☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

紙の月

2014年11月26日 | ★★★+2005-2019

2014/11/15公開 日本 PG12 126分
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司

最も美しい
横領犯。

 

TOHOシネマズのフリーパスポートのラストはこの作品。
予告編を見て興味があったので久しぶりに母親と一緒に観てきました。
銀行勤めの平凡な主婦による横領事件はいかにして起こったのか、そして最後はどんな結末が待っているのか....
原作は未読、NHKでもドラマ化されたようですが未見です。

監督は『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。『クヒオ大佐』と『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』は観ましたが個人的にはどちらもいまひとつでした、、、
でも、この作品はなかなか見応えはあったかな。思ってた内容とはちょっと違ってましたけど....

主演の宮沢りえちゃん。本当はきれいなのにどこか疲れた表情に銀行の野暮ったい制服となるとずいぶんと変わるもんですね。真面目で仕事熱心で妻にもやさしいんだけどあまり感心がなさそうな感じの夫の田辺誠一さんがハマってた。妻からのプレゼントに同じものをプレゼントするあたり....なんだかなー 笑。でも悪い人じゃなかったしなんか気の毒にも思えました。

たまたま訪問したお金持ちのじいさんちで出会っただけの大学生・光太と恋におちるなんてねぇ。電車で見つめ合って.....それであんなんになるかなーとその辺はちょっと引いたかな。これはりえちゃんと池松くんの濃厚ラブシーンを見せ場にするためだろうと思ってしまう。ま、原作にある設定なんでしょうけどね。

最初の化粧品の代金の持ち合わせがなくて、つい仕事で預かったお金を拝借。ちゃんと戻したからいいけど、それが積み重なって....てみたいな展開になるんかと思ったら、光太の学費をなんとかしてあげたくて~だったとは。だんだん相手に喜ばれたくてに変わっていくのも怖い。

なぜそこまでする必要が?と思うのだけれど、梨花の学生時代が並行して描かれることでその行為に納得。気持ちはわかるけど喜んでもらいたいからと言って人様のお金を使っちゃいかんだろー。

そんだけ使いまくってたらバレるわ!と思うと案の定...さてどんな結末になるのかとわくわくしてたら....えーうっそん~びっくり。そーきましたか梨花さん!!!
しかもえらい迷惑をかけられた銀行さん....そうきましたか 汗
なんかすっきりしないなー。そんなんでいいのか???
やはり組織というものはまったく....と言う感想です。

悪いことをするには、相手の弱みを握るべし!!!
 ↑いやいやいやいやー、違うから

ラスト、何事もなかったかのようにいつもの日常になってたのが怖いです。

※TOHO cinemas free passport #13

★★★.7

 

[Story]
バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい... (シネマトゥディより)



紙の月 Blu-ray スペシャル・エディション
宮沢りえ,池松壮亮,大島優子,田辺誠一
ポニーキャニオン

 

紙の月 [DVD]
原田知世
NHKエンタープライズ


紙の月 (ハルキ文庫)
角田 光代
角川春樹事務所

コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 「お知らせ2」 | トップ | 「SHINee WORLD 2014 -I'm Yo... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ビビッ (まっつぁんこ)
2014-11-26 15:46:18
光太が梨花と出会った時の音です(笑)
年上のきれいな女子みてですね~そういうこともあるわけですよ。男の子の気持ちはわかるけど、梨花がなんで光太に入れ込むのかはよくわかりませんでした。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-11-26 23:19:59
いや~、金と性の臭いのキツい映画でしたわ。
でもその分、生々しい人間の欲望もよく描けていたと思います。
金も性も程々が一番ですよ。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2014-11-28 10:39:55
あ~ 笑
男性の方はそういうもんなんですね。
私も梨花の気持ちは....
でも最初は学費をなんとかしてあげたい気持ちが強かったんでしょうね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-11-30 22:33:00
こんばんは。
なかなか衝撃的な作品でした。
人間の欲望を見事に描いてましたね。
確かに程々がいいですね^^;
Unknown (FREE TIME)
2014-12-03 23:33:33
こんばんは。
結局、梨花は何を望み求めていたのかがわからないまま終わってしまいましたね。
「1つ狂うと全てが狂う」を地でいく映画だったと思います。
やっちゃう? (マリー)
2014-12-04 22:10:05
あんな風にして、私も持ち逃げようかな~と上司に言ってみた。(笑)
あまり書かないんだけど~昨日、領収書1件書損した時に・・・ふふふ。

りえちゃんが、細すぎて貧弱で余計幸薄そうに見えたから、痩せるのやめようと思っちゃった。そこ?
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2014-12-08 12:44:53
こんにちは。
梨花を描いたお話というよりもおっしゃるとおり“1つ狂うと全てが狂う”ものでしたね。
誰でも起こりえるのはこわいですが。
こんにちは! (ヒロ之)
2015-06-24 12:48:36
主役の宮沢りえは当然ながら、脇を固める役者さん全員が存在感を示していて、作品を盛り上げていました。
話そのものも先が気になって、ダレる事無く観れました。
こんにちは (maki)
2015-06-25 09:24:51
お金ってあるところには普通にあるものですからね
私が臨職で郵便局で働いていた時だって、
ATMにお金をいれにいく作業、二人でやるんですけど
「こ、このバッグに二千万円…」ドキドキ
てか 臨職にやらせるなよー! と緊張しました
そして、案の定、臨時の直属の上司だった
シングルマザーさん、1年後に横領で捕まってました…
(地方紙の新聞にも載りました)

だから銀行なんて、一歩間違えれば怖いところですよね
もっとお金あるんですから
それに94年でしたっけ、97年でしたっけ、この頃ってまだ
銀行員は安心、銀行員は固いというイメージがありましたら、余計にあぶないんだと思います
ヒロ之さんへ (yukarin)
2015-06-29 12:36:15
こんにちは。
主役を引き立たせるのは脇を固める役者さんたちですもんね。お話どう展開していくのかすぐに読めないところが良かったですね。

コメントを投稿

★★★+2005-2019」カテゴリの最新記事