えだそうですが、
リピーターが多いので実質は300万くらいなのかな?

よし、また観に行くぞ!
kossyさんへ (yukarin)
2019-01-08 11:02:17
風邪ですか...お大事にしてくださいまし。
仕事始めでめんどくさっと思いつつ、素晴らしいお知らせでテンション上がりました。
5回目でしたかー私は...二桁いっちゃいましたぁ。
リピーターが多いでしょうねぇ、私たちのように 笑
私も受賞記念で行きたくなりました★

コメントを投稿

映画関係・その他」カテゴリの最新記事