☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (改訂)

2015年12月08日 | Star Wars関係

【STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH】
2005/07/09公開 アメリカ 141分
監督:ジョージ・ルーカス
出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジミー・スミッツ、クリストファー・リー、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、アーメッド・ベスト、ピーター・メイヒュー
声の出演:ジェームズ・アール・ジョーンズ、フランク・オズ


伝説は完結する


Story:クローン大戦の勃発から3年、戦争自体は終結に向かっていたものの、依然としてジェダイの騎士団と分離主義者たちとの戦闘は各地で繰り広げられていた。そんな中、パルパティーン最高議長がドゥークー伯爵によって誘拐される事件が発生。しかしオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの活躍によってパルパティーンは無事救出される。心の弱さを克服できないアナキンは、パルパティーンの真の狙いに気づかないまま、次第にオビ=ワンよりもパルパティーンに心を許すようになっていく。一方、そんなアナキンに不安を抱くパドメのお腹には彼の子の命が宿っていた... (allcinema ONLINEより)


スター・ウォーズシリーズ通算6作目のエピソード3、“スター・ウォーズ”サーガを締めくくるシリーズ最終作。アナキン・スカイウォーカーがとうとうダークサイドに真っ逆さまに堕ち、ダース・ベイダーとして生まれ変わるのであ~る!!!

クローン対戦から3年の設定。実はエピソード2から4か月後の物語の『スター・ウォーズ/クローン大戦 VOLUME ONE & TWO』があるのですが、アニメなので今回はスルーしちゃいました。初めてシリーズを観る人はぜひ観てからエピソード3を観るのをおすすめします。アナキンの顔の傷とかグリーバス将軍が咳き込んでない元気な姿が見られます。劇場版『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』てのもありましたねー。

新シリーズの中では一番好きなEp.3です。
なんせダース・ベイダー誕生ですからね!!

すっかり生意気になってしまったアナキン。オビ=ワンも苦労するのぉ、、、
誘拐されたパルパティーンを救出に向かう二人。とR2....が本当にできた子で頑張ってましたね。可愛い面もあって好きだな。可愛いといえば、オビ=ワンが気を失ってアナキンに担がれた時に目を覚まして慌てるシーンは何度みてもお茶目です 笑。救出作戦のクライマックスであの人の裏切りを知ったドゥークー伯爵のなぜ??の目が忘れられません....なんかかわいそうになってしまいました、、、。

とにかくアナキンはパドメ愛で気持ちに隙だらけ...
その隙間に入ってくるのが、ダークサイドへようこそばかりに誘惑してくるパルパティーン。アナキンの心も揺れ動くのであった...。そこはジェダイならしっかりしないとーやはり恋愛禁止!余計な心があるとだめなんだと勉強になったのでした。

オーダー66の実行.....
各地にいるジェダイたちが次々と殺されていくシーンは切なかったですね。まさか仲間からやられるとは思わなかっただろうに。

そして....しっかりダークサイドに堕ちまくったアナキン。クライマックスのアナキンとオビ=ワンの熱い(溶岩)戦いは力はいりますね。悲しい師弟対決.....兄弟(というより親)のように思っていたのにアナキンの裏切りは切ない、、、。と思いつつ.....ダース・ベイダーに近づいてきたーとテンションあがる自分がいて複雑でした。皇帝御一行が助けるに来るの遅すぎーっ。いい焼き加減になってるじゃないかー。

その後の、ダース・ベイダー卿誕生のシーンは本当にテンション上がりますし、いよっ待ってましたー!!!です。これ見たさに何回か観に行きました。
しかし、みんなパドメのためにしてきたことがすべてムダになってしまったことを知り吠えるベー様が切ないわ。これまでのなんやかんやがあってベイター誕生を思うと....旧シリーズの見方も変わります。
ちらっとダースベイダーと一緒にターキン総督らしき人が出てくるのが嬉しいですね。

最後にオビ=ワンがルークをおじさんの所に預けにくるところで、おじさんが太陽を見つめてるシーンは旧作のルークがやはり同じポーズをとっているのが泣けますね。細かい配慮に感謝とジーンとする余韻を与えない所がさすがスター・ウォーズ。さっさとエンドロールに突入する所は憎いわー余韻を楽しみたいのに 笑。

さぁこれで全6作は終わり!!と当時はさびしく思ったのに、時を経て新シリーズがスタートすることになるとはその時は誰も知らなかった...
さぁ、新作に向けてエピソード4へー。

鑑賞日:2015/12/06,07

※山手線でルークに遭遇した話はこちら

※2005年11月23日の記事(DVDの感想)はここ

 

 

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999)
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)
スター・ウォーズ/クローン大戦 VOLUME ONE & TWO
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008)アニメ
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)
スター・ウォーズ(1977)
スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)
スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(1983)
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015) 

 

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]
トム・ケイン,岩崎ひろし,森川智之,羽佐間道夫,浪川大輔,永井一郎,磯辺万沙子,マット・ルーカス,アンソニー・ダニエルズ,ジェイムズ・アーノルド・テイラー,コリー・バートン,グレイ・デライル,ジョージ・ルーカス,ゲンディ・タルタコフスキー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]
ジョージ・ルーカス,ジョージ・ルーカス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ヘイデン・クリステンセン,ユアン・マクレガー,ナタリー・ポートマン,サミュエル・L・ジャクソン,クリストファー・リー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 海難1890 | トップ | 杉原千畝 スギハラチウネ »

コメントを投稿

Star Wars関係」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『シスの復讐』 (【徒然なるままに・・・】)
「エピソード6」の邦題が「ジェダイの復讐」なのでどうするかなと思ってたら、あっさりとあちらを「ジェダイの帰還」に変更しちゃった。まあ長年ファンが望んでいたことだから良しとしよう。で、「エピソード3」、「製作順」に観ていると大団円という感じだし、上手く繋...
〔録画映画鑑賞〕スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (ジャスターの部屋)
? シスの暗黒卿ダース・ベイダー誕生の秘密が明かされるシリーズ完結編。アナキン役のヘイデン・クリステンセンをはじめ、『クローサー』でゴールデン・グローブ賞を受賞したナタ ...