☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

コリン LOVE OF THE DEAD

2011年08月19日 | ★★★

【COLIN】 2011/03/05公開 イギリス PG12 97分
監督:マーク・プライス
出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン、ケイト・オルダマン

世紀末、余命ゼロの恋人たち…。

スタッフ・キャストはボランティで製作費6000円で撮った自主製作作品の英国産ゾンビ・ホラー。
世界中がゾンビ化した異常事態!!
壊滅的になったロンドンで、ゾンビとなってしまったコリンが、かすかに残る記憶とともに街中をさまよう...というおはなし。

 

本当にゾンビがさまようだけの話だった...

冒頭のコリンがゾンビ化する前のゾンビとの格闘は面白かったんですが、中途ゾンビ化(まだ記憶が残ってるらしいから)してからは街中をさまよい歩くだけ。出会うゾンビたちは、おなじみスタイルでひたすらぎこちない動きでガウガウ言ってるだけ。それが大勢になるとあの動きには笑っちゃう。それに全くストーリーがなし、あまりゾンビ映画は好んで観るほうではないのでイマイチかと思われた...。

しかし、主人公がゾンビでそちら側からの視点で描かれているので、人間に痛めつけられているのを見ていたら何だかかわいそうで切なくなってしまいましたよ~。普通はゾンビと言えば人間の敵?だったりするけれど、こちらは逆に人間がひどいやつに思えてきてしまうという不思議な感覚...。

主人公をゾンビ化した青年ってところが斬新ですな。てっきりゾンビって死んで動きだすと神経も記憶もないもんだと思ってたけれど、この主人公コリンはまだ記憶はかすかに残ってるし、驚いてほんの一瞬だけどビクッとする(これはツッコミ?)し、冬は息も白い(これもツッコミ?)。ということは、徐々にゾンビ化するのかな。というかコリンはあまりゾンビっぽくなかったけどね、予算の都合?それとも新種のゾンビ??

何が原因で世界中がゾンビ化したのがわからないまま進んでいくんですが、後半でチョロっと原因らしきものが出てくるけれどハッキリわかりませんでした。でも超低予算でここまで撮れるのはすごいのかも。

★★★.3

 

コリン LOVE OF THE DEAD スペシャル・エディション [DVD]
アラステア・カートン,デイジー・エイトケンズ,タット・ウォーリー
Happinet(SB)(D)

コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« ブローン・アパート | トップ | シャンハイ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
低予算にしては秀作 (ヒロ之)
2011-08-20 17:31:04
6000円でここまで作れちゃうのか!

というのが一番の驚きでした。
大金出してほいほい作っては世に出しているC級ゾンビ映画に比べたら遥かにレベルは高いですよ。

飛び抜けて目を見張る場面は無いのに、妙に切なくさせるストーリーに泣かせられました。
Unknown (ピーター姫フォーク)
2011-08-20 19:17:46
ゾンビ。
ブードゥー系が主流だった頃は「自我を奪われ隷属させられる」事に対する恐怖と「死という人生最後の尊厳を冒涜される」事に対する嫌悪感を覚える存在でした。
ジョージAロメロ以降のゾンビは「嘗て同じ人間だったモノに無惨に食い殺される生理的恐怖」と「自らが恐怖の対象と同化する、所謂自我の喪失に対する感覚的恐怖」を前面に押し出し、優れた作品は其処に「社会秩序と常識・良識の崩壊」を紡ぎ出しました。
そして今に至るまでロメロの掌の上から出る事が適わぬままだった訳ですが。
本作の場合稀に有った「ゾンビ化以後」というアイデアをシンプルに描いて成功したと言えると思います。
問題があるとすれば本作はマーク・プライスにとって越える事が困難な壁だと言うところでしょうか。
少なくとも、本作に匹敵する作品を今後も撮り続けて欲しいものです。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2011-08-21 20:30:23
こんな超低予算でつくってしまうとは驚きです。
ちゃんと映画になってたし。
ゾンビ映画でこんなに切なくなるとは思いもしませんでした~
ピーター姫フォークさんへ (yukarin)
2011-08-21 20:44:53
こんばんは♪
今までのゾンビ映画とは違いましたね。
なかな斬新なアイデアでしたね。
監督もこれを越えるような作品を撮っていただきたいですね。

