☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

14周年となりました

2019年09月18日 | 日記

★9月18日でブログ開設14周年を迎えました★

1年前にいろいろ改良します...なんて言っておきながら変化なく1年が過ぎてしまいました。超マイペースで更新しておりますが15年目もこんな感じで行くと思われます。

最近ではブログの仕様が変わり、スマホでは「いいね」「応援」などリアクションとかいうものが出来て、更新するとポチポチしていただいてます。PC版もテンプレを変えるとできますが一度替えたけど使い勝手がいまいちなので戻してしまいましたが。今はスマホからのアクセスが多いのかもしれませんね。そのほか、goo blog内でのblogウォッチでは過去記事を紹介していただいたり、かなり励みになってます。

今まで通り細々と続けていこうと思っておりますので、皆さま今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2019年9月18日 管理人・yukarin

コメント (8)

「僕のワンダフル・ジャーニー」

2019年09月16日 | ★★★++

【A DOG'S JOURNEY】 2019/09/13公開 アメリカ 109分
監督:ゲイル・マンキューソ
出演:デニス・クエイド、キャスリン・プレスコット、マージ・ヘルゲンバーガー、ベティ・ギルピン、ヘンリー・ラウ、アビー・ライダー・フォートソン、イアン・チェン
声の出演:ジョシュ・ギャッド/高木渉(ベイリー/モリー/ビッグ・ドッグ/マックス)

みんなの笑顔が、
僕の幸せなのだ。

家族をひとつにするため、何度も生まれ変わる犬のベイリー。
幸せな涙があふれ出す、犬と人間のラブストーリー!

STORY:3回も生まれ変わりようやくイーサンと再会した犬のベイリーは、田舎の農場でイーサンと彼の初恋の人ハンナとのんびり過ごしていた。そこへ、ハンナの亡くなった息子の妻グロリアとその幼い娘CJが新たな家族に加わる。しかし幸せな日々は長くは続かず、グロリアは突然CJを連れて家を出て行ってしまう。そんな中、再び犬生が終わろうとしていたベイリーは、彼の生まれ変わりを知っているイーサンから、CJを守ってくれと重大な使命を託される... (allcinemaより)


愛する飼い主イーサンとの運命の再会を目指して生まれ変わりを繰り返す健気な犬ベイリーの一途な愛を犬目線で綴ったW・ブルース・キャメロン原作「僕のワンダフル・ライフ」の続編。監督はTVドラマ「フレンズ」や「モダン・ファミリー」のゲイル・マンキューソ。

まさか続編があるとは思わなかったです。今回はイーサンの孫CJを守るために何度も生まれ変わるという前作と同じ展開。前作ほど泣かなかったけれどやはり動物映画にはハズレはないようです。健気なベイリーことモリーが可愛かった☆

観られる時間が吹き替えしかなかったので渋々...。本職さんばかりなので安心して聞けてたんだけど....大人のCJが下手で残念。しかも歌手を目指しているのに歌が下手で本当に残念でした。歌まで吹替しなくても良かったのにー。それ以外は感動物語で良かったです。

やはりイーサンとベイリーの物語が良かったので同じ手法では感動はちょっと薄いかなーと。なので後半でのいつもの逆のシーンには泣けました。なぜかグロリアがやさしくなったのには驚いたけど。

大人のトレント役でヘンリーが観られたのは嬉しかったデス☆
SUPER JUNIOR-Mメンバー時代はわりと好きでアルバムも聴いてました。踊りながらバイオリンを弾く姿が印象的。なんでもできるマルチな人なので今後にも期待しますー。

鑑賞日:2019/09/16

コメント (1)

「マトリックス(MX4D)」

2019年09月15日 | ★favorite★

【THE MATRIX】 1999/09/11公開 アメリカ 136分
監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
出演:キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィーヴィング、グロリア・フォスター

なぜ 気づかない

STORY:ニューヨークの会社でしがないコンピュータプログラマーとして働くトマス・アンダーソンには、裏世界の凄腕ハッカー“ネオ”というもうひとつの顔があった。ある日、“ネオ”はディスプレイに現れた不思議なメッセージに導かれるまま、謎の美女トリニティと出会う... (allcinemaより)


製作20周年記念の『マトリックス』期間限定4D上映を観てきました。DVDを持ってるからいつでも観られるんだけどやはりスクリーンで名シーンが観られるのは今しかないと思うのでポイント鑑賞にプラス1000円で☆

