☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「唐人街探偵 東京MISSION」

2021年07月13日 | ★★★++

【唐人街探案3/DETECTIVE CHINATOWN3】
2021/07/09公開 中国 138分
監督:チェン・スーチェン
出演:ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、妻夫木聡、トニー・ジャー、長澤まさみ、染谷将太、鈴木保奈美、奥田瑛二、浅野忠信、シャン・ユーシエン、三浦友和


STORY:国際的に事件を解決してきたチャイナタウンの探偵コンビ、タン・レンとチン・フォンのもとに日本の探偵・野田から協力の依頼が舞い込む。内容は、東南アジアのマフィアの会長が殺された密室殺人事件の謎を解明し、犯人として起訴されたヤクザの組長・渡辺の冤罪を証明するというもの。さっそく東京へ飛んだ2人は、野田に加え、タイからやって来た元刑事の探偵ジャック・ジャーとも協力して事件の解決に乗り出すのだったが... (allcinemaより)


世界中のチャイナタウンで難事件に挑む探偵コンビシリーズ第3弾で東京を舞台にしたアクション・コメディ。監督はシリーズ全作を手掛けるチェン・スーチェン。地元ではまず上映されないタイプなんだけど、渋谷スクランブル交差点(本当は栃木県)をはじめ地元で撮影されたシーンがあるので上映されたと思われる 笑。

東京が舞台なので日本人キャストも多く出演していて豪華。妻夫木聡は2作目にも出演しているそうだけど未見。前りシリーズを観ていなくても問題はない。

舞台は東京だけど中国映画だった!!

日本の探偵・野田(妻夫木聡)がタン・レンとチン・フォンの探偵コンビの協力を得て事件の解決に乗り出すというもの。物語の展開やハチャメチャな感じでノリに微妙についていけないところもあるけれど、とりあえず面白く観られた。中国独特のノリが合えば楽しめる...はず。

日本大好き外国人からしたら楽しめそうな観光案内っぽい展開で、あちらこちらで主人公たちが暴れまわる。今時そんなのないよと思うところもあるけれど、やはり外国人から見た日本はこういう感じなのかなーと。そんな中、渋谷のスクランブル交差点は栃木県足利市だったりするが、素晴らしいCG処理により本当に渋谷で撮影しているのかと思うほどに違和感がない。

そのほか後半での屋上の駐車場からは東武宇都宮が映ったり、最近ドラマや映画ロケも多い宇都宮市のオリオン通りで大規模ロケが行われててここまで撮影していたのかとびっくり。栃木県も国際化したなー 笑。物語の内容よりも地元ロケにテンションあがってしまった💦

クライマックスはわりとシリアスな展開だったけれど物語はうまくまとめられていたかな。妻夫木聡の派手な衣装とノリの良い明るい探偵姿に前作も観てみたいような気もしてくる。

個人的には病院の安置所でのコントのようなシーンが気に入ってる!!

鑑賞日:2021/07/11


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「ライトハウス」 | トップ | 「ファイナル・プラン」 »

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事