☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ラスト・ナイツ

2015年11月17日 | ★★★★

【LAST KNIGHTS】 2015/11/14公開 アメリカ 115分
監督:紀里谷和明
出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ


今、日本の心が世界に羽ばたく。


Story:とある封建的な帝国。清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿。ある日、欲深く狡猾な悪徳大臣モットの奸計に嵌められ、皇帝より死罪の沙汰が下る。そして、その首を落とす役目を愛弟子のライデンが命じられる。必死に抵抗するライデンだったが、バルトーク本人に諭され、泣く泣く剣を振り下ろす... (allcinema ONLINEより)

 


日本の忠臣蔵をベースに、陰謀によって偉大な主君を失った“最後の騎士たち”が繰り広げる仇討ちの物語。監督は、今作が記念すべきハリウッド・デビューとなる『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明。

クライヴ・オーウェンが好きなので観るつもりだったけど実は内容を知りませんでした。Twitterで仇討ちと知ってそういうことか!と知ったという、、、。紀里谷監督の撮る映像はかなり好み。『CASSHERN』も『GOEMON』も独特の世界感がありましたもんね。

日本人の監督でハリウッドデビュー作なのにこれだけの豪華キャストを揃えられたのは凄い。しかも俳優陣がイギリス、アメリカ、ニュージーランド、イスラエル、イラン、韓国、そして日本と多国籍ときましたよー。

舞台は西洋...だけど日本っぽい(今回は良い意味で)という不思議な感覚の作品でした。剣を使ってても刀に見えたし、騎士なのに侍にも見えてくるから不思議。確かに忠臣蔵がそのまま西洋に置き換えられたつくりでしたね。雪がちらついたりするあたりも雰囲気が良いです。

時期が来るまでの間も丁寧に描かれていたし(ちょっと寝たのは内緒)、その時が来た所からはテンション上がりましたね。それまでの様々な伏線が回収されていくシーンはよくぞここまで...とジーンときてしまいました。

とにかくクライヴ・オーウェンが良かったー。
力が抜けた演技といい、討ち入りの演技といいカッコ良かったです。モーガン・フリーマンの偉大な領主様もハマり役でした。アン・ソンギも好きだから良かったなー。あ、娘役の女優さんは川口春奈だと思ってた 笑。伊原さんも貫禄ある演技で印象的でした。クライマックスのクライヴ・オーウェンvs伊原剛志のバトルも見応えありましたね。

ひゃー思ってた以上に良かった。武士道を騎士道に置き換えても通じるものは同じなのかもしれませんね。この作品を観て、紀里谷監督は海外で活躍するほうが似合うと思いました。これからの活躍に期待します。

★★★★.2
鑑賞日:2015/11/15

 

 

ラスト ナイツ [DVD]
クライヴ・オーウェン,モーガン・フリーマン,クリフ・カーティス,アクセル・ヘニー,ペイマン・モアディ
Happinet(SB)(D)

 

ラスト ナイツ [Blu-ray]
クライヴ・オーウェン,モーガン・フリーマン,クリフ・カーティス,アクセル・ヘニー,ペイマン・モアディ
Happinet(SB)(D)

 

【Amazon.co.jp限定】ラスト ナイツ(オリジナルB2ポスター付き) [Blu-ray]
クライヴ・オーウェン,モーガン・フリーマン,クリフ・カーティス,アクセル・ヘニー,ペイマン・モアディ
Happinet(SB)(D)

コメント (12)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 「WORLD TOUR 2015~2016 [MA... | トップ | ハンガー・ゲーム FINAL: レ... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思っていた以上に (ノルウェーまだ~む)
2015-11-17 11:34:59
yukarinさん☆
思っていた以上にというか、思ってなかったのもあって(笑)かなり良かったわ♪
最初は紀里谷監督というのを忘れて観ていたので、訳の分からない世界観に驚いちゃったけど、途中思い出して納得!
後半からとにかくワクワクして…
刀さばきも侍のようで、本当にシビレマシタ☆
Unknown (えふ)
2015-11-17 20:28:19
宣伝も内容も地味だったけど、
武士道の精神は伝わったよね。
日本人には受ける内容なのに、
ほとんど宣伝してないからなんかあるんですかねー?
クライヴ・オーウェン、
濃い顔のわいには渋めで良かったです!
その時が来たときは、
一気に伏線回収してウルウルしちゃいました。
Unknown (ふじき78)
2015-11-18 08:47:12
ハリウッドだから、受けたらPART2を作るかと思ったら主要な登場人物がみんな死んでしまっている。