もう20年も経つのかー....。
劇場鑑賞した時も斬新な物語に斬新な映像とキアヌの超カッコ良さで大好きな作品。20年後はどう感じるんだろうとドキドキしましたが、今観てもやはり面白いし展開がわかっているのにドキドキ感があります。

今では当たり前になっているアクションだけど、改めて観ても新鮮に感じてテンション上がる。みんながマネをしたマトリックス避けやトリニティの壁走り等も改めてスクリーンで観るとまた新鮮。後半の銃撃戦にしても、ネオとトリニティの立ち姿もくらくらするほどカッコ良い。何かとしつこいエージェント・スミスもにやにやしながら観ちゃうよね 笑。

今回は座席が揺れたり風を感じたり、かおりも漂うし水しぶきも飛ぶ。銃撃シーンは撃たれる感覚も背中に感じられる。なので当時よりも彼らが体験していることを自分も体験しているかのように感じられ、まさにマトリックス世界!!

通常料金よりも1000円高くても満足できる作品。これが20年前作られてたと思うと本当にすごいなーと思う。でも、でも、もっとすごいと思ったのは、当時はウォシャウスキー兄弟だったのが20年後にはウォシャウスキー姉妹にになってることかな!!

そして...何といっても若いキアヌにうっとりして観てた☆
実はこれが一番の目的だったりする 笑。
今も大好きだけどこの時は本当にきれいな顔してるなーって見とれたわ。

好きな作品をまた大きなスクリーンで観ることができるのはうれしいですね。

鑑賞日:2019/09/15

コメント (3)

「記憶にございません!」

2019年09月13日 | ★★★★

2019/09/13公開 日本 127分
監督:三谷幸喜
出演:中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄 、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃 、吉田羊、山口崇、田中圭、梶原善、ROLLY、宮澤エマ、濱田龍臣、有働由美子

この男に任せて大丈夫か。

STORY:内閣総理大臣の黒田啓介は、史上最悪のダメ総理と揶揄されるほど国民から徹底的に嫌われていた。ある日、演説中に聴衆から飛んできた石が頭に当たって昏倒し、そのまま病院送りに。ベッドの上で目覚めた黒田は一切の記憶を失っていた。彼の秘書官3人は、このままだと国政が大混乱になると、記憶喪失の事実を国民はもちろん、大臣や家族にも秘密にすることを決める... (allcinemaより)


ある日突然記憶喪失になった総理大臣が、3人の秘書に守られながら事実を隠して公務をこなしていく悪戦苦闘の行方を描いた政治コメディ。監督は『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』の三谷幸喜。

三谷作品はやはり面白い。役者さんたちも絶妙なバランスで笑いを提供してくれてクスクス笑い、苦笑いで楽しめました。記憶を無くした総理大臣の中井貴一さんは本当にハマり役。記憶を無くしてとても総理には無理なんじゃーって所から再び本当の総理に変化していく過程が自然で良かったです。

意外な人が意外な登場でびっくり。ROLLYが最初どこかで見たようなーとちょっと考えちゃった。化粧しないと地味な人だもんね(こらっ)いい味出してました。佐藤浩市のゴルフ場での登場に笑い、有働キャスターは化粧濃すぎで笑った。 ディーン・フジオカは秘書官素敵だったし、石田ゆり子は可愛い人だなー、斉藤由貴はとぼけた役がうまいし、小池栄子は謎のダンス?に笑ったけどビシッとした秘書官を好演等々...みなさんそれぞれ個性的で楽しかったです。

政治ものだけど気軽に楽しめる最後まで飽きさせないつくりはさすが三谷監督ですね。もーほんと、誰とは言わないけど一度記憶を無くしてやり直してはいかがだろうか、、、

鑑賞日:2019/09/13

コメント (2)

ひとりごと04

2019年09月09日 | 日記
最近Blogのテンプレートを現在のものに変更しましたが見やすいでしょうか。スマホ版のようにPC版も“いいね” “応援”などをポチッとできるようになってますが...。ただ今までのように過去1年の劇場鑑賞作品のリンクは表示されないんですよね。逆にこちらはハッシュタグが入れられるからいいのかなーと思ったり。コメントいただかなくても見たよーとポチッとしていただけるのは嬉しいので迷うところでもあります。ご意見がありましたらよろしくお願いいたします。
 
追記:前のテンプレートに戻してみました。どうでしょ?(09/12)
コメント