☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

「ハロウィン(2018)」

2019年04月13日 | ★★★★
【HALLOWEEN】 2019/04/12公開 アメリカ R15+ 106分
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、ヴァージニア・ガードナー、ニック・キャッスル

恐怖が、忍び寄る。

STORY:2018年。2人のジャーナリストが40年前のハロウィンの夜に、殺人鬼マイケル・マイヤーズによって引き起こされた凄惨な事件の真相を追っていた。2人は事件の唯一の生存者であるローリー・ストロードへのインタビューを敢行するが、頑なな彼女から何も聞き出すことはできなかった。しかしローリーは、40年前のトラウマを抱えたまま、再びマイケルが姿を現わすと確信し、彼を迎え撃つ入念な準備をしていた...(allcinemaより)


鬼才ジョン・カーペンター監督による『ハロウィン』(1978)の続編として製作されたホラー。40年の時を経て殺人鬼“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズと、事件の唯一の生き残りローリー・ストロードの対決の行方を描く。監督は『スモーキング・ハイ』『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のデヴィッド・ゴードン・グリーン。

1作目の直接の続編なので1作目だけを観て臨みました。続編とは言っても前作を観ていなくても大丈夫なつくりになってましたね。ただ、前作にあったこれは!!という襲われるシーンにはニヤリ。

1作目に登場したローリー役のジェイミー・リー・カーティスが再びローリーを演じてる。まるでサラ・コナーのようでカッコいい!! あの時は普通の女子学生だったのにマイケル・マイヤーズが現れたことで彼女の人生が変わってしまった...。

ローリーが40年経ったならばマイヤーズも同じく歳を取ってる...んだけど怪力はそのまま。あの時捕まえたのになぜ殺しておかなかったんだろう....。2人のジャーナリストもえらいことに...まぁ最初からわかってたけどさ。

前作同様にローリーの孫や友人たちが青春してるんだけど短めで、その分マイヤーズが次々と犠牲者を増やしている。やってることは同じで読める展開なんだけど、音楽が前作に流れた同じ曲が流れるしなんかドキドキ感ある。

ローリーの家がすごい仕掛けがあってテンション上がる。隠れ地下室や部屋ごとにシャッターがしまったり....武器も豊富。そうなると当然、クライマックスはこの家だとわかるんだけど...。マイヤーズはどうしてローリーの家がわかったのかわからないけどハラハラドキドキの展開。

どうやって仕留めるのかドキドキしてたらローリーにはシナリオがあったのね。しかも娘のカレンが演技してたとはびっくりでしたわ。孫も参戦していやーここの女性陣は強い!!

どうもアメコミの観すぎなのか、エンドロールの後に“ブギーマンはもどってくる”ってテロップが出たらどうしよう....とドキドキしてました 笑。

鑑賞日:2019/04/13
コメント (4)