☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

不能犯

2018年02月04日 | ★★★+

2018/02/01公開 日本 PG12 106分
監督:白石晃士
出演:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、忍成修吾、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍

愚かだね、人間は――

STORY:大都会を舞台に立て続けに変死事件が起こり、その現場には決まっていつも黒のスーツを着た男の姿があった。その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になっており、とある電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されるとささやかれていた... (シネマトゥデイより)


同名の人気コミックスを実写映画化したサスペンス・スリラー。常識では実現不可能な方法で殺人を実行するため決して犯行が立証されることのない男“不能犯”と、彼を追う女性刑事の攻防の行方を描く。監督は『貞子vs伽椰子』「戦慄怪奇ファイル」シリーズの白石晃士。

予告編での桃李くんの冷たい目が素敵!!とばかりに観てきました♪
あの声とニヤリとする口元...いいよね。良い役よりも悪役が似合うなと思っていたので堪能してきました。あ、でも悪役というのとは違うかな。心に闇を持つ人にちょっと手助けするような役どころでしたね。

人間の愚かさを描いたおはなし大好物です。気に入らないからこの世から消したいと思う人たちがたくさん出てきました。誰しもが誰かに対して不満や怒りなどを抱えてると思うけれど、宇相吹がすこーし手助けをするとあらあら人が死んじゃう、、、。しかも100%の確率で事故や自殺、病気で亡くなるので殺人として立証することができないので捕まえることができないという...。

殺人を依頼する人は純粋な心じゃないとだめだそうで.....不純だと自分にも降り掛かってきてしまうのが厄介です。でもー、殺人を依頼する人に純粋も不純もないんだわー。すでに依頼することが純粋じゃないじゃん!と 笑。まぁそこが人間の愚かな所よのぅ...

いかにもコミックらしいおはなしでしたが、超クールな桃李くんにうっとりで続編あったらいいなー、もっと“愚かだねぇ...”が聞きたいな。黒のスーツ姿も素敵でした!!

事件が起こっても犯行を立証できないもどかしさをもっと描かれてたらいいなと思うのと、もうすこしテンポが良いといいかなぁ。“電話ボックスの男”がSNSで話題になってるのに劇中ではあまり話題になってる印象がなかったかなーとかいろいろ思う所はありますが、好きなタイプの作品で楽しめました。

鑑賞日:2018/02/04

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« スリー・ビルボード | トップ | パディントン2 (吹替版) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダークヒーロー! (BROOK)
2018-02-08 06:49:41
松坂さんの悪役っぷりは見事でしたね。
でも、悪役というよりはダークヒーローという感じでしょうか♪
悪を成敗してくれましたし^^

ちょっと気になる点はあるものの、
最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。

原作はまだ続いているようなので、
是非とも続編を作って欲しいです。
Unknown (ふじき78)
2018-02-12 09:50:14
> 殺人を依頼する人に純粋も不純もないんだわー。

そうそうそれそれ。よう分からんかった。
本気で殺したい思わなダメってこと?

遺産が入るとか、何の気なしに程度じゃダメって事かしら。小林稔侍あたりは微妙な気がしますけどね。
BROOKさんへ (yukarin)
2018-02-16 12:56:31
そうですね、ダークヒーローというのでしょうか。
桃李くんのクールさが素敵でした。
多少の気になる点はスルーして... 笑
ぜひ続編をお願いしたいですー
ふじき78さんへ (yukarin)
2018-02-16 12:59:10
本気で思っててそれが純粋っていいものなのか....
でも気にしてたら楽しめないんですけどね。
稔侍さんは...ちょっとね、、、

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事