☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-」

2020年11月14日 | ★★★+

2020/11/13公開 日本 121分
監督:深川栄洋
出演:綾野剛、北川景子、岡田健史、前野朋哉、青山美郷、石黒賢

その医師を、追ってはいけない

STORY:警視庁No.1の検挙率を誇る捜査一課刑事・犬養隼人と頭脳明晰な女性刑事・高千穂明日香は謎の医師ドクター・デスを追っていた。それは闇サイトを通じて依頼を受け、難病に苦しむ患者を次々と安楽死させる連続殺人犯。しかし遺族はドクター・デスに感謝しており、捜査への協力には消極的で、なかなか犯人へつながる手掛かりが得られない... (allcinemaより)


人気ミステリー作家・中山七里の同名ベストセラーを映画化したミステリー・サスペンス。秘かに依頼を受けて安楽死のほう助を繰り返す連続殺人犯ドクター・デスに挑む警視庁のNo.1コンビ、犬養と高千穂の葛藤と捜査の行方を描く。監督は『白夜行』『神様のカルテ』などの深川栄洋。

13日の金曜日である初日に鑑賞。原作は未読。ドクター・デスのモデルはアメリカで130人もの患者を殺害し「死の医師(ドクター・デス)」と呼ばれた医師だそう。日本ではちょっと前に二人の医師が逮捕された事件があった。

死を扱った物語ではあるけれど深くは追及してなくて、あくまでもドクター・デスという連続殺人犯を追った物語。前半はドクター・デスが何者なのかドキドキしながら観ていたけれど、後半で正体がわかってからの展開はいかにも邦画らしいかなぁというところ。クライマックスではなんでもったいぶるのかなぁ。気になったのは綾野剛演じる犬養の娘があんな漢字を読めるんかなーと思ったけど、、、。

この作品は俳優で観るものかな。綾野剛&北川景子のコンビがとっても良かった。北川景子がなかなかオトコマエな性格で好き。このほかにも二人の事件エピソードを観てみたいかも。そしてキャストにクレジットされていないドクター・デスの怪演は見応えある。演じ分けも素晴らしく、はじめ...〇〇さんだよね?でも似てる人かななんて思ってた。

鑑賞日:2020/11/13


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「罪の声」 | トップ | 「ブラック・ボックス」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2020-11-15 13:54:15
ドクター・デスの、あの人、私も最初、似た人かと思った。ちなみにデス側のEさんの演技も清々しいくらい大きくて変で好きです。

北川景子かっこよかったー。
ふじき78さんへ (yukarin)
2020-11-17 14:45:36
ドクター・デス...やはり似てる人感覚ですよね。
Eさんもそういう役回りだったとは!
北川景子ちゃんはこういうかっこいい役がハマりますね。

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事