サカイ優佳子のおいしいblog

塾弁プロジェクト、どうにかしたいッ!

 土曜日、千葉の印西市で講演した時のこと、最後にたくさんの質問をいただき、とても嬉しかったです。

 で、その中に、子どもの受験に伴う夕食についてどう考えるか、という質問がありました。この質問、実はわりと多いのです、最近。
 塾弁については、1年半ほど前に、中学受験母が語る、my塾弁ストーリーでもインタビューを受けました。受験と食、母たちは悩むんですよね。

 今回の講演でもお答えしたのですが、私自身は、「子どもを大手受験塾に入れない、塾弁は作らない」という方針できました。

 塾弁というのは、塾で食べるお弁当のこと。受験塾に通う小学校高学年の子たちの多くは、塾の時間が夜遅くまでかかるために、塾の休み時間(多くは15~20分程度)に弁当を食べて夕食にしています。これを「塾弁」と呼んでおり、塾に行く前に(4時ごろ)親が用意した弁当を持っていく(これだと勤めている親は対応できない)、親からもらったお金で途中でコンビニなどで弁当を買う、最近は塾でまとめて弁当(ファーストフードのMに届けてもらうということもあるときいてびっくりなんですが、、)を頼むなどがあります。

 「個食」(一緒に食卓についていてもバラバラのものを食べていること)、「孤食」(子どもが一人きりで食事をすること)といったことが問題にされる昨今。私はその原因のひとつにこの「塾弁」もあるのではないかと思うのです。

 中学に入ると子どもってすごく変わりますよね。精神的にも肉体的にもぐっと大人になっていく。その直前の、長い子では3年もの間、夕食をを週に2~4回も「塾弁」ですませる習慣を続ければ、「なんで家族で同じものを食べなくちゃいけないの?」「どうして家族と一緒に食べなくちゃいけないの?」という疑問がわいてもおかしくはないように思うのです。もちろん親としては、「あの時は受験だったから特別なのよ」ということになるとは思うのですが、、、。

 大手塾に入れていたらもっと「偏差値が」よい学校に入れたかもしれないと言われようとも、それよりは一緒に食卓を囲める方が重要だと思うし、たかが中学受験(失礼!)で家族との生活や食事、子どもの睡眠時間を削る必要がどこまであるのか、という思いの方が強かったのです(今度6年生になる息子、9時まで起きているのがやっとの彼はほんとうに受験できるんだろうか?でも私も小学校6年まで就寝8時、起床6時の生活でした)。ただ、一方で、私の場合は、よい個人塾に巡り会えたこともあり、学校帰りに子どもが直接塾に行って勉強し、6時半すぎには帰宅という形がとれたことで、「大手塾にはいれない!」でつっぱることができたというところもあります。

 ほんとうは家族と一緒に食卓を囲めたほうがいいとは思うものの、理想どおりにできる環境にある人ばかりではないとなれば、せめて、身体が作られる時期であるからこそ、ちゃんとしたものを食べてほしい、と思い、私なりに考えた塾弁を作ることで、子育て中のお母さんたちへの手助けができないかなと考え、実は昨年から「ここは」と思うお店などに話を持ちかけているのですが、なかなか動かない!

 うーん、でもそのうちどうにか動かすぞっと、ここに表明しておくことにします。


 

 

コメント一覧

賛成
中学受験や塾通いを、親がおしつける場合もありますが、
子ども本人の意思により始める場合も多々あると思います。

塾通いや中学受験を否定してしまえばそれまでですが、
そうではなく、今の時代がこうだからこそ、
塾弁を真剣に考えるべきなのではないでしょうか?
私のような1人の主婦の力では、息子や娘の塾弁の栄養バランスを考えることしかできません。
でも同じクラスに、ファーストフードの買い弁の子がいるのも事実です。
ぜひサカイさんのような方に、立ち上がっていただきたいと思います。
応援します、頑張ってください。
YUKAKO
応援コメントありがとうございました
http://www3.famille.ne.jp/~yukako
コメントありがとうございました。
中学受験、悩みますよね。いろいろなお宅がさまざまな事情の中で受験するかしないかは判断するものだと思います。塾をどうするのかということも。

「家族で朝晩食卓を囲みましょう」とは食育の場でよくいわれれることですが、お父さんの帰りが深夜、とか、子どもの一人だけが遠くの学校に通っているとか、一人の力、家族の協力だけではどうにもならないこともあるわけですよね。それが一番で、そのためには全部犠牲にするという選択は実際問題として無理なので。

