☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

NYPD15分署

2007年02月23日 | ★★★★


『THE CORRUPTOR』

公開:1999/11
製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・フォーリー
出演:チョウ・ユンファ、マーク・ウォールバーグ、リック・ヤン、ポール・ベン=ヴィクター
劇団ひとりと森進一の夢の共演??? どんよりとした刑事もの好きにはたまらんです。


*****


☆story☆
ニューヨーク・チャイナタウン。
そこを仕切る巨大組織“トン”と新興勢力“ドラゴン”。
2つのマフィアの間ではげしい抗争が繰り広げられていた。
一方、ニューヨーク市警15分署のアジア犯罪取締班に白人の新人刑事ウォレスが配属された。
初め“白人など信用しない”と距離をおく同班の中国系のベテラン刑事チェンだったが、やがて二人は互いを理解し、二人で巨大な悪に立ち向かう……。(allcinema ONLINE)

中国系の刑事と白人の刑事のコンビはめずらしいですね。
チョウ・ユンファが渋くてステキ?
ちょっとくたびれてそうな哀愁ただよう雰囲気が好きだったりします。
マーク・ウォールバーグと言えば最近は『ディパーテッド』に出てましたね。
そのせいかどうかは知らんが役柄的に雰囲気がマット・デイモンにカブった、、、

たまたま父親が録画していて、複雑だけど面白い!といい見終わってからもう一度おさらいするんだと観るほど気に入ってたようなので観てみたという訳です。
うんうん、かなり私好みでございます。
かなり一癖ありそうな登場人物たちばかり。
始まってすぐ、いきなりの大爆発シーン。
そして銃撃戦・・・何が何だかわからないけれどテンション上がりまくりです。
刑事とチャイナタウンを仕切るマフィアとの複雑な関係のお話。
なのでかなり地味だし、ラストもちょいと後味が悪い感じです。
あまり人間関係に重点を置かずにさくさく展開していく感じは好きです。
舞台はニューヨークだけど、チャイナタウンって所はそーとー怖いところですな。
日常的にこんな感じなのかなと思うとあまり足を踏み入れたくないかも、、、
刑事ものといや白黒つけたがるハリウッドですが灰色になっとります。
ベテラン刑事チャンと新人刑事ウォレスの最初はぎこちない関係から、次第に、相棒として友人として変わっていくのが良かった~。
ラストはやっぱりその方向に行きましたか・・・てな感じでしたが。

マフィアのボスがね~忘れもしない森進一!
『トランスポーター』に出てたでしょ(笑)
ここでお目にかかるとは思ってませんでした。一度みたら忘れない顔ですもん。
なかなかいい味だしてました。

銃撃戦はハリウッドらしく、ストーリーは香港らしくな感じでしょうかね。
街中での銃撃戦はかなり見応えがありました。
一般人お構いなしにバンバン撃ちまくる。
だから一般の通行人やられてます、、、
そこまでやっちゃうの~と思うほどで見ていて気持ちいいっす(笑)
その他いろいろな所でもやらかしてるので、大好きな私には満足の一品(笑)

ハリウッド映画と香港映画をミックスさせたような魅力ある作品でした。
ちょっとストーリーは複雑ではありましたが・・・
この雰囲気のまま『インファナル・アフェア』のリメイクをしてくれてたら良かったかな~
いやスコセッシ監督がダメというんじゃないですよ、まぁご本人撮りたくなったらしいし^^;
あれはあれでいいんじゃないのかな。 ←ちょっと他人事

ちょっといいもん観ました~☆

*映画鑑賞★日記・・・より



コメント