☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ミラーズ

2008年12月27日 | ★★★

ミラーズ (キーファー・サザーランド 主演) [DVD]
【MIRRORS】R-15
2008/12/26公開(12/27鑑賞)
製作国:アメリカ
監督:アレクサンドル・アジャ
出演:キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、エイミー・スマート

感じる。その奥に秘められた存在を──

STORY:同僚を誤って射殺し、停職処分になって以来、アルコールにおぼれ、妻のエイミー(ポーラ・パットン)や子どもからも見放されている元警官のベン(キーファー・サザーランド)。妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに寝泊りする彼は、火災に遭ったデパートの夜警の仕事中、鏡に触れたことから不可解な現象に襲われ始める。(シネマトゥデイより)


鏡にまつわる恐怖に挑むキーファー・サザーランドの肝試し。
今日はお隣がいない席が取れないほど入ってたのにはビックリ。

2003年製作の韓国映画「Mirror 鏡の中」のリメイク作品。
未見ですが韓国産の方がコワソウ。

SAW5の前に流れた予告編での驚顎シーンを見ちゃったせいか、思ったほど恐くはなかったですねぇ。あのシーンが一番グロかったように思うのですが・・・最近のおいしいトコ見せちゃうのはどうかねぇ。あ、血ドバーは昨日あるDVDで観たので免疫出来ててOKでした(笑)

鏡ネタはよくある設定でその後の展開も同じようだしあまり新鮮さはないです。鏡の謎も簡単でしたねぇ。
でも怖がりの私としてはやはり廃墟の夜警のシーンはドキトキしますね。鏡を一切見ずに見回りをすればなんでもなかったんでしょうか。よせばいいのに首をつっこんでしまって憑き物系になっちゃいました。

キーファーが鏡の前で悶え苦しむ姿は思わず笑ってしまいましたが、ひとり熱演だったのはちと浮いてましたなぁ。なんだかキーファーひとりが振り回されてしまっていて、警察はどうしたんだ?と。被害者も出ているのに、元警官で知り合いがいるのに誰も動いてくれなかったのはかわいそう~。知らない人からみたらただ精神がおかしくなった人にしか見えないもん。だからか?

内容自体はそんなに恐くないんですが、音楽と効果音が大きくてそっちに驚きました。ラストのオチは某映画のラストに似た感じで好きな終わり方でした。
あの後からどうするのかがとても気になりますねぇ。

また初日が金曜日なので悩んだのですが、2回とも失敗しているのでやめました。それに家に帰ってから鏡を見るのが恐そうだし~と思ってましたが昼間の鑑賞だったこともあるのか結構平気で鏡見てます(笑)


今日はフリーパスポートなるもので無料での鑑賞です。6本で1本無料に気を取られていてマイルは無視してました。今月末でかなり消滅するマイルもあったのでギリギリセーフ。人がいるところで写真撮られるんですねぇ。ハズイ~っっ


※TOHO cinemas free pass port #1

*映画鑑賞★日記・・・より転載


コメント   この記事についてブログを書く
« ヒトラーの秘密 | トップ | イースタン・プロミス »

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事