☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「白頭山大噴火」

2021年08月29日 | ★★★+++

【ASHFALL】
2021/08/27公開 韓国 128分
監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ
出演:イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジ

半島が、崩壊する。

STORY:ある日、白頭山が噴火し、遠く離れたソウルも地震によって甚大な被害が発生する。政府に助言を求められた火山専門家のカン教授は、さらなる大噴火の発生を明言する。そして、それを回避するためには地下の巨大マグマ溜りで核爆発を起こしてエネルギーを開放する以外にないと提案する... (allcinemaより)


北朝鮮と中国の国境にある白頭山(ペクトゥサン)の大噴火による半島崩壊を食い止めるべく、決死のミッションに挑む男たちの活躍を描くパニック・アドベンチャー。監督は、『22年目の記憶』のイ・ヘジュンと『監視者たち』のキム・ビョンソ。

気になってたのになかなか公開してくれなかった作品。地元シネコンでは韓国映画はほとんど上映してくれないところ、やはりイ・ビョンホンのおかげかなw。個人的には・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソクのお三方が同じスクリーンで観られる豪華さに感謝。お目当てはマ・ドンソク...今回は普通の人でしたww

白頭山が噴火してそれに伴う地震によりソウルをはじめとする街はビルや橋が倒壊する甚大な被害が...。しかも地中深くには巨大なマグマ溜まりがあり壊滅規模の大噴火が起こるかもしれないと...。回避するためには核で爆発させてマグマの逃げ道を作る必要があるという。そこに核を使うのかよとつっこみ入れつつも、地震による街の倒壊シーンが半端ない迫力がある。やはり劇場向けの作品。揺れのわりにビルが壊れすぎーと思うところもあるけどかなりの迫力あり。

パニックものにタイムリミットがあるシリアスな展開なのに、ちょいちょい笑いが入っているのは韓国映画らしい。イ・ビョンホンとハ・ジョンウのいちゃいちゃぶりはにんまり 笑。火山専門家の教授にマ・ドンソク、なのでいたって普通の人でした 笑。韓国語わかりませんーのくだりは笑える。

半島の崩壊危機を阻止するために大胆なミッションではあるけど、クライマックスは某ハリウッド映画を思わせる展開は感動的。まぁそうだろうなぁとは思っていたけれど.....。迫力ある映像と俳優陣、見ごたえある作品だった。

やっぱりイ・ビョンホンの声はいいね~

鑑賞日:2021/08/28


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2020年東京パラリンピック開幕 | トップ | 「オールド」 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2021-09-09 20:29:43
ドンソク氏と爆発物解除のプロが後退してたら、イ・ビョンホン5分くらいで顔の形が変わるくらい殴られている。

コメントを投稿

★★★+++」カテゴリの最新記事