☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

パシフィック・リム (3D吹替版)

2013年08月09日 | ★★★★2005-2019

【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:
 チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)
 イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)
 菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)
 チャーリー・デイ/ニュートン・ガイズラー博士(古谷徹)
 ロブ・カジンスキー/チャック・ハンセン(浪川大輔)
 マックス・マーティーニ/ハーク・ハンセン(池田秀一)
 芦田愛菜/森マコ(幼少期)(芦田愛菜)
 ロン・パールマン/ハンニバル・チャウ(ケンドーコバヤシ)
 バーン・ゴーマン/ハーマン・ゴッドリーブ博士(三ツ矢雄二)
 クリフトン・コリンズ・Jr/テンドー・チョイ(千葉繁)
 ディエゴ・クラテンホフ/ヤンシー・ベケット(土田大)

人類最後の望みは、この巨兵。

[Story] 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく...

 

ヘルボーイ』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督による巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを描いたSFアクション・エンタテインメント。

時間の都合で3D日本語吹替版で観てきました。今回は豪華声優陣で、しかもその昔、日本のロボットアニメではおなじみの方々がずら~りで吹替版にして大正解でした。シャアにアムロ、豹馬・マーグがいるぞ(笑)。なんかそれだけでも二割増しのテンションで観てました♪

面白かったー!!!
ロボットものは大好きなので予告編から期待してましたが期待どおりの面白さと迫力でした。

少年時代は日本の特撮やアニメで育ったというギレルモ・デル・トロ監督なだけあって細部に至るまでマニアック。かなり影響されまくったという感じがありあり。謎の生命体を“カイジュウ”って言っちゃうあたりも今だと新鮮。

しかも海から現れて陸に上がって大暴れ~街は破壊されまくる。なんかゴジラのようであり、カイジュウvsイェーガーの闘いはウルトラマンっぽい。イェーガーは、最近のは知らない(エヴァンゲリオンとか)けど見た目がガンダムみたいなのとか鉄人みたいな顔のとかいろんなロボットに似たようなやつでニヤニヤ。操縦方法はライディーンを思い出した ←これは古すぎ??(笑)

なんにせよ、日本のロボットアニメが好きな人にはニヤニヤしちゃう作品だよねー。
ただ、イェーガーは単体では飛べないのね、、、。運ばれてるのは笑った。

日本人キャストは菊地凛子さんと、今回がハリウッドデビューとなる芦田愛菜ちゃん。凛子さんは主演クラスで活躍するし、愛菜ちゃんは青い服と赤い靴が似合ってて可愛かったし、泣きの演技はさすがですなぁ~かなり印象に残る。

ロボット映画というよりも怪獣映画に近い印象。香港の街は破壊されまくってて再起不能なほど...気持ち良かった。過去には日本も廃墟と化してる、、、。ペントコストさんの鼻血はデリケートな問題っす(汗)。

いやぁ~迫力ありました、臨場感たっぷり。これIMAXで観たら最高なんだろうなぁ....今回は用事があるで我慢(泣)
戦闘シーンはスロー再生して観たいなぁ。さりけなくドラマ的なものもあったし、デル・トロ監督の好きなものを詰め込んだ作品という感じで楽しめました。
どこかマイナーな雰囲気が漂う感じも好き。主役の人はよく知らないせいか?? 学者コンビもいい味出してたし、ヘルボーイおじさんも笑わせてくれました。エンドロールのおまけ映像もお忘れなく♪

やはりアナログはすごいな....
ロケットパンチって聞こえたのは空耳??
さすがに周りは男の子ばかりでしたーっ。

★★★★.5

 

パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(10,000BOX限定生産) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

【Amazon.co.jp限定】パシフィック・リム ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ

コメント (32)   この記事についてブログを書く
« 俺のムスコ | トップ | ワールド・ウォー Z (3D吹替... »

