☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ユートピア

2006年05月23日 | ★★

ユートピア
UTOPIA
公開:2004/10/30
監督:マリア・リポル
出演:レオナルド・スバラグリア、ナイワ・ニムリ、チェッキー・カリョ、エクトル・アルテリオ、ジョゼ・ガルシア

スペイン、マドリッド。予知能力を持つ青年アドリアン。彼は孤児だった幼い頃、予知能力のある人々が集まる“ユートピア”というグループに迎え入れられ、以来その能力を伸ばしていた。だが人々が死んでゆくのを傍観するばかりで無力感に苛まれた彼は、心を閉ざして生きていた。そんなある日、彼は父親代わりであるサムエルから“お前の予知能力を悪夢に変えてはならない”と諭される。アドリアンには予知夢で見て以来脳裏を離れない一人の女性の姿があった。そしてサムエルの助言に従い、その女性を探し出すため行動に出るのだった。
ちょっと青みのかかった映像が、ちょっと幻想的な感じになってて結構好みっス。
でも映像は良いのに、ストーリーはちょっとわかりづらいのが残念。

“ユートピア”というグループも出てくるけど、特に重要な意味もなかった?
部屋に張られた写真の意味は何だったんでしょ?…特に説明はなかったような気がする。
盲目の刑事さんやアンヘラに関わるゲリラたちも出てくるんだけど、そのあたりの設定もイマイチでわかりずらい。
ゲリラのリーダーがアンヘラを狙ってくるから、いろいろあるかと思ったけれどあっさり終わってしまったし…
いろいろと?マークが付いてしまったよ~。

アドリアン、鼻血大丈夫?
予知夢を見ると必ず鼻血がツーっと・・・
悲惨な予知夢ほど出るらしいが。大丈夫か?そこはちょっと心配。

しっかし、それほど盛り上がりもなければ、緊張感もあまりないといった感じですかね。
なんかが足りないな~みたいな。

サスペンスというより、ミステリアスなラブストーリーみたい。
アドリアンとアンヘラの2人の雰囲気はちょっとステキと思った!
でも恋に落ちるのは早すぎない?…
もしかして、何度も夢に出てくるし、好みの女性だったから何がなんでも救うんだという気になったのか?
今までは悲惨な予知夢を見てても、助けることもできないーっ、つらーいって思ってたのにさ。
アンヘラ役のナイワ・ニムリは気に入りましたよ!
ちょっと印象に残る人でした。

たまたま置き去りになっていたDVD-RWに何が入ってたんだろうと思って観たのがコレだったのです。
すっかり忘れてた…
映像もなかなか良かったし、役者さんも良かった…なのにイマイチ。
脚本が悪いのかー?

*映画鑑賞★日記・・・より転載




コメント   この記事についてブログを書く
« シルバーホーク | トップ | トランスポーター »

コメントを投稿

★★」カテゴリの最新記事