~気ままにひとりごと~

日々の忙しさに惑わされぬように。。。

ここにもサムライ魂

2018-04-03 11:42:21 | 他スポーツ
先日、ある番組で、ロンドン五輪女子バレー・セッター竹下佳江さんのエピソード秘話が放送された。

あのロンドン五輪開催1週間前、左人差し指骨折、という衝撃のアクスデント。


実はこれ、前に放送されたフジTV’モノシリーのとっておき’に出演していた

Number編集長の話で先に知っていた。

先にモノシリーの番組に触れると、この番組、古館さんがキャスターを辞め、それこそ真骨頂の番組。

いろんな業界の優れた人たちが毎回2~3人出演。非常に興味深い話の数々が聞ける。

そのNumber編集長の回は、記事も凄いけど選手の美しい表情を収めたカメラマンの様々なエピソードを紹介。

浅田真央ソチフリー演技後のあのシャッターチャンスは実際TV画面上は後姿。

だから観客を振り返った時の涙の瞬間を捉えたカメラマンの力作。その話しにまた泣きました(笑)

あの瞼に雫の粒が流れる寸前のシャッターチャンスは素晴らしい写真で、あれだけで私など何度も泣きました。


と話しは元へ・・・

セッターの命・左人差し指の骨折。攻撃の司令塔である竹下選手の一番大事な指だ。

驚いたけど、当時観ていたそのプレーから怪我など微塵も感じさせなかった。

眞鍋監督以外誰も知らなかったという事、帰国後記者会見の席でもそのことに触れさせなかったという。

バレーはチームプレイ。怪我のことで自分が注目を浴びるのは違うし、何より美談は嫌いだと。

一緒に戦ったメンバーも全て終わった後知らされたそうだけど、プレーしていたら異変には気付いただろう。

だけど誰も口にせず、全員で戦い勝ち取ったロンドン五輪の銅メダルは素晴らしい結果。


他のインタビュー記事には’指の1本くらい、くれてやる!と思った’という決意は正にサムライ魂。

これもインタビュアーが書かないといけないと説得して、ようやく記事になったと言う。

その見出しが上の’指の1本くらい・・・’の件だ。


普通、人間は弱みを言い訳にしがちだ。怪我などその最たるもので、

先日も書いたけどそこまで自分から言わなくても、という羽生選手の痛み止めの話とか・・・

わかるよ~~気持ちは。私なんかもそういう弱い人間なので言い訳したくなるもんね。

でもそういうのって、知らせなくていいことで、本当の強さという意味では違うんじゃないかと思う。


眞鍋監督は選手時代同じセッターだったという意味でも、一度は五輪を諦めかけたそうです。

骨折した指でトスなど考えられないと、2時間かけて話し合い結果、出場させることを決断する。

そりゃそうだ、指1本くらいという覚悟を決めた選手に説得などできるはずもなく。

そして、見事あの28年ぶりのメダル獲得に繋がるのである。


案外、サムライ魂を持つアスリートには、女性が多いな、と気が付く。

バレーボールだって、若い選手も男子より女子チームの方がメダルに近い気がしますしね。

竹下さんには、いずれ監督をやっていただきたいものです。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嫌な世の中

2018-03-25 15:23:47 | 他スポーツ
相撲界のすったもんだは、なんだか途中いろいろあり過ぎて、

結局貴乃花親方が完全返り討ちにあった勘が否めません。この人、、ほんと不器用な人なんで、

一人で行動したのがそもそも間違いだったよね。

暴力に大きいも小さいもない、、、と言えばそこまでですが、元々の発端を思い出して欲しい。


警察に届けを出さざるを得ない負傷者を出した暴行事件に始まり、

そこへ白鵬や他の横綱も関わってるだろうと誰もが思う中、それもなんとなく反故にされ、

もっと言えば、あの親方の部屋の暴力事件隠ぺいも出たのに、それもなんとなく無かったことのようになる。

なんか・・・ヤクザの世界よりタチが悪いというか、もっと根深いものがあるはずなのに、

そこには目をつむって蓋をして、逆に貴乃花親方の部屋の力士のちょっとした暴行事件がそれみたことかと言うように、

大きく報道される。これって、、、とても怖いと思いませんか?


もっと巧くやれなかったかな~~と残念でならない。100%被害者のはずだったのに、これじゃあ完全に悪者扱いだ。

理不尽だなと思う。おかしな世界ですよ。相撲界は特殊だから、と言って片付けてはいけないんじゃないかな?

