☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
今年は15周年year★最近はゆる~く更新中。

沈黙の傭兵

2007年04月26日 | ★★★2005-2019


【MERCENARY FOR JUSTICE:2006/11/25】
製作国:アメリカ
監督:ドン・E・ファンルロイ
出演:スティーヴン・セガール、ジャクリーン・ロード、ロジャー・グーンヴァー・スミス、ルーク・ゴス、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、エイドリアン・ギャレイ
腕利きの傭兵ジョン・シーガー。アフリカの小国で極秘任務に当たっていた。しかしCIAのドレシャムが仕掛けた罠だと気づくが時すでに遅く、戦友を失ってしまう。帰国後、その戦友の家族を守ると誓った。そんな彼に、脱獄不可能といわれる南アフリカの最新鋭刑務所からとある要人の息子を奪還せよというものだった。しかし、守るべき戦友の家族を人質に取られてしまい、シーガーはやむなくミッション遂行に乗り出すが…。ってなんだかむちゃくちゃ、、、


*****


“沈黙シリーズ”のスティーヴン・セガール主演作品。
残念ながら沈黙シリーズは観ていなかったりするんだな。
なんで借りちゃったんでしょ(笑)

コピーが“このオヤジ、ヤリすぎ”とあるけれどまさにその通り。
ちょっと前に見た『ドラゴン・スクワッド』(製作総指揮 )と同じく、銃撃戦がやたらと多いですなぁ。
好きだからストーリーは二の次ってことで良いでしょう。

セガールおじさん、体型がどどーんとしてちと重そうですね。
思ったほどのアクションシーンはなかったのが残念です。
存在感はバッチリなんですけどね。

シリーズを観てないから言っちゃいますけど、
冒頭のアフリカでの戦闘シーンは無くても良かったのでは?無いとだめなのかな。
友人の家族を人質に取られ、新たなミッションを遂行しなければならなくなったという流れもなんで?という感じ。
罠だったとわかったから?
陰謀の陰謀の陰謀で・・・みたいになんだか複雑になってますが、よくわかりませんでした^^;
いつの間にか銀行強盗?みたいなことになってるし、、、

こちらも、戦闘シーンや、やたらと撃ちまくり銃撃戦などはかなり楽しめました。
ということで、そういうのが好きな人やセガールおじさんファンはとっても楽しめるのかもしれません。
この方・・・いつの間にかB級俳優さんになっちゃったんですね。

*映画鑑賞★日記・・・より転載




コメント   この記事についてブログを書く
« クレメンタイン | トップ | ハンニバル »

コメントを投稿

★★★2005-2019」カテゴリの最新記事