come what may joyous life!

床床日記。じぶんと、そしてだれかに、響きますように。

ヘルペスと年度末。

2017-03-06 11:20:17 | 日記
書かないうちに一ヶ月以上経ってしまった。

新しいパートを始めてから半月。
慣れていないので、少し慌ただしかった。

初日前夜、早くベッドに入ったのに
一時間や二時間おきに目が覚めて、
「ああ、わたしキンチョーしてるんだな」と思った。

介護福祉関係のパートをした時は、全てがちんぷんかんぷんで
自分が何がわからないのかすらわからない、という状況だった。

今は仕事内容はまだよくわからないけれども、目にする言葉たちが学校や教育や教科や受検に関することなので、その分だけ自分に近い気がする。
目に馴染みがあるというのは大きい。


仕事を始めてすぐ、口唇ヘルペスが出た。
「疲れてる?」皮膚科の先生は開口一番にこう言ったので、ああやっぱり疲れているんだなぁと思う。
意外とナイーブというか繊細な部分があるようで、すぐに身体に出るのだ。


ヘルペスかかったことあるかな?
痛いんだよーーー(*_*)
見た目も悪いけれど、それよりも何よりもあんなに小さなやつなのに、ピリピリと痛む。

10年程前に初めてかかり、今回二度目。
その時は、中学校に勤務していて、本当に忙しい毎日だった。
副担をしていたクラスの担任が、受験を控えた中三の2月初めに急に出勤できなくなった。突然の担任代行。受検事務や生徒指導、卒業式準備。不安な時期に担任が代わり、生徒が気の毒だったけれど、二ヶ月だけ担任をして送り出した。

あの時の激務と比べたらどうってことないのに…そうだわたしは40になっていたんだ!年齢とともに抵抗力?免疫力?が落ちているのを感じる。鍛えなくちゃいけないんだよなぁ。



ヘルペスが治りかかって、体調も整ってきたところで、かおりさんに会えた。










西梅田にできたレストラン。
The Cream Teas SPOON FARM HOUSE
ムレスナティーを扱うお店が運営しているようだ。
定食もピザやパスタもある。
これにフリーの紅茶がつく。
淹れたての様々な紅茶を、次々と右京さんのように注ぎに来てくれる。
かおりさんは右京さんを知らないようだ笑


以前のここは、かおりさんとよくランチしたブルディガラだった。
ブルディガラも素敵だったけれど、こんなお店ならまた来たい。


その日スマホを忘れたわたしを慮ってくれたかおりさん。
すぐにわたしの夫にその旨をメッセージしてくれた。そしてこれで安心した、と言ってくれた。
わたしは相手がスマホを忘れてきたら、そんな風に気を回せないだろうなぁ。
やっぱり見習おうと思うところがいつもたくさんある。


年度末、学校の煩雑で多忙な毎日を思い出しつつ、
この前入園したと思ったらもう来月から年中さんだという我が子。
「みちもうすぐせんぱいになんねんでー」
しっかり者のせんぱいに、わたしもうかうかしていられません笑




コメント
この記事をはてなブックマークに追加