☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

散り椿

2018年10月06日 | ★★★

2018/09/28公開 日本 112分
監督:木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二

ただ、愛のために――

STORY:享保15年。かつて故郷の扇野藩で平山道場・四天王の一人と謳われた剣豪・瓜生新兵衛は、藩の不正を糺そうとして失敗し、放逐された過去を持つ。そんな浪人となった新兵衛に連れ添い続けた妻・篠が病に倒れてしまう。篠は新兵衛に対して“采女様を助けてほしい”と最期の願いを託す... (allcinemaより)


日本を代表する名キャメラマン木村大作が『劔岳 点の記』『春を背負って』に続いて3度目の監督を務め、直木賞作家・葉室麟の同名小説を映画化した時代劇。

こちらも見送り予定だったひとつ。
岡田くん主演だけど話が合わなそうだったため...。
そのせいか...それとも2本目だったからなのか....最初のほう寝ました。
なので起きてから人物背景が???となったけれど観てるうちに理解してきました 汗。

全体的に淡々とした展開。物語がどうのというよりも、豪華キャストとロケーションの素晴らしさで観る作品。これって富山だったのね。最近は時代劇にしても現代劇にしても富山ロケが多いのはやはり景色が素敵だからかな。

岡田くんの殺陣シーンはお見事!!
カタチもきれいだし、なによりも時代劇で切られても何も出ないのに、この作品では切られるとちゃんとプシューってなるリアルさがよろしい。控えめに見せてはいるけれど....。
あ、藤吾と同じルートでみんなでいけばやられることもなかった????

エンドロールはキャストをはじめスタッフの方々の名前が直筆?で流れていくのは面白い。岡田くんは3度も出てきてた。主演と撮影、殺陣の指導?。いずれは監督やったりするかな?

鑑賞日:2018/10/05
※TOHO cinemas free passport #10

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« SUNNY 強い気持ち・強い愛 | トップ | イコライザー2 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2018-10-08 03:32:04
> 撮影、殺陣の指導

殺陣は池松壮亮と二人で演武するシーンと聞きました。

撮影は木村監督自身が役者として出演するシーンがあって、そこで任されたと聞いたんですが、どこなのか?
ふじき78さんへ (yukarin)
2018-10-12 16:00:52
殺陣はあのしーんですね。
撮影は暗いシーンらしいみたいですが....はっきりコレとはわかりませんでした(^_^;)
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-10-24 22:48:31
殺陣は拘れば拘るほど深いらしいですからね。
いずれ自ら納得のいくものを作るということで、岡田准一監督作品が作られそうな気もしますね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2018-10-31 17:47:55
殺陣は...確かに深いものかもしれませんね。
いつかは岡田監督が誕生しそうですよね...観てみたいです。

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事