あの組織はそもそも、世間の常識とは違い過ぎるし、未だ持ってどう完結したのか理解できない。

場所はそれでも始まる訳だし、純粋に相撲好きの人には関係ないのかもしれないけど。


うまいこと休場しながら、東京五輪まで相撲を続けそうな白鵬。

この人も、、、なかなか腹黒い。いや相当ですよ、マジで。横綱だからと言って、何もかも目をつむっていいのかと。

ダメなものは駄目と、はっきり言わないといけないと思う、今後の戦い方についても。


ズルい人が、なんとなくいい目を見る世の中は、何の世界もそうだけど、いいことじゃない。

その歪は必ずどこかで爆発するだろうと思う。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期待の新星

2018-03-22 11:08:15 | 他スポーツ
相撲界も、レスリング界もゴタゴタ続きで、、、

錦織選手が好きで見始めたテニスですが、どうにも調子が上がってこないし、なんか運がない。

ランキングも確か20位くらいまで落としましたよね?

例の彼女とは早々にケリつけた方がいいのでは(笑)ないかと思われますね。

明らかにそれ以降怪我や何かで調子落としているので、スポーツ選手である以上、ご両親は元より

コーチを初めとする現場スタッフ陣に反対されるお相手は、相応しい相手じゃない気はします。


4大大会のどこかでチャンピオンになって欲しいのに、それどころか土俵にすら上がれていない。

これは、女子新星・大坂なおみ選手の方が一気に優勝しそうである。

なんせ勢いがある。元々、注目選手ではありますが強さは更に進化している。


産休明けとは言え、元世界ランク1位女王セレーナ・ウィリアムを一回戦で破ったというニュースに驚き。

彼女は日本人の資質とは明らかに違う外国人のパワーと体型ではありますが、

日本選手として頑張ってくれるのは嬉しい限り。彼女の予想外の活躍のスピードに

NHKを初めTV局が追いつけておらず試合のTV放送は無かった、、、情けないな~~~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明と暗

2018-03-13 14:28:41 | 他スポーツ
女子レスリングの所謂パワハラ問題。

一時期に比べ少しニュースのトーンは静かになったけど(まあ、政治が大騒動なんで)

女子レスリングと言えば、真っ先に名前が出る吉田・伊調両選手。

二人とも国民栄誉賞選手だ。


方や、社交的でTVバラエティーにも引っ張りだこ。発言も面白い吉田選手はタレントさんのよう。

これは仕方ないよね。どう見ても社交的・吉田選手と求道者・伊調選手。

どちらがいい悪いの話ではなくそもそも資質が違うのだ。

まるで、相撲の若・貴兄弟を見ているよう、、あちらも動の兄と静の弟。タレントと相撲の師匠と真っ二つに道は分かれた。


パワハラって、悪意があるものと無自覚なものがあるよね。

栄監督は見に覚えがないと言っていますが、これもまた忖度と同じような要素が含まれる気がする。

そうすると、本人を飛び越え一気に表沙汰になるので、どちらも得をしない残念な結果になる。

器用な人が得をして、不器用な人が損をする・・・悲しいかな、どんな世界もそういうことなんだろうか?


伊調選手が、好きなようにレスリングに取る組めるいい環境になる事を願います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック熱

2018-03-06 09:54:09 | 他スポーツ
五輪も終了し、ようやくマスコミやTVも落ち着き始めたところか、、、。

選手たちはTV局を渡り歩き休む間もない。種目によってはすぐ次の大会へ出かけるとか。

小平選手は帰国し、わずか40何時間の滞在ですぐ中国の大会へ出発。

案の定、調子が上がらず体調不良で1,000メートルは棄権した。お顔も目の下に隈ができ相当お疲れの様子でした。


とりあえず、選手はマスコミの消耗品じゃないよと。

松ちゃんがワイドナショーで言ってましたが、選手がバラエティー番組へ出る必要はないよね。

後、周辺への取材攻勢。やれ生い立ちだの恩師だの友人だのと、、、やたら感動話で盛り上げ

同じような特集組むTV局。もう、いいよと言いたくなります。


ある程度の情報以外、選手が輝くのは戦いの場であって、それはTV局のスタジオじゃない。

昨晩も、ちょっとだけしか見てはいないけど中居くんがうれしそうに選手たちイジってましたね。

もうね~~中居くん、お願いだから選手に喋らせてあげてよ、ちゃんと最後まで。

相変わらず勝手な解釈で選手の言葉尻を泥棒して(笑)話をまとめる悪い癖。


そろそろ、誰か注意してくれないかな~~見てる方はイライラするんだよね。

後、もういい大人なんで、あまりバカっぽいトークは必要なし。スマスマの延長のような雰囲気は

他の場ではもう卒業しないといけないのではないか?

もちろん、ユーモアは必要だし固すぎてもつまらないけど、そのさじ加減を変えないとマズいような。。。


今年の冬のオリンピックはメダル獲得数も多く、選手の皆さんには本当に楽しませてもらった。

今週末から引き続きパラリンピックも始まる。こちらも同じように盛り上げてくださいね、マスコミさん。

もちろん、私たちもTV観戦で応援します!!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加