★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画をメインにちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

「花郎 〈ファラン〉」

2018年01月08日 | SHINee

2017年 韓国
演出:ユン・ソンシク、キム・ヨンジョ
出演:パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、Ara、ミンホ、V、ト・ジハン、チョ・ユヌ

お正月がヒマになったので見てました!!

久々の韓国ドラマでお目当てはSHINeeのミノくん。SHINeeのキーワードを入れておいたのでレコーダーが自動的に録画してくれましたよ。全24話....長い。元日から8日まで鑑賞。

今から1500年前の新羅時代に王の親衛隊として活躍した花郎(ファラン)の愛と成長を描いた青春ロマンス時代劇。

主人公のムミョン(パク・ソジュン)が、生き別れの家族を捜したいという親友のマンムン(イ・グァンス)と共に都に潜入。しかしある事情でマンムンは殺されムミョンも重傷を負いながらも命はとりとめ、やがてマンムンの本名“ソヌ"を名乗り、彼の妹であるアロ(Ara)を守るために生きようと決意する。

一方、新羅第24代王の真興(チヌン)王 (パク・ヒョンシク)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で世間に顔を知られないように生きていた。ある日、只召太后は見目麗しい貴公子を集めて王の親衛隊“花郎(ファラン)"を創成すると宣言。ムミョンことソヌは親友の命を奪った者への復讐心と、真興王は母から王権を奪還すべくジディという偽名で花郎になる...というおはなし。

前にも韓国の時代劇は見たことがありましたが物語がいまひとつでした。今回も見始めは進展が遅くそんなに面白くはなかったのです。残念ながらミノ以外はまったく知らない俳優さんでみんな同じ顔に思えてしまって...誰が誰やら登場人物も多いのでワカランでした、、、。あ、韓国人ぽくないはっきりしたお顔のパンリュ役の方が目をひきましたね。

後半になると花郎たちが成長し、ある出来事からソヌが私が王だと名乗ったあたりからスピードアップして続きが楽しみになりました。パク・ソジュンさんの迫真の演技に引き込まれました。ジディ役のパク・ヒョンシクさん...イケメンさんですね~切なそうな眼差しが良いですね(切な系顔は好きです)。後半からのジディが王になる決意をしたあたりの演技がとても良かったです。ソヌvsジディなところも見応えありました。

で、お目当てのミノはファランのひとりで爽やか好青年でした♪。プレイボーイ的な役であり仲間を大事にする所はハマり役。妹に殴られ気絶したりと三枚目な所もあって笑わせてもらいました。長髪が似合ってて素敵でしたわ。最後のほうは太后を守るためキリッとしてカッコ良かったですね。

ファランの衣装がカッコ良く、みなさん長身なのでみんなが揃うと圧巻でした。
公式の場での衣装はさらにカッコ良いですね。

そうそうイケメンだけじゃなくおじさんがたも良かったです。花郎の長・風月主やジディの郎徒のパオを演じたおじさま方には所々で笑わせてもらいました。キメる所はしっかりキメて渋くて素敵でした。
アロ役のAraさんはユノ主演の「No Limit~地面にヘディング~」にも出演してた方ですねー。

24話よりもっと短く出来たんじゃないかなと思う所もありますが、とりあえずは楽しくみることが出来ましたしイケメンも堪能いたしました、はい 笑。

 

韓国ドラマ 花郎(ファラン)DVD-BOX1+2
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

 

「花郎」オリジナル・サウンドトラック
ポニーキャニオン
ポニーキャニオン
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「3回目のSWはMX4D」 | トップ | 「第75回(2018)ゴールデン... »

コメントを投稿

SHINee」カテゴリの最新記事