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~~ (マリー)
2013-08-10 22:26:03
面白かったな~~~。
見応えあったな~~~。
日本語の声優さん、豪華なんだね~~~。
これなら安心だね~
某ジ○リ映画の素人さんと違って、聴きやすいと思う~。
↑根にもってる(笑)

そうそうイェーガーは現地まで吊られていってたね。
私最初大きな勘違いしてて・・・遠隔操作みたいにパイロットの2人は基地にいるのかと思ってて。
そしたらお兄ちゃんが引きずり出されて飛んでってびっくり!あれで意味がわかったの~←飲み込み遅し。

愛菜ちゃんは本当に天才だね~。
台詞ないのに凄いインパクト!!
これからハリウッドでなんか出てくれないかな~~。ホラーもヨシ!

あの鼻血・・・なんだか複雑だったね。><;

来た! これはステキな「狙いツボ」 (q ろけっとぱぁぁぁぁん!?!ち?!)
2013-08-10 23:39:14
わわわわ!吹替えも素敵なメンバー
玄田さんとは知らず~
逆に 声優サマ達で選んでも
ハズレ無しのような?! 

 芦▲は、すっっっげぇイライラするジャリ・タレだから
ぶちぶちぶちーって切って捨てゴマだったという私
ぎゃーぎゃー泣いてるだけじゃん!って 闇討ちされそう

ドリフトしてイェーガーの操縦体制だし~
そーそー イェーガー
運ばれてるんだもんねぇ ← 弱っぽい!!!
アメリカは ボディ・ラインも
逆三角形マッチョって ウケちゃった
 怪獣オタクは、そうかーーー
って なんか ニカニカしちゃってた
 えー!!! 私。映画館 空いてたんだよぉ
 この 遊び映画に、少ないとは 勿体無い!
おはようございます。 (BROOK)
2013-08-11 05:45:57
いろいろと“凄い”作品でしたよね♪
最初から大興奮映像満載で、
それが最後まで持続していたと思います。

イェーガーと怪獣のバトルは手に汗握りました。

続編製作も決定しているので、
公開が待ち遠しいです。
☆の数 (まっつぁんこ)
2013-08-11 05:58:17
5に△0.5足りなかったのは何故ですか?
(と、からんでみる。)
イェーガーが飛べなかったからかな(笑)
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-08-11 10:31:53
イェーガーが空輸されるくだりにもヲタク愛がありますよね。
もちろん自力で飛ぶのもいいですが、やっぱり初期型は空輸されてナンボ。
そういえば、エヴァンゲリオンも空輸されるタイプでしたね。
Unknown (えふ)
2013-08-11 12:06:54
ロボットアニメを彷彿させて、
しかもアムロとシャアまでいて、
なんとも萌えましたねー(爆
もう1回、見たい(苦笑
こんにちは (dai)
2013-08-11 16:05:50
お~ぉ、すごい興奮度合いが伝わってくる文章ですね。
確かにどちらかといえば男性向けの映画ですよね。
自分ももっと昔いろいろロボット系を見ておけばと思いました。
マリーさんへ (yukarin)
2013-08-12 12:51:01
こんにちは。
面白かったですね~テンション上がりました。
声優さんも豪華だったのでオススメ♪

てっきりイェーガーは飛んでくもんだと思ったらヘリで地点まで持っていくというのに笑っちゃいました。
遠隔操作...まっある意味そんなもんですけどね。

愛菜ちゃんはセリフはなかったけどやはり存在感あるなーと。頑張ってほしいわ。
qちゃんへ (yukarin)
2013-08-12 12:53:13
ねーでしょう、吹き替えのメンバーを見てこれなら面白いかもとおもったのよ。
qちゃんはあの子だめなんだ....^^;

こっちはそこそこお客入ってたよ。
男の子ばかりだったけど。
BROOKさんへ (yukarin)
2013-08-12 12:54:21
こんにちは。
ほんといろんな意味でもすごい作品でした。
冒頭からつかみOKです。
やはり続編あるんですね~楽しみ♪

コメントを投稿

★★★★2005-2019」カテゴリの最新記事