イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DAMLA ve ECEM(ダムラとエジェム)

2012-02-11 14:04:12 | イズミル暮らし・イズミル案内

近所に住む友達の娘ECEM(エジェム)とその従姉妹DAMLA(ダムラ)は、日本のアニメ大好きな高校生。昨年の「SEVGI KOPRUSU PROJESI(愛の架け橋プロジェクト)」や「折り紙のフラワーバスケット」など、いつも私を喜ばせ幸せにしてくれる若い友人です。バイラム(イスラムの祝日)や新年にもわざわざ二人揃って挨拶をしに来てくれます。

今回は、夫が二人を喜ばせたいと日帰り旅行を計画しました。夫はセルチュクにあるマケットキョイ(模型村)が大好