☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2

2012年12月29日 | ★★★+2005-2019

【THE TWILIGHT SAGA: BREAKING DAWN - PART 2】 2012/12/28公開 アメリカ PG12 116分
監督:ビル・コンドン
出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ビリー・バーク、ピーター・ファシネリ、エリザベス・リーサー、ケラン・ラッツ、ニッキー・リード、ジャクソン・ラスボーン、アシュリー・グリーン、マイケル・シーン、ダコタ・ファニング、マッケンジー・フォイ......

史上最強のヴァンパイア・ラブファンタジー
全てをかけて、新たな命を守る

ついに訪れる、壮大な“夜明け”
『トワイライト』完結編

[Story]
最愛の人エドワード(ロバート・パティンソン)と結婚したベラ(クリステン・スチュワート)。その後ベラはレネズミを出産するが、彼女の幼なじみジェイコブ(テイラー・ロートナー)は、二人の娘こそがオオカミ族に伝わる運命の相手だと知る。一方、ヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミが不滅の子というヴァンパイア族を滅亡させてしまう存在だと考えていて...


「トワイライト・サーガ」シリーズやっと最終章の後編、完結編!!!
監督は PART1に引き続きビル・コンドン。

前編はエドワードとベラの結婚式があって格闘技なベッドシーンやラブラブシーンを延々と見せられてうんざりしてた所に、ラストではベラが生死をさまよった末についに念願のヴァンパイア入りした所でバッサリ終了でした。あっネズミみたいな名前の子どもが生まれたな。
後編はそのネズミ...じゃないレネズミをめぐってヴォルトゥーリ族とベラたちに味方する世界中のヴァンパイアたちが繰り広げる壮絶な最終決戦とやらが描かれております。

終わった!! 終わった!!やっと終わった!!

エドワードはやっぱり気持ち悪い~!!
アップの時はついスクリーンの右下に目をそらしてた~!!
あのフッとニヤけた顔が気持ちわりぃ~。

でも、ベラはヴァンパイアになってからキレイになった。化粧映えする人なのね。
態度も変わった、しかもカレン家一の力持ちが腕相撲で負けちゃうほど強い(笑)
森の中をびゅんびゅん走り回る~もう笑える。

でも....やっぱりラブラブシーンはあるんだね、、、
というか、前編と後編のそのシーンをサクッとカットしちゃえば1本でおさまるじゃんか!!!

ジェイコブったら、ベラパパの前で服を脱ぎ出すからビックリしたけど、なんで脱ぐ必要が???
ベラがだめだからパパに...というなら別だけど(汗)。
あっでもパパにはいつの間にか彼女が出来てたーびっくり!

と、やや毒舌でお送りしておりますが、ワタクシのお目当てはアリスだもん♪
前半ちょろっと出てすぐいなくなっちゃったけど後半はいい所で再登場してくれて良かった。

完結編にふさわしくクライマックスのヴォルトゥーリ族vsベラとその仲間達との壮絶な戦いのシーンはテンション上がりましたわー。ただそこに行くまでが長かったけど....。お互い一族大集合はおお~。ヴォルトゥーリ族なんてみんなでフォースでも使うのか?という感じ(笑)。
そして首をボキッボキッとな。まさかあの人もこの人もええ~ってホントびっくり~すげー.....と思ってたらオチにびっくりした。そうだった...そうだったね、、、。
最初は戦わずに話し合いで~なんて言ってたから、まさかハイ証人です、はいそうですか、わかりました!で終わったらコテンコテンに言ってやろうと思ってたのであのバトルシーンは堪能できて良かったです。

ダコタちゃん.....なーんだただつったって睨んでるだけじゃん、、、
最後だからなにかアクション起こすのかと思ってたのになぁ。

無難に終わったけど何はともあれ無事に終わって良かった~解放されたぁ(笑) ←じゃぁ観るなよ!
今年ラストの劇場鑑賞となりました。最後がコレというのもなんだけど今年のうちにスッキリできて良かった~。

最後に良い所をいくつか...
オープニングクレジットの映像。森や雪原、とくに空撮はとてもきれいでしたね。
後はエンディングで登場人物全員が画像入りでちゃんと紹介されてるのがいい。
そのあとのエンドロールはなが~いけど、今まで一番長いのでは?

