☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

2015年03月22日 | ★★★++

2015/03/13公開 イギリス/アメリカ 115分

監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ、マシュー・ビアード、チャールズ・ダンス、マーク・ストロング

挑むのは、世界最強の暗号――。
英国政府が50年以上隠し続けた、天才アラン・チューリングの真実の物語。

Story:第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリングはドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが... (シネマトゥディより)


第2次世界大戦時のドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした、天才数学者アラン・チューリングを描いた伝記ドラマ。
監督は「ヘッドハンター」のモルテン・ティルドゥム。

アラン・チューリングという人は知りませんでした。どこの国でも解読できない暗号を実は解いてましたーだったイギリスはすごいな!と、まずはそこに感心しました。そのおかげで戦争終結が早まったのは良かった。でも、後半の究極の選択はつらい....。結果的には大勢の人を救ってはいるけれど....

アラン・チューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチの演技がとっても良かった。変わり者がとっても似合う~。でもとっても難しい役どころだったと思いますね。最後は泣けましたもん。アカデミーの主演男優賞は取れなかったけど素晴らしい演技でした。

んー一応は戦争映画でいいのかな。とは言っても時間と頭脳の戦だったけど。でも、ある意味恋愛映画のようでもありました。とっても大事にする暗号解読機につけた名前が切ないわー。
今、コンピュータがあるのはチューリングさんのおかげでもありますね。
どんな脳もってんだー

しっかし、当時の同性愛の罰はおそろしやー。
それでも酷なほうを選んだということは...それだけ愛してたのねとグッときちゃいました。

でも...でも...ここだけの話、前半はちょっと意識が何度か飛んでました、、、

 

入場者プレゼントでいただきましたー。いい笑顔です♪

★★★.8

 

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション(2枚組)[初回限定生産]アウタースリーブ付 [DVD]
ベネディクト・カンバーバッチ,キーラ・ナイトレイ
ギャガ

 

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 コレクターズ・エディション[初回限定生産]アウタースリーブ付 [Blu-ray]
ベネディクト・カンバーバッチ,キーラ・ナイトレイ
ギャガ

 

エニグマ アラン・チューリング伝 上
Andrew Hodges,土屋 俊,土屋 希和子
勁草書房

 

暗号機エニグマへの挑戦 (新潮文庫)
Robert Harris,後藤 安彦
新潮社

コメント (9)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スーパーヒーロー大戦GP 仮面... | トップ | ソロモンの偽証 前篇・事件 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2015-03-22 00:33:23
時代が時代ならこのアラン・チューリングも幸せに生きることが出来たかも知れませんね。
忘れられない初恋は永遠に美しいのはいつの時代も同じなのに…。
疲れがたまってたのねw (ノルウェーまだ~む)
2015-03-22 11:38:27
yukarinさん☆
そりゃ相当疲れがたまっていたことでしょう(笑)
機械の仕組みがとんと判らなかったこともあり、前半はややドキドキが足りなかったもんね。
最後は切ないけど、愛するクリストファーがコンピューターとなって日々進化を遂げているのを、天国からウキウキして見守ってくれていると思うわ。
Unknown (えふ)
2015-03-23 18:50:51
暗号解読機に付けた名前が切なかったねー。
当時は同性愛も罪になるとはね。
世界大戦の裏側で実は助けられたかも・・・
というのは酷だったね。。。
こんにちは。 (BROOK)
2015-03-29 16:20:09
遅ればせながら、本日鑑賞してきました。

私もアラン・チューリングという人物は知らなかったのですが…
エニグマ解読でこのようなドラマがあったということに驚きでした。

同性愛が罰則対象に…
当時はホント恐ろしいですよね。
すみません… (BROOK)
2015-03-29 16:28:29
URLのリンク、間違えてしまいました。
そちらはもうひとつ更新している自分のブログです。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2015-03-29 20:46:32
現代だったら良かったですよね。
時代が悪かったですね....
でも名は残せませんけど^^;
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2015-03-29 20:52:36
疲れてたんでしょうか、、、
機械の説明でもあれば食い付いて観てたのかもしれません。
クリストファーの進化はすごいですよね。
きっと一緒に天国で見守ってることでしょう~。
えふさんへ (yukarin)
2015-03-29 20:55:31
切ないわーと思ったけど、機械とはいえいつもクリストファーと一緒に解読してたんだよねと思うとそれはそれで幸せだったのかなと。

当時の同性愛の罰はこわいわー。
今では認められてるから幸せだよね。

戦争はいつももしかしたら....がつきものだよね。
助けられるかもしれないのにできないのは酷だわ。
BROOKさんへ (yukarin)
2015-03-29 20:56:58
私も今回初めて知りましたが、ここまで切ないドラマがあったとは驚きですよね。

リンクの件、了解ですっ

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事