モーガン・フリーマンはオビワンみたいな感じで冥界から声を出してもらって、クライヴ・オーウェンはラストの解釈の違いで切り抜けて、伊原剛志は生き別れの兄弟を出そう。

実は殺された首相は替え玉で、騎士たちは再び、剣を手に取るのだ。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2015-11-20 12:58:45
あまり期待してなかったんですけど、かなり良かったです^^
紀里谷監督の映像世界は好きなのでそれだけ楽しめればいいかなと思ってたので意外でしたわ。
みんな侍に見えてきたのもふしぎー
えふさんへ (yukarin)
2015-11-20 13:08:34
しっかり武士道が伝わってきたわ。
日本人ならわかるだろうけど海外の人はどう感じてるのか気になるね。
それにしても宣伝しないのは何かあるのかな?
伏線回収はうるうるしちゃうよねぇ 泣
ふじき78さんへ (yukarin)
2015-11-20 13:09:41
続編は無理ですなー
みんな幽霊になって登場とか? 笑
替え玉かー...違う世界になってしまふ
こんにちわ。 (BROOK)
2015-11-20 13:46:39
「キャシャーン」も「ゴエモン」もそんなに綺麗ではない作品だったので、
今回の紀里谷監督作品の期待していました♪

まさに期待通りの作品で…
映像が非常に美しく…
忠臣蔵を西洋に置き換えても、全く問題無かったように思います。
こんばんは! (タケヤ)
2015-11-22 19:32:36
監督に対して色眼鏡がありましたが
後半に進むにつれて段々と面白くなるかな?

この中の登場人物では井原さんが圧巻でした。
もうモーガンは言うまでもありませんがね(笑)
こんばんわ (にゃむばなな)
2015-11-25 23:46:45
紀里谷監督ってこの作品のように日本の物語を西洋に置き換えて作品を撮る方があっているのかも知れませんね。
しくじり先生としての経験が次回作でも花開くことを期待したいと思います。
BROOKさんへ (yukarin)
2015-11-26 12:54:00
こんにちは。
今回は映像も含めて一番良かったです。
本当に西洋に置き換えても違和感なかったですよね。
きっと心に持ってるものは同じなんでしょうね。

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

「ラスト・ナイツ」☆忠臣蔵には無条件に萌える (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
かつて大絶賛だった「GOEMON」の監督にして、過去最低!な「CASSHERN 」の監督でもある紀里谷氏。 日本映画界では鼻つまみ者らしいけど、初めから世界を目指していたのでしょうね。 さて、今回はどっちに転ぶか??
ラスト・ナイツ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラ...
ラスト・ナイツ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】従事していた主君を失い復讐の機会を待つ部
ラスト・ナイツ (だらだら無気力ブログ!)
今回は面白かった。
ラスト・ナイツ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 意外と大作映画になってましたな~。
ラスト・ナイツ (ハリウッド映画 LOVE)
けっこう好きな世界観。
『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】 忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かっ ...
劇場鑑賞「ラスト・ナイツ」 (日々“是”精進! ver.F)
心の絆は、断ち切れない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】GOEMON【Blu-ray】 [ 江口洋介 ]価格:2,160円(税込、送料込)
ラスト・ナイツ (風に吹かれて)
騎士道を貫く 公式サイト http://lastknights.jp 監督: 紀里谷和明  「CASSHERN」 「GOEMON」 ある帝国の清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿(モーガン・フリーマン)
ラスト・ナイツ (あーうぃ だにぇっと)
ラスト・ナイツ@ギャガ本社試写室
ラスト・ナイツ (Akira's VOICE)
静かに荘厳に生きて戦い抜く!  
ラスト・ナイツ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 【解説】 『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハ....
『ラスト・ナイツ』 (こねたみっくす)
騎士道で武士道を描く。これが世界を知る日本の魂。 日本映画界のしくじり先生こと紀里谷和明監督の実力がいよいよ発揮される時が近づいてきたのではないでしょうか。 もはやマス ...
『ラスト・ナイツ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス■鑑賞日 11月15日(日)■劇 場  TOHOシネマ...
紀里谷版忠臣蔵はいかが?~「ラスト・ナイツ」~ (ペパーミントの魔術師)
相変わらず映像は暗め。ブルーグレーな色彩。 とっても美しいとは思ったけど見づらいっちゃ見づらいのよな・・・。 紀里谷流の、映像へのこだわりは半端ない。 ますそっから受け入れられるかどうかになっちゃったりしてね・・・。 話は忠臣蔵がベースで舞台を中世に置...
ラスト・ナイツ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、ひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1....
騎士道をつらぬく (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子の騎士ライデンは酒に溺れる毎日を送っていた その裏でほかの騎士たち権力者たち....