☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげ様で14周年★最近はゆる~く更新。

「フッド:ザ・ビギニング」

2019年10月21日 | ★★★++

【ROBIN HOOD】 2019/10/18公開 アメリカ 116分
監督:オットー・バサースト
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックス、ベン・メンデルソーン、イヴ・ヒューソン、ティム・ミンチン、F・マーレイ・エイブラハム、ジェイミー・ドーナン

反逆者か、
ヒーローか。

STORY:ングランドのノッティンガムで恋人マリアンとともに優雅な暮らしを送っていた若き領主のロビン・ロクスリーだったが、十字軍の遠征に兵隊として出征することに。4年後、帰国したロビンは、自分が戦死したことにされ、領地も財産も没収されてしまったことを知る... (allcinemaより)


有名なロビン・フッドの伝説を新たな解釈で描き直したアクション・アドベンチャー。正義の盗賊ロビン・フッドの知られざる誕生の物語。監督はイギリスのTVドラマで活躍し、本作が映画デビューのオットー・バサースト。レオナルド・ディカプリオがプロデューサーを務める。

ロビンフッドは弓の名手くらいしか知らなくて、いつ林檎が出てくるのかと思ったらそれはウィリアム・テルで弓の名手違いだった...そんな知識です、、、。

今回1.5回目の鑑賞。0.5は前日に朝一でチケットを取りにいって一旦帰ってからわざわざ観に行ったのに、どうしても帰らないといけない状況で30分強で帰りました 泣。こんな途中退場は初めてです。フリーパス中だったのが幸いで、改めて次の日に観てきました。

予告編でもアクションが面白そうと思いましたが、弓矢を使ったアクションがカッコ良くアナログな戦いは新鮮でした。とにかくタロンの弓を射つ姿がカッコ良いい。アクションシーンにスローモーションを効果的に使われていて見応えありましたね。ジェイミー・フォックスとの師弟関係のようなコンビも合ってました。

物語はよくある感じなのだけれど表は領主様、裏は義賊という設定は好みです。ロビンとジョンのコンビも面白いので、続編が作れそうな雰囲気があったのでぜひ続編を作ってほしいです。というかタロンのロビンが見たい!!

オープニングやエンディングがアメコミちっくになってるのがいい。なのでなんかホークアイを思い出してしまう。先祖か?

鑑賞日:2019/10/21
※TOHO cinemas free passport #6(購入では#7)


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「マレフィセント2」 | トップ | 「楽園」 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2019-10-23 06:12:26
ケビン・コスナーやラッセル・クロウ版とは違い、さらに若返ってのロビン・フッドでしたが、タロンが魅力的に演じていましたね♪

アクションシーンはスローモーション多用でかなり盛り上がりました!

アメリカではちょっとコケてしまったようで…
続編を作って欲しいところですが。
似てる (ノルウェーまだ~む)
2019-10-24 22:35:12
yukarinさん☆
ウィリアムテルぅ~~(爆)
そう言う私も長い事混同しておりました。

アメコミ風のはじまりで私もホークアイを思い出してました。二人ちょっと似てますよね♪
身体能力高いですよねえ (風子)
2019-10-25 21:59:46
弓を射るタロン君、とってもかっこよかったですね。
BROOKさんへ (yukarin)
2019-10-29 10:27:51
このタロンはとても魅力的でした!
スローモーションを使ったアクションシーンはなかなかでしたね。

えーアメリカではだめだったんですか!!!
私としてはロビンのタロンが見たいのですがーっ
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2019-10-29 10:30:19
あれリンゴは???て思ってました 笑
混同しますよねぇ

まだーむも思い出しましたか~なんとなく似てますね。
顔はタロンのほうが好みです←いらない情報
風子さんへ (yukarin)
2019-10-29 10:31:43
ほんとカッコよかったですよね。
ほかの作品も観てるのに今回は特にカッコいいーってテンション上がりました~

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事