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

コリン LOVE OF THE DEAD (LOVE Cinemas 調布)
何と総製作費約5800円という低予算ぶりは、スタッフ・キャストを監督自らは当然の事ながら有志によるボランティアで賄った結果。監督、製作、脚本、撮影、編集をマーク・プライス一人で賄っている。世紀末の世界でゾンビと化してしまった青年が恋人のアパートを目指す...
コリン LOVE OF THE DEAD  監督/マーク・プライス (西京極 紫の館)
【出演】  アラステア・カートン  デイジー・エイトケンス  リアンヌ・ペイメン 【ストーリー】 ある日突然、世界中で死者が蘇り生きた人間を襲い始め、ロンドンの街はパニックに陥った。青年コリンもその信じられない状況に巻き込まれ、蘇った死者に腕を噛まれてし...
コリン LOVE OF THE DEAD (銀幕大帝α)
COLIN/08年/英/97分/ゾンビ・ホラー/PG12/劇場公開 監督:マーク・プライス 製作:マーク・プライス 脚本:マーク・プライス 撮影:マーク・プライス 編集:マーク・プライス 出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン <...
コリン LOVE OF THE DEAD /COLIN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「この手のゾンビ映画がなかったから僕が作りました」 もし、家族や恋人がゾンビになってしまったら。 こんな切ないゾンビ映画、観たこと無い 45ポンド(6030円!)という低予算で作られ、数々の映画賞を受賞...
【コリン LOVE OF THE DEAD(2008)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
ゾンビ映画大好きっ子としては、この『コリン』は必修科目。 約45ポンドで作られたという触れ込みでほとんどがfacebookなどの呼びかけで集まったボランティアということらしい。最近流行りの超低予算映画の部類。あちこちで賞取っちゃったりしたんで結構話題に。 こ...
コリン LOVE OF THE DEAD (Colin) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・プライス 主演 アラステア・カートン 2008年 イギリス映画 97分 ホラー 採点★★ 『バイオハザード』のヒット以来、ゾンビ映画がコンスタントに作られるようになったってのはファンとして嬉しい事なんですが、そのほとんどの映画におけるゾンビって...
コリン LOVE OF THE DEAD(2008) (銅版画制作の日々)
世紀末、余命ゼロの恋人たち…。 京都シネマにて鑑賞。1日1回の上映、しかも19:55から、、、。その上10日までです。なかなか上手く時間が取れないもんで、困ります。やっとこさ、何とか時間を調整しての鑑賞となりました。 何と、低予算で自主製作だそう...
コリン LOVE OF THE DEAD☆独り言 (黒猫のうたた寝)
東京では3月公開・・・名古屋では5月公開だったのでようやく観られた噂のゾンビ映画。そぼ降る雨の中、今池のシネマテークまでレイトショーに行ってきました。公開前から、低予算45ポンドが注目されていましたしゾンビ出演したエキストラはFacebookやtwitterで集まって参...
コリン LOVE OF THE DEAD (こわいものみたさ)
『コリン LOVE OF THE DEAD』  COLIN 【製作年度】2008年 【製作国】イギリス 【監督】マーク・プライス 【出演】アラステア・カートン/デイジー・エイトケンス/リアンヌ・ペイメン/ケイト・...
コリン LOVE OF THE DEAD (だらだら無気力ブログ!)
スタッフ・キャストを有志によるボランティアで賄い、製作費をほとんど掛けずに撮り上げた自主製作作品ながら、ゾンビとなった青年を主人公にしたユニークな切り口と完成度の高さが評判となり数々の映画祭で話題を集めた英国産ゾンビ・ホラー。世界的なゾンビの発生で壊...
コリン LOVE OF THE DEAD (mama)
COLIN 2008年:イギリス 監督:マーク・プライス 出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン、ケイト・オルダマン、デイジー・エイトケンス、タッ ...