☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中。

「ジョジョ・ラビット」

2020年01月28日 | ★★★++

【JOJO RABBIT】 2020/01/17公開 ドイツ/アメリカ 109分
監督:タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン

愛は最強。

STORY:第二次世界大戦下のドイツ。母のロージーと2人暮らしの10歳の少年ジョジョは、憧れのヒトラーユーゲントの合宿に参加する。想像上の友だちであるアドルフの叱咤激励を受けながら、クレンツェンドルフ大尉の厳しい訓練を懸命にこなしていくジョジョだったが、心優しい彼は臆病者とバカにされ、“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。そんな中、ジョジョは自宅でロージーによって匿われていたユダヤ人少女エルサの存在に気づいてしまう... (allcinemaより)


第二次世界大戦下のドイツを舞台に、ヒトラーユーゲント(ナチス青少年団)の立派な隊員に憧れる10歳の愛国少年が、自宅にユダヤ人少女が匿われていることを知ってしまい、少女との思いがけない秘密の交流を通して真実に目覚めていくヒューマン・ブラック・コメディ。監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アハウス・ウィズ・ヴァンパイア』などのタイカ・ワイティティ。

ユナイテッド・シネマ浦和で観てきました★
IMAX以外では2度目です。地元では朝か夜かでなかなか観られなかったので良かった。

第二次世界大戦下のドイツが舞台で戦争映画でありながら重々しくなくブラックユーモアのきいた作品でした。ジョジョ少年の想像上の友達がヒトラーで一緒になって騒いだり走ったり時には激励されたり...。このアドルフは監督なんですね~。前半の合宿での爆弾を投げるシーンはなぜかクスッとしてしまいました。普通なら笑えないような所もクスクス笑いができてしまうのも作りてのうまさでしょうか。

その後、ひょんなことから家の中の秘密の部屋からユダヤ人の少女・エルサと出会い、最初は戸惑うけれど秘密の交流をしていくうちに考え方が少しずつ変わっていく様子やこの秘密のやり取りは微笑ましかったです。エルサ役の子がとっても可愛い美人さん。ジョジョ役の子も可愛いし演技も上手でしたね。

後半は何度かうるうるしてしまうシーンもありました。エルサとの関係に変化が出てくると、脳内友達のアドルフとの関係も変わっていくところも見どころですね。世間では大絶賛されてますが、私はそこまでではなかったですが良作だと思いますし可愛い作品でした。


鑑賞日:2020/01/26


コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« QUEEN+ADAM LAMBERT @さいた... | トップ | 「AI 崩壊」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
じょじょに、 (ボー)
2020-01-30 07:45:32
うさぎになると思いますよ。
あ、違った、好きになると思いますよ。あなたは好きになーる…。
ボーさんへ (yukarin)
2020-01-30 13:58:38
少しずつ....ジョジョにすきになーる...
あの男の子はかわいくて好きですね~
Unknown (zooey)
2020-01-30 22:01:18
数々のヒトラー物の映画を見て来ましたが
これは本当に異色作でした。
こんな切り口で反戦を訴えるとはね?
ヒラヒラと舞う蝶々を追いかけたら、その先に…
あのシーンはショッキングでした。
zooeyさんへ (yukarin)
2020-02-19 12:43:22
確かにヒトラーが登場する作品は多いですが、今までの作品とは違いましたね!

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事