☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

グエムル -漢江の怪物-

2007年01月31日 | ★★★+

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]
『THE HOST』
公開:2006/09/02
製作国:韓国
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン
あそこまで盛り上げといてそんなんあり?

*****


ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)。その河川敷で売店を営むパク一家は、家長のヒボン、長男カンドゥ、次男ナミル、長女ナムジュ、そして彼らの愛情を一心に受けるカンドゥの娘ヒョンソの5人家族。ある日、いつものように人々が河川敷でくつろいでいると、突然、正体不明の巨大な生き物が出現、驚異的なスピードで動き回り、逃げまどう人々を次々と食い殺し始めた。店番をしていたカンドゥも中学生になる一人娘ヒョンソの手を握り逃げ出すが、混乱の中で手が離れ、ついにヒョンソは怪物に連れ去られてしまうのだった。(allcinema ONLINE)

韓国で怪物ものがつくれるんだとちょっと意外でした。
ソン・ガンホが出てるから観ただけだったのですが・・・

ソン・ガンホ万歳~♪

やっぱりすばらしい俳優さんですねぇ。
いくつか観た作品ではシリアスな役が多かったのですが、
今回はちょっとステキとも言えない役なのでありゃりゃ^^;
なんて思っていたら・・・コミカルな役でも存在感はバッチリでしたね。
娘を助けるために必死なお父さんの姿はとてもカッコよく見えました。

怪物が出てきてのパニックものかと思ったら、前半は意外とドタバタ。
笑えるシーンもあって、そんなんでいいの?と思ってしまった。
一体どういう方向で観ればいいのかちょっと戸惑ってしまいましたけどね、、、

あの怪物は一体、、、
冒頭の毒薬を川に流しちゃったのが原因なんでしょうかね。
最初に人を襲うシーンは、動きがぎこちないので笑ってしまったんですが、慣れてくると結構怖いかも^^;
魚が変形しちゃったってとこですかね。
自分のアジト?に運んできた生きてる人とそうでない人、骨になっちゃった人・・・怪物さんは何を基準にしているんでしょうか。
結局どこから来たのかどうして漢江に現れたのかわかりませんでした。
あの拉致られた女の子はずーっ最後の最後までと泥だらけの姿で大変でしたね。

それにしても政府や警察関係機関が何も対策してくれないのはヒドイですな。
特殊部隊とかヘリとか飛ばして何とか出来なかったものか、、、
訳が分からんのにウイルス感染だのと発表しちゃうし。
お父さん捕まって大変なことになってるし。
アメリカ側も何もしてなかったな、ムカっ

一番頑張ったのはパク一家ですね!
ヒョンソを助けるために家族が必死になって怪物に立ち向かう姿にハラハラドキドキしました。
ホラーやパニックというよりも、家族愛が前面に出てました。
特にアーチェリーで戦うお姉ちゃんがカッコ良かった~。
選手の設定はただの設定のひとつかと思ったたら、ちゃんと活かされてました。

でもでも、あのラスト・・・んもーそんなのあり~っヽ(≧Д≦)ノ ウワァァン!!
さすが韓国ですな、簡単にゃー終わらせてくれないっすね。
ハリウッドだったらありえんな・・・
やっぱり好きかも韓国映画。

*映画鑑賞★日記・・・より転載




コメント   この記事についてブログを書く
« 処刑人 | トップ | 親指さがし »

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事