☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

ゴジラ(1954)

2014年07月19日 | ★★★★

【GODZILLA:THE KING OF MONSTERS】 1954/11/03公開 日本 97分
監督:本多猪四郎
出演:志村喬、河内桃子、宝田明、平田昭彦

19XX年、南太平洋で行なわれた核実験によって、ジュラ紀の肉食恐竜が甦った。ゴジラと名付けられたその怪物は、大戸島を襲った後、東京へと歩を進めていく。放射能をまき散らすゴジラの前に、帝都は為す術もなく蹂躙されるかのように思われた... (allcinema ONLINEより)

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の公開にあたり、先日BSで放送された1954年に製作されたシリーズ第1作デジタルリマスター版で観ました。始まる前は当時の映像とデジタルリマスター版との比較が流れてかなりキレイに見やすくなってるのがよくわかりました。劇場でも期間限定で上映してたけど観られなかったんですよねぇ。

ゴジラシリーズは初めて観たのが沢口靖子さんが出演したシリーズ第16作でした。もう全く覚えてない、、、。先日放送したのに録画忘れたー。
第1作から60年だそうですごい数の作品が製作されているんですねぇ。とりあえず1作目のみ。あと1998年のハリウッド版『GODZILLA』も劇場で観たけど、これもすっかり忘れてる。ただゴジラが『ジュラシック・パーク』だったことだけは覚えてます 汗。

60年も前の作品なので、ゴジラの動きが鈍くてゆるキャラなみの動きだし、島への上陸や町が破壊されるシーンも模型なのでリアルさはないです。でも放射能という言葉やガイガーカウンターが出てきたし、ゴジラは水爆実験によって誕生した生き物だと考えると、今観るといろいろと考えさせられる所がありますね。なぜ今ゴジラなのかというより、今だからこそゴジラなんでしょうね。ラストの言葉がとても印象に残りましたもの。

うーん、今観るとゴジラもかわいそうなヤツだよね。人間によって甦らせられて人間によってやっつけられちゃうという....彼にとってはとても迷惑なはなし。どうやってやっつけるんだろうと思ってたら、とんでもないものでびっくり。海は大丈夫なんだろうか、、、
今では愛すべきキャラクターなゴジラだからこそ、なんか切なくなってしまった。

俳優陣のセリフがすごく早口、、、

もうすぐ公開のハリウッド版、今度は気合いが入ってそうなので期待できるかな。

★★★★

 

ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]
宝田明,河内桃子,平田昭彦
東宝
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 殺人の川 | トップ | 「金田一少年の事件簿N(neo... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-07-20 23:14:23
国防という観点から見ると、これが2014年の現代に通ずることも多いこの60年前の作品。
改めて日本の古き良き映画は凄いなぁ~と思いましたよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-07-21 18:14:32
こんにちは♪
60年前の作品なのに現代でも通じる所があるのも驚きですね。
ちょっと怖いと思いましたが、昔の作品も改めて今見るのも必要かもしれませんね。
こんばんは。 (タケヤ)
2014-07-22 17:47:24
これは観てないですね~。
でも一度は観ておきたいです。

僕も劇場で観た初めての
ゴジラ作品は沢口靖子さんが
出演されてたヤツです。
全く一緒ですね(笑)
タケヤさんへ (yukarin)
2014-07-23 12:56:13
こんにちは♪
観て損はないですね。現代に通じるところもあります。
タケヤさんも沢口さん出演作を観てたんですね。
だいたいこの辺からでしょうかね。
ぜひ1作目を観てみてください~
よろしくお願いしますm(__)m (近藤晃司)
2014-07-24 18:34:34
初めてコメントさせていただきます私は、近藤晃司と申します。
http://kojyulmol.com

