☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「CUBE 一度入ったら、最後」

2021年10月23日 | ★★★+

【CUBE】
2021/10/22公開 日本 108分
監督:清水康彦
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、柄本時生、田代輝、山時聡真、斎藤工、吉田鋼太郎

死のトラップ迷宮。
生きて出られるか。

STORY:ある日、エンジニアの後藤裕一、団体職員の甲斐麻子、フリーターの越智真司、中学生の宇野千陽、整備士の井手寛、会社役員の安東和正の6人が目覚めると、そこは謎の立方体の中だった。6人は年齢も性別も職業もバラバラで、閉じ込められた理由も皆目分からない。それでも懸命に暗号を解き、出口を探そうとする6人。そんな彼らを、いくつもの殺人トラップが待ち受けていたのだったが... (allcinemaより)


1997年に公開されカルト的人気となったヴィンチェンゾ・ナタリ監督の『CUBE』のリメイクしたシチュエーション・スリラー。謎の立方体(=CUBE)に閉じ込められた男女6人が、出口を求めて決死のサバイバルを繰り広げる。監督は『MANRIKI』『その日、カレーライスができるまで』などの清水康彦。

オリジナル版はお気に入りの作品のひとつになっている。でも遥か昔に観たので詳細は忘れててこれが本当に忠実だったのか...おさらいしたらつまらないと思い忘れたまま鑑賞。

冒頭のトラップシーンは良かった。CUBE内の雰囲気も良かった。本題に入り....普通の日本映画としては面白く観られたけれどリメイクとしてはちょっとイマイチと思ってしまった。日本映画にありがちなトラウマ的なドラマがあるので殺人トラップの緊張感や面白さが半減してしまった。ドラマそこまで必要???それにドラマを入れるなら全員のエピソードが欲しかった。会話が多くてもう少しトラップを観たかったかも。

自分の記事を探してみると...数字に関することや同じトラップなどあるようだけどやはり日本仕様になっている。クリエイティブアドバイザーにヴィンチェンゾ・ナタリ監督の名前があるけれどどこまで関わっているんだろうか。

キャストは豪華。内容よりもキャスト陣の演技が良き。特に岡田将生の怪演はなかなかだった。人間が極限状態になると裏の部分が見えてくるから面白い。最後に生き残る人がまぁそうだろうね~と思いつつ、それとは別にあの人がなんか最初から不自然だったけどそういうことだったのかと...ね。久しぶりにオリジナルを観たくなったなぁ。

鑑賞日:2021/10/23

 

CUBE - ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

公開:1998/09監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ出演:モーリス・ディーン・ウィン、ニコール・デ・ボア、デヴィッド・ヒューレット、ニッキー・グ...

CUBE - ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

 

 


コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「最後の決闘裁判」 | トップ | 「燃えよ剣」 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2021-10-27 00:27:05
そうそう、岡田将生が壊れるのが良い。吉田鋼太郎が相変わらず人をイライラさせるし。あの人の演技は違和感あったけどラストでそーか、そーかと。意地悪な事を言うなら6人の中に東出くん入ってても良かったかも。
ふじき78さんへ (yukarin)
2021-10-29 14:31:15
岡田将生が壊れる姿は好きなので堪能しましたー
吉田鋼太郎は人をイラつかせるのうまいですよねぇ..まぁあの後は仕方がないかーと。
登場した時のあの方の目の瞬きが不自然だったんですよね。ラストで謎がとけました。

>意地悪な事を言うなら6人の中に東出くん入ってても良かったかも。
ふふふ確かに。それはそれでえらいことになりそう
日本ならでは (ノルウェーまだ~む)
2021-10-31 00:00:51
yukarinさん☆
ただまんまリメイクしただけだと色々言われるし、日本ならではに仕上げたのは良かったような気がしました。
でも舞台劇みたいに会話が多かったので、もっとトラップ見たい気もしましたね。

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事