問題はどこにあるのかをはっきりさせて、次善の策はなにか、といった方向に考えていく方が建設的だと考えています。

なかなかうまく進まず、私もちょっとヘコンでいたのですが、またちょっとがんばって動いてみます。

ありがとうございました。
ふみ
私から見れば子供さんがお小さい頃から、時には託児所に預けて、時には朝早くから夜遅くまでお仕事をされていたサカイさんが、「家族との時間を大切にしたい」とおっしゃっているのはなんだか矛盾にも感じます。
お母さんが忙しく仕事をして時には子供との時間を犠牲にすることがあるのは良くても、大手塾などで週2,3回塾弁を食べるのは絶対イヤというのは、あまり説得力がないかと、、、。
子供さんたちとの時間を削りたくないから、子供が大きくなるまで仕事はしない、とか、仕事は子供が学校に行っている間だけ、とかそういう選択肢はサカイさんにはなかったんですね。
私を含め、多くのお母さん達は多分塾に子供をとられる分、自分のしたい仕事をセープして子供との時間を作っていたのだと思います。
YUKAKO
ふみさんコメントありがとうございました
http://www3.famille.ne.jp/~yukako
コメントありがとうございました。
外から見ると、そのようにも見えるのですね。

ただ、まずは、受験塾に子どもを通わせている人、お弁当をもたせている人を批判するつもりで書いた記事ではないことは、ご理解いただきたいと思うのです。


私の職歴(?)を書きますね。
子どもが生まれて3年は完全に専業主婦でした。娘のアトピーがひどかったので、仕事を辞めたんですよね。

その後もほそぼそと、はじめは自宅で赤ちゃん連れOKの料理教室を開くところからはじめました。これは二人目の妊娠出産をはさんで足掛け7年続けました。子どもたちと一緒にいながら仕事もしたいという思いから。とっても楽しかったですよ。子育て仲間のお母さんたちにほんとうに助けてもらいながらの開催でした。今でもその仲間とはつながっているし、お互いに助け合える彼女らの存在をありがたいと思っています。

子どもが大きくなるまでは、原則泊まりの仕事はことわっていましたし、下の子が小さいときは、子連れ出張もしてました。打ち合わせの間、周りで遊ばせながらっていうことも許してくれたクライアントさんに感謝!です。

 今、子どもたちも大きくなってきて、泊まりの出張にでかけることも増えました。とはいっても月に数度あるかどうか。ご飯は作ってでるし、義母や妹や夫などにいてもらうようにしています。

「説得力がない」と言われてしまえばそれまでですが。


社会の仕組みの中では、「これが理想!」と思っても、理想通りに行くものばかりではないと思っています。でも「100点がとれないんだから、10点のままでいいや」ではなくて、「じゃあ11点とるためには何ができるだろう?」って考える方が、私は好きです。そういう文脈の中での、「塾弁プロジェクトどうにかしたいッ」なのです。

おけこ
「中学受験母が語る・・・」読ませていただきました。
我が家にもサカイさんの娘さんと同い年の長男がおり、中学受験をさせました。
私も中学受験だけが全てではない、3年間も息子を塾に取られるのはイヤと、通塾期間は1年間と最小限にとどめたつもりです。
ですが、さすがにその1年は必要悪と覚悟し、お尻を叩くこともあったかもしれませんし、塾弁も持たせました。
偏差値の多少の上下や、点数の1点2点にまでこだわったつもりはありませんが、
私自身中高時代、地元では良いと言われる学校に幸運にも入れた経験があり、
さすがに良いと言われる学校には頭が良いだけでなく、性格も良く、人間としても幅の広い子が揃っているものだと感激した覚えがあり、
そういう点から息子にもできる範囲で「いい学校(結果として偏差値の高い学校ということになりますが)」に入って欲しいという気持ちが少なからずありました。
うちには年の離れた次男がおりますが、現段階の気持ちとしてはその子にも中学受験をさせ、そのためやはり最後の1年はお尻を叩くということになりそうです。
(のんびりした次男の性格などからしても、長男のときよりはこちらもだいぶゆるくなるとは思いますが。)
娘さんは2教科で受験と最後まで方針を変えなかったサカイさんの志望校選びの決め手、中学校に求める物は何だったのか、お差し支えなければ教えてください。
YUKAKO
おけこさん コメントありがとうございました
http://www3.famille.ne.jp/~yukako
おけこさん、コメントありがとうございます。

いろいろ悩みますよね。中学受験。1年だけの通塾というのも、珍しい方ですよね。

我が家が二教科受験にこだわったのは、受験をしようと決めたのが遅かったということもあるのです。

夫も私もずっと公立だったもので、中学で受験というのはそもそも考えていませんでした。娘が通う学区の中学校がその当時あまり評判がよくなかったこともあり、また、通っていた補習塾が受験指導もはじめるということだったので、四谷の試験をはじめて受けたのが、5年生の夏すぎでした。

その頃、難関校に子どもを入れている友人の「お父さん」たちから、「優佳子さん、中学受験は父親の出番ですよ」とおどされたんですよね。仕事から帰って深夜に勉強をみてやっていた、1月は残業を全部断って子どもと過ごした、などなど。ウチの夫は日本語も読めないし、毎晩帰りは遅いし、子どものことについてはほぼ私におまかせ状態。一方で私がそれだけやる気があるかといえば、夜ははやく寝るタイプでとても無理。

