★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画をメインにちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ベン・ハー(2016)

2017年03月07日 | ★★★+

【BEN-HUR】 2016年劇場未公開 アメリカ 123分
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:ジャック・ヒューストン、トビー・ケベル、ロドリゴ・サントロ、ナザニン・ボニアディ、アイェレット・ゾラー、ピルー・アスベック、ソフィア・ブラック=デリア、 モーガン・フリーマン

STORY:エルサレムの名家に生まれたベン・ハーは、義兄弟であったメッサラの裏切りにより、奴隷としてガレー船に送られる。しかし、大海原を進む途中、突然の襲撃により船が転覆。鎖に足をつながれたまま船から放り出されるが、謎の族長イルデリムに命を救われ、メッサラへの復讐を誓う...
 

1959年に製作された同名映画をリメイクした歴史アクション大作。
監督は『リンカーン/秘密の書』『ウォンテッド』などのティムール・ベクマンベトフ。

ベンハー』は1907年、1925年、1959年、2010年(TVM)と製作されてますが、やはりのチャールトン・ヘストン主演で作品、監督、主演男優、撮影などアカデミー賞史上最多の11部門受賞をした1959年が有名ですね。戦車競技はCGのない時代にとんでもない大迫力は伝説となっております。

それを......恐れ多くも.....
リメイクしちゃった2016年版ベンハー、、、

予告編は劇場で見た記憶があるのですが、残念ながらDVDスルーとなってしまいました。オリジナル(といえば1959年で良いのかな?)の伝説的名作をリメイクして何を言われるかわからないのにあえて製作するという冒険は褒めてあげますが、どんなもんじゃーと思って覧ましたよ!!

い、意外に悪くは...ない。

ま、オリジナルが240分の超大作のところ、リメイクは123分とほぼ半分の尺での製作なので物語の雑さはあるとはいえ、

伝説の戦車競技シーンはこれがなかなかの大迫力でした

うーんここは大きなスクリーンで観たかったですね。CGを極力使わずのほぼ実写で撮影されたそうでそこは評価します。これでバリバリのCGだったら最悪ですが、、、。

ジュダ役のジャック・ヒューストンはイケメンさんだったのも良かったですね 笑。『高慢と偏見とゾンビ』『ロンゲスト・ライド』にも出演してました。もうひとりのイケメン、イエス役のロドリゴ・サントロも目の保養でした~。裏切り者のメッサラ役のトビー・ケベルが本当にヤなやつ感がうまくて憎らしかったわ 笑。『ファンタスティック・フォー』のDr.ドゥームですね。やはりモーガン・フリーマンがいると物語には引き締まります。女性陣も綺麗どころを揃えてます。

キャストも良かったし、脚本は『それでも夜は明ける』でアカデミー賞脚色賞を受賞したジョン・リドリーが担当したというのに...劇場未公開になってしまったのは残念です。やはり伝説の作品をリメイクするのは大変なことなのでしょうね。

作品全体ではテンポもよくスピード感があって飽きさせませんが、観終わったあと....なんか....『ロッキー』っぽいと感じたんですが、、、。それとエンドロールの歌詞付きの歌が流れて急に安っぽくなってしまいましたよ。ここは壮大にオーケストラでしめて欲しかったなー。

鑑賞日:2017/03/05

 

ベン・ハー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ジャック・ヒューストン,モーガン・フリーマン,トビー・ケベル,ロドリゴ・サントロ
パラマウント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサシン クリード | トップ | 「SHINee WORLD 2017~FIVE~... »

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事