~気ままにひとりごと~

日々の忙しさに惑わされぬように。。。

まだまだ尾を引く

2019-01-08 09:53:32 | 映画・エンタメ
TBSのparaviへ登録し、年末からずっと見続けている・・・

’中学聖日記’しつこいですか?(笑)


秋ドラマ満足度1位に輝いていたのは納得。私のように延々リピートする視聴者がまだ多いみたい。

ディレクターズカットで流れているのは特典感があっていいですね。発売されるBlu-rayはどうなるのか?

paravi登録のまま見続けるか、ディスク購入か悩むところ。でも、過去作品を見れて結構楽しい。


岡田健史くんのニュースも常にトレンド入り。注目度の高さが伺える。

ちょっと最近出てくる俳優さんにはない品のいいキラキラ度合い。

インタビューでの誠実な受け答えと澱みない言葉のチョイス。これはもう、育ちの良さとクレーバーさ。

野球一筋で培われた社会性や人柄がもろ、’晶役’に反映された奇跡のようなキャスティング。

ドラマ関係者の皆様にお礼申し上げます。(笑)ホント。

素材がいいとは言え、演技素人を準主役へ抜擢するのは勇気がいったことでしょう。

女教師と生徒の恋という触れ込みだけでは、スキャンダラスなイメージが先行するので

失敗できない訳で。。。


でも蓋を開ければ、道ならぬ恋にスポットが当てられがちな評判とは裏腹に、実に常識的な作品だった。

塩谷校長(夏木マリ)の言葉を借りるなら誰もが良かった、、、と言える未来に着地した。

好きが勝って自滅するパターンは恋愛ドラマにはありがちで、無理くりくっ付けたり離したりと

なかなかストーリーに入り込めない作品も多い昨今ですが、結局、

皆が幸せでないと二人も不幸になるという事を学び、それは恋愛に限らず人が生きていく上で

全てに行きつく処でもあるという事を、今更のように教えて貰ったような気さえする。


そして、挿入歌含めたBGM効果や風景、演出の素晴らしさ。

全ての相乗効果未で未だに見ると涙腺が緩むのは私だけじゃないはずだ。

主役二人はさることながら、周りの俳優陣たちの演技も本当に素晴らしいの一言。


書いても書いても書き足りない番組HPのメッセージ欄は締め切り日が延長された。

既に2,000件に近づきそうな勢いで書き込みが続いている。

そう、いくらでも語れるもんね。(笑)


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« もやもや | トップ | 司会業じゃあるまいし »
最近の画像もっと見る

映画・エンタメ」カテゴリの最新記事