こちらのサイトを運営しております。
また、是非見にいただければと思います。

素敵なブログですね。
また、拝見させていただきます。
こんばんは! (ヒロ之)
2015-02-19 00:56:53
古い作品は音声が聞きづらいという難点がある中、字幕がDVDには収録されていて助かりました。
昔ながらの特撮映画ですが、細部まできちんと作られていて、良く出来た作品だと思いました。
「ゴジラは他にもいる」ていう台詞は一応続編製作を匂わせていたんでしょうかねぇ。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2015-02-26 12:52:12
こんにちは。
デジタルリマスター版だったので見やすくなってました。
今観ても人気なのがよくわかります。
続編を匂わしたのか、ああいう風にゴジラが誕生したことを思うと1体だけじゃないですよねぇ。

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

「ゴジラ(1954年)」 神格化のプロセス (はらやんの映画徒然草)
今更説明する必要などないほどに有名な日本発の怪獣映画で、国内国外を問わず数えきれ
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (だらだら無気力ブログ!)
今観ても全然飽きずに観られるクオリティー。
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(05) ゴジラの咆哮を劇場体験できただけで十分満足だった。
ゴジラ(1954)~200万年前の恐竜??? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。香山滋原作、本多猪四郎・円谷英二監督。宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬、村上冬樹、堺左千夫、小川虎之助、山本廉、林幹、恩田清二郎、笈川武夫、榊田敬二、鈴 ...
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 (そーれりぽーと)
ゴジラ映画の原点を映画館のスクリーンで観る機会なんてもう無いかも知れない。 『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』を観てきました。 ※ポスターはカラーですが、本編はモノクロです。 ★★★ 子供の頃にテレビでゴジラの対決ものがよくやってた気がするけど、1...
『ゴジラ <60周年記念デジタルリマスター版>』 (【徒然なるままに・・・】)
1954年に製作・公開されてから60年、そしてハリウッド製の新作公開に合わせる形で、原点にして原典たる『ゴジラ』が再公開されました。以前にも劇場のスクリーンで観たことはあるのですが、修復されたことで画面は鮮明に、音声もより明瞭になっています。あたかも新作映画...
ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版/宝田明 (カノンな日々)
日本が世界に誇る特撮怪獣映画『ゴジラ』の60周年を記念してシリーズ第1作(1954年)の初回上映状態を再現するために制作されたデジタルリマスター版です。当初観るつもりではなかった ...
映画『ゴジラ、60周年記念リマスター版』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-47.ゴジラ、60周年記念リマスター版■配給:東宝■製作年、国:1954年、日本■上映時間:97分■料金:1,000円(特別料金)■観賞日:6月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:本多猪四郎◆平田昭彦◆志村喬◆河内桃子◆宝田明◆堺左千夫◆村上冬樹◆菅...
「ゴジラ」 (或る日の出来事)
オリジナルのゴジラである。
ゴジラ 1954 (映画の話でコーヒーブレイク)
先日NHKのBSで放送された「ゴジラ」第一作を見ました。 私が見た記憶に残っている怪獣映画は「ガメラ対ギャオス」。コント55号の映画と二本立てだったと 思います。「ゴジラ対ギャオス」だと思っていたのですがガメラでした。 強いぞ ガメラ、強いぞ ガメラ、強いぞ ....
ゴジラへの熱き思い (ケントのたそがれ劇場)
 ネットを通じて映画のレビューを書いている人達は、概ね50歳代以下であろうか・・・。従って1954年に製作された「ゴジラ第一作」を映画館で、生で観た人は余りいないはずである。映画と言うものはゴジラ映画に限らず、製作された時代にその時代を背中に感じながら、映
ゴジラ(1954) (銀幕大帝α)
GODZILLA:THE KING OF MONSTERS 1954年 日本 97分 SF/特撮/ドラマ 劇場公開(1954/11/03) 監督: 本多猪四郎 脚本: 本多猪四郎 特殊技術: 円谷英二 出演: 志村喬:山根恭平(古生物学者) 河内桃子:山根恵美子 宝田明:尾形秀人(南海サルベージ技師) ...