★★★.7

トワイライト ~初恋~
ニュームーン/トワイライト・サーガ
エクリプス/トワイライト・サーガ
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

 

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
ワーナーミュージック・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン

 

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]
クリステン・スチュワート,ロバート・パティンソン,テイラー・ロートナー,マッケンジー・フォイ,マイケル・シーン
角川書店

コメント (24)   この記事についてブログを書く
« ビースト・ストーカー/証人 | トップ | 2012年ベスト・ワーストな作... »

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-12-29 11:30:53
あのオチには肩透かしを食らいましたよ。
しかもその後に待っていたのは、本当にジェイコブがエドワードのことを「お父さん」と呼ぶ関係になってるやん!でしたからね。
ほんま、やっと終わってくれたという感じでしたね。
こんにちは。 (BROOK)
2012-12-29 14:03:12
良いところをアリスが持っていきましたよね。
予知オチ…賛否両論となりそうです。
原作ではどうなっているのか、気になりました。

たしかに前後編を上手く演習してまとめたら、
1作品として公開出来そうでした(苦笑)
Unknown (えふ)
2012-12-30 11:56:08
ベラのパパさん、
いつの間にか彼女ができてたね~(笑
ダコタちゃん、今回は活躍するのかとおもってたけど・・・
狼に・・・って、あのオチ!!
力ぬけたよー(汗
これだけ文句いえる作品がなくなっちゃうのは、
ちょっと寂しいな~(爆
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-12-30 17:39:39
こんにちは♪
あれはビックリしましたねぇ、ええー!!と思いましたもん。
ジェイコブとエドワードの関係が親子になるとは...笑えました。
とにかく終わって良かったです(笑)
BROOKさんへ (yukarin)
2012-12-30 17:42:15
こんにちは♪
あのオチは原作どおりなのか気になりますね。
読む気はないですけど(笑)
アリスにまんまとやられました~

ちょっと長くなっても1本にまとめられましたよねぇ。
らぶらぶなシーンはちょっとで良かったのに!
えふさんへ (yukarin)
2012-12-30 17:44:10
ベラパパにびっくり!
いつの間に??と思っちゃった(笑)
ダコタちゃんもなーんか肩透かし~...今度こそと思ったのにね。

私もここまで気持ち悪いとかハッキリ言える作品は少ないので、ちょっとばかり残念だったりして(笑)
こんにちは (たいむ)
2012-12-30 22:10:38
やっと終わってくれましたね~(^^
私もイチャイチャで一本作れるくらいなんだから併せてさくっと一本に出来たんじゃ?とか思っちゃっいましたよ。
しかも10年間やりっぱなしもOKって何?(^^;

あの人も、この人も・・と、拍手したくなるような潔い対決だったのに、あのオチもカナリびっくりでしたがw
遅れた~ (マリー)
2013-01-09 22:44:01
こんばんは~~♪
いや~~笑った笑った!いろんなシーンで笑えて、こんなに楽しませていただいてありがと~って感じ。
ラブシーンなんて最高じゃなかった?
パワーありすぎだし~(笑)

あまりにもハッピーエンドで、この後どんでん返しあるかも?とまで疑ってしまったよ~。
すっきり終わってびっくり!

ロブさま、、、日に日にキモ・・・いえ、へんな感じになって・・・逆にテイラーはいい男になった、でも、脱ぐ必要性は・・・?yukarinさんのおっしゃるように実はパパに?(爆)

あ~~~でも、ちょっとサミシイのは私だけ?
たいむさんへ (yukarin)
2013-01-10 12:46:19
あ?コメント反映されてない???
改めて....

やっと終わりましたね。
ねー1本にまとめられたと思うんですよ。
イチャイチャを見せられてもねぇ^^;

あの対決シーンは盛り上がったのにまさかまさかのオチでびっくりでしたね。
マリーさんへ (yukarin)
2013-01-10 12:50:20
こんにちは♪
笑ったーほんと。
文句は言いつつもいろんな意味で楽しめた作品なのかなと思います。
なんもなく無難なハッピーエンドでしたね。

>ロブさま、、、日に日にキモ・・・
そそ、日に日に....です。アップは耐えられなかったー(笑)
テイラーはいいんだけどまさか脱ぐとはびっくりでしたわ~
あれでパパに行ったら面白かったのに(笑)

これで終わりと思うとちょっとさびしい気もしますね。
もっと文句言いたかった(笑)

コメントを投稿

★★★+2005-2019」カテゴリの最新記事