~気ままにひとりごと~

日々の忙しさに惑わされぬように。。。

続・浅田真央について

2017-04-11 14:10:14 | フィギュアスケート
昨夜の発表を受け、今朝のワイドショーは軒並みトップニュース扱いです。

NHKでさえ、、、。いかに偉大な選手であるかを物語る。

私が総理大臣なら、間違いなく国民栄誉賞をあげますけどね。

今のこの絶大なフィギュアスケート人気は、浅田選手の存在なくして語れない。


バンクーバーで金メダルに手が届かなかったあの時、、、

もしかしたら金メダルには縁のない選手になるかもな、、なんて思ったものです。

たら・ればで言えば、真央ちゃんがノーミスだったなら、順位はどうなっていたのか当時の審判団に問いたい。

あのバカみたいな大サービスのキム・ヨナへの得点は未だに謎なので...


でも、バンクーバーもソチもキム・ヨナがなんの曲でどんな滑りだったか、、全然思い出せない。

思い出すのはバンクーバーのショート、007の決めポースだけ。(笑)記憶って怖いっすね。

フィギュア好きのマツコは、バンクーバーの真央ちゃんのプログラム’鐘’を

フィギュア史上最高のプログラムと絶賛している。私も同感だ、未だに観ると鳥肌が立つもんね。


ソチ五輪、ショートプログラムで16位と出遅れた時、

彼女ばかりなぜ、こんな試練を!と神様を呪いました。

無表情な顔で囲み取材を受ける姿に、誰があのフリーの演技を予測できただろう?

あの時、まだ泣いてくれた方が余程安心だったんだよね。


浅田真央を語るとき、なぜか涙が出てくるのは、いい事も悪いことも全てに物語があるからだ。

神様から選ばれたこんな人たちは、やはり波乱万丈なのかもしれませんね。

だから、私たちの心を揺さぶる。

プロスケーターに転向するという話しですね。機会があればまた、アイスショーを観戦しに行きたいものです。


戦う’浅田真央’が好きだったので、試合を一度も観る事ができなかったことは心残りですが、

プロスケーターになっても、私は浅田真央のファンであり続けます...

「スケート人生に悔いなし」その言葉を聞けたなら、もう何もいらない。



※ 相変わらずの、、某国。浅田真央を下に見る記事見出し

  追い抜けず、とか影に隠れて、、、とか、おいおい同じ土俵に並べんなよ。

  もう、既に選手としても人としてもレベルが違うので。。。

  





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ついに、この日が、、、。 | トップ | ちょっと一息 »
最近の画像もっと見る

フィギュアスケート」カテゴリの最新記事