その中で受験をするにはどうしたらよいかと考えたときに、ここから4教科をはじめるとなれば、子どもを相当追い込まなくてはいけないし、私自身もおいつめられてしまうかもしれないし、子どもは一人ではないし。2教科でつっぱるという路線しかないかなと思ったのです。

幸いなことに、私が是非娘を入れたいと思った学校は、2教科と口頭試問という変わった受験をしており、塾には一切通わないで入学してくるお子さんも少なくありません。他にも2教科で受験でき、通わせてもいいなと思えるところを数校見つけることができました。

ある塾に見学にいったときには、「4教科で受験しないと、そのあと伸びませんよ」と言下に言われました。まだ10歳ちょっとの子どもたちの将来のことを、そんなふうに言い切ってしまうということ自体に疑問を抱き、考え方があわないと思ってすぐに辞退してきました。

私自身が、高校受験前までは「家の中にいないで、外で遊んできなさい」と育てられてきました。また、高校受験をして進学校といわれる学校にはいましたが、とくに受験指導をされた憶えもなく、塾には通わずに大学受験をしています。今とは時代が違うといわれればそれまでですが。

偏差値の高い中学に入れることに、私自身があまりこだわりをもてないというのが本音のところなのかもしれません。

子どもの学力が伸びる時期って、たとえば身長が伸びる時期がそれぞれ違うように、きっと子どもそれぞれなんじゃないかと思うのです。それを「今、成果をしめしなさい」という方向にもっていきたくなかったという私の気持ちが、無理せず2教科でいい、この学校は気に入ったから入れたい(偏差値にはとくにこだわらず)という選択になったのではないかなと思います。

長くなりましたが、、、。

おけこ
お返事ありがとうございます。
お気持ち大変良く分かりました。
子育て、志望校の決め方、塾の通わせ方などは、何が正しいではなく、自分の経験値と我が子の特性を見極めて一人一人ベストと思われる物を選択していくのですよね。

私も「今○○しないとあとで△△しませんよ」という言われ方にはとても違和感を覚えるタイプです。
絵本の読み聞かせをしないと本好きの子供に育たない、とか
○歳までに英語を始めないと耳が育たない、発音ができない、とか

サカイさんのご友人の「お父さん」達が言われた「父親の出番」という言葉は初耳です。
母子二人三脚というのはよく聞きましたが。
サカイさんのご友人達が率直に語ってくださったと言うことなのでしょうが、そんな物分りのいい協力的なお父さんたちがいらっしゃると聞いてむしろ驚きました。

我が家は長男の受験の頃、次男は1歳。
次男がとても手の掛かるタイプの子だったので、長男の勉強は本人任せ。
のんびり屋の長男に業を煮やし、夫に勉強を見てやってと頼むと
「学校で学校の先生に教わり、塾で塾の先生に教わって、家で親に教えてもらっていたら、こいつはいつ自分で考えるんだ?」の一言で却下。

私達両親がもっと勉強を見てやっていればいわゆるもう1ランク上の学校に入れていたかもしれませんが、結果として自分の身の丈に合った学校で今伸び伸び学校生活を送れているので良かったと思っています。







YUKAKO
おけこさん、返信ありがとうございました
http://www3.famille.ne.jp/~yukako
「ものわかりのいい」お父さん3名、それぞれにそう言われたんですよ。たまたまなのか、なんなのか。ウチとはまったく違うなーと、私も驚いたものでした。


中学受験は、実際のところ、親が進路を決めていくことになると思うのです。10歳の子どもに、さすがに情報収集能力もないし、決定を下すだけの経験も知識もないですから。



一番大事なのは、「ここに入りたい」と思ったところに入れなかったときのために、応援しつつも、気持ちの面での受け皿を作っておくことかなあと思っています。


家で一緒にご飯を食べられる方を選んだ私ですが、一方で、塾弁を一生懸命作るお母さんたちのすごさというのも、もちろんわかるのです。夕方はやい時間から自分の時間を削ってお弁当づくりを始めなければ間に合わないのですから。子どものために、という思いがなければ、続きませんよね。


中学受験のしかた、また「しない」という選択も、家庭それぞれ。塾弁プロジェクトをどうにかしたいっと思うのは、

1 親が仕事をしていてお弁当を作ることができないというのが理由で受験をあきらめる家庭もある。

2 成長期にいい加減な食べものでお腹を満たしてよしとしてほしくない(コンビニ、ファストフードなどで買うケース)。

3 日々の塾弁づくりに疲れた親が、「たまには」息がぬけるようにしたい(親がキリキリしちゃうと、子どもによくないと思うので)。

ということなんですよね。
 




名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「食について考える」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2020年
2012年
人気記事