☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
今年は15周年year★最近はゆる~く更新中。

天才スピヴェット (3D字幕)

2014年11月16日 | ★★★+2005-2019

【THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/
L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET】
2014/11/15公開 フランス/カナダ 105分
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン、ジェイコブ・デイヴィーズ、ドミニク・ピノン

泣き方だけが、
わからない。

 

ライフ・ラーセン原作の冒険小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を3D映画化したアドベンチャー・ドラマ。
スミソニアン学術協会から由緒あるベアード賞を授与されることになった10歳の天才少年T・S・スピヴェットが、授賞式に出席するためにたった一人でアメリカ横断の大冒険を繰り広げるおはなし。
監督は『アメリ』『ミックマック』のジャン=ピエール・ジュネ。

実はどういう話なのかまったくわからずにただ洋画だしヘレナ・ボナム=カーターが出てるから~と観てきました。
チラシを見たときはホラーかと思いましたが、10歳の少年の冒険物語なのでした。

『アメリ』は未見だし原作も未読です。
舞台はアメリカだけどフランス映画なのでいつも観てる雰囲気と違う。アメリカだけどそうじゃない...不思議な感じ。それもそのはず、アメリカでは撮影してないらしい 笑 ←アメリカはお好きではないようだ
この監督さんの作品は初めて.....かと思ったら『エイリアン4』を監督してたんですねびっくり。こういうおはなしのほうがあってますね。
切ないおはなしなんだけど最後はほっこりする作品でした。  

昼間は3D字幕しかなくて仕方なくの鑑賞。
2Dでもいいかなと思うけど、動く絵本のようで3Dが効いてる所がなんか可愛いので3Dで観て良かったのかな。

T・Sが家を飛び出してスミソニアンまでたどり着くまでのいろいろな人たちとの出会いもほっこりする。特にトラックのおじちゃん良かったな。2度写真を撮るというのが良かったね。無事に辿りついて~がんばれT・Sと思いながら観てました。とにかくカイル・キャトレットくんが可愛かった。

ベアード賞を受賞するほどの天才少年だけど、まだ10歳の子供なんだなーという所もあって可愛かった。亡くなった弟のことはあのスピーチとTV出演後の再会でふっきれたかな~というかスピヴェット家の人たちも前に踏み出せたように思えました。

それにしても....母親...どうやったらトースターを何台も壊せるんだろう???

この作品はどちらかというと地元ではMOVIX系なんだけど、なぜかTOHOシネマズでの上映でした。めずらしい~。

※TOHO cinemas freepassport #10

★★★.9

 

[Story]
10歳の天才少年T・S・スピヴェットの家族はみな変わり者。モンタナの田舎で広大な牧場を営む父テカムセは身も心もカウボーイ。小さな生きものに恋する昆虫博士の母クレアに、本気でアイドルを目指す姉のグレーシー。そして二卵性双生児の弟レイトンは、頭脳派のスピヴェットとは対照的に、活発で運動や銃の扱いに長けた父親自慢の息子。ところが、その弟がスピヴェットと遊んでいるときに銃の事故で亡くなってしまう。以来、家族は悲嘆に暮れ、スピヴェットは自分を責め続けていた。そんな時、スミソニアン博物館からスピヴェットの発明が栄えあるベアード賞を受賞したとの知らせが届く... (allcinema ONLINEより)

 

 

天才スピヴェット コレクターズ・エディション 【初回限定生産】アウタースリーブ付 [Blu-ray]
ヘレナ・ボナム=カーター,ジュディ・デイヴィス,カラム・キース・レ二―,カイル・キャトレット,ニーアム・ウィルソン
ギャガ

 

天才スピヴェット コレクターズ・エディション(2枚組) 【初回限定生産】アウタースリーブ付 [DVD]
ヘレナ・ボナム=カーター,ジュディ・デイヴィス,カラム・キース・レ二―,カイル・キャトレット,ニーアム・ウィルソン
ギャガ

 

T・S・スピヴェット君 傑作集
佐々田雅子
早川書房

コメント (10)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 神さまの言うとおり | トップ | 整形外科医 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほっこり~ (ノルウェーまだ~む)
2014-11-19 17:11:30
yukarinさん☆
これTOHOでやってたの??いいなー
東京ではヒューマントラストとユナイテッドシネマで…
色鮮やかな色彩と、想像の世界が飛び出してたのかなーと、観たあとで3Dも良かったなーと思っちゃった。
なんだか最初のほうからずっとうるうるしていた私。
ほっこりできていい作品だったね☆
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-11-20 00:34:30
この監督の作風の変わり様は必見ですよ。
『ロスト・チルドレン』から『エイリアン4』ときて『アメリ』へと変化してこの作品に辿り着く。

特にこの監督作品でまさかラストの両親それぞれの愛で泣かされるとは思いもしませんでしたよ。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2014-11-24 22:59:02
めずらしくやってたんですよ。
一般的な超有名俳優じゃないと上映しないのに....観られて良かったです。
しかたなくの3Dだったんですが意外によかったです。
可愛くて素敵な作品でした。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-11-24 23:00:37
こんばんは。
忘れてたけどエリイアン4の監督だったとは!
ロストチルドレンも観てないと思うので比較しながら観てみたいです。
ラストとは泣かされちゃぃましたよね~
Unknown (ふじき78)
2015-04-27 00:38:13
ヘレナ・ボナムカーターが変だけど、愛情あふれてて良かったですね。

「ロスト・チルドレン」はええねんで。
ふじき78さんへ (yukarin)
2015-05-03 17:58:44
このチラシから想像できないほど愛情あふれる作品でした。
まだ「ロスト・チルドレン」は観てなかった^^;
ふじさんのおすすめもあるので観なきゃー
こんばんは! (ヒロ之)
2015-06-30 21:43:08
主役を演じた子役カイル・キャトレットくんが良かったです。
容姿端麗、武術にも長けているという事で将来性がある子ですね。
とても愛くるしさがあって良かったです。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2015-07-05 20:32:39
こんばんは。
カイル君良かったですよね。
このまま良い方向に成長していってほしいです。
こんにちは (maki)
2015-08-30 10:34:39
実際の所は冒険とは言っても貨物列車に乗り込んだりしただけだし、なんて事のない話なんですけど
最後はほっこりしましたね~
私も彼にはオスメント君方面にいって欲しくないなあ
makiさんへ (yukarin)
2015-09-06 17:20:03
こんにちは。
すごいことしてるわけでもないんですが、
なんかほっこりしますよね。
カイルくんには良い方向に成長していってほしいですよね。

コメントを投稿

★★★+2005-2019」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

『天才スピヴェット』 2014年10月31日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『天才スピヴェット』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は映像が綺麗で3D見ると映えるかもしれないですね。 しかし、シネスィッチ銀座なんですよね。シャンテ向きな感じなんですけどね(笑) 【ストーリー】  天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T...
映画・天才スピヴェット (読書と映画とガーデニング)
原題 The Young and Prodigious T.S. Spivet2013年 フランス、カナダ合作 アメリカ西部、モンタナ州の田舎に暮らすT.S.スピヴェット(カイル・キャトレット)、10歳理科系科目は大の得意しかし、10歳のレベルをはるかに超えており学校の先生やクラスメートからは...
「天才スピベット」☆不器用な愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
天才だけど、甘え方と泣き方だけがわからないスピベット。 予告編で泣けて、本編でも泣いて、思い出してまた泣ける、観ているこっちはずっと泣くよぉー あざとい盛り上げ方で泣かせない分、心に温かく湧き上がる愛が、目から涙となって溢れる作品。
『天才スピヴェット』 (こねたみっくす)
モンタナのレオナルド・ダ・ヴィンチ、ベアード賞授賞式出席のため旅に出る! これは天才子役カイル・キャトレットくんの繊細にして表情豊かな演技とジャン=ピエール・ジュネ監 ...
天才スピヴェット~やがて哀しき永久機関 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス=カナダ。英題:The Young and Prodigious T.S. Spivet。ライフ・ラーセン原作、ジャン=ピエール・ジュネ監督。カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュ ...
天才スピヴェット (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 風変わりな家族だってとても温かいんです。
天才スピヴェット 切なくて愛くるしくてポートレイトのように (Said q winning)
監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン、ジェイコブ・デイヴィーズ、ドミニク・ピノン12歳の天才発明家、T. S. スピヴェットの冒険が始まる天才少年...
天才スピヴェット~やがて哀しき永久機関 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス=カナダ。英題:The Young and Prodigious T.S. Spivet。ライフ・ラーセン原作、ジャン=ピエール・ジュネ監督。カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュ ...
『天才スピヴェット』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「天才スピヴェット」 □監督 ジャン=ピエール・ジュネ□脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン□原作 ライフ・ラーセン□キャスト カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム・カーター       ジュディ・デイビス、カ...
天才スピヴェット (だらだら無気力ブログ!)
姉役の娘、時おりクロエ・グレース・モレッツに見える。
天才スピヴェット/あの親にしてこの子あり (MOVIE BOYS)
『アメリ』や『ミックマック』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの小説を実写映画化。わずか10才の天才少年スピヴェットが権威ある学術賞・ベアード賞を受賞したことから、授賞式会場にたった独り旅立つ…。主人公スピヴェットを演じるのは本作で長編映画...
小さな放浪の科学者~『天才スピヴェット』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE YOUNG AND PRODIGIOUS  T.S. SPIVET  L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE  ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET  モンタナ州の分水嶺近く、広大な牧場に家族と暮らす10歳のT・S・スピヴェ ット(カイル・キャトレット)は、科学が大好きな天才少年...
天才スピヴェット (とりあえず、コメントです)
ライフ・ラーセン著『T・S・スピヴェット君傑作集』を『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が映画化した作品です。 予告編を観て、小さな少年がどんな冒険をするのだろうと気になっていました。 心に傷を負った少年が自分と家族を変えるために始めた大冒険は、家族...
天才スピヴェット ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』などのジャン=ピエール・ジュネが、ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写化したアドベンチャー。発明家を対象とした権威ある学術賞に輝いた10歳の天才少年が、授賞式出席のためにモンタナからワシントンへ...
天才スピヴェット 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『アメリ』や『ミックマック』などで知られる フランスの鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作 で初の3D映画である『天才スピヴェット』が公開 されましたので3Dヴァージョンを観に行ってきました。 天才スピヴェット 原題:THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET ...
『天才スピヴェット』『ビッグ・アイズ』を目黒シネマで観て、子は鎹になる映画とならない映画だふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『天才スピヴェット』 五つ星評価で【★★★スピヴェットのショタなところが可愛い】 スピヴェットの父ちゃんは荒野のカウボーイちっくな人物で、日本でいえば侍。 彼の二人 ...
天才スピヴェット (銀幕大帝α)
THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET 2013年 フランス/カナダ 105分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/11/15) 監督: ジャン=ピエール・ジュネ 『ミックマック』 原作: ライフ・ラ....
天才スピヴェット (いやいやえん)
【概略】 由緒あるベアード賞を受賞することになった10歳の天才少年、T・S・スピヴェットが、授賞式に出るためにたったひとりでアメリカ横断の旅に出る。 ドラマ どこかふわっふわっとした部分はあるものの、少なくとも「家族の心に空いた穴を埋めるため、10歳の...
このこホンマに愛されてる?~「天才スピヴェット」~ (ペパーミントの魔術師)
主演のカイル・キャトレットはめっちゃ可愛かった。以上。 ・・・ってそれじゃ感想にならないのでもすこし。(^_^;) 天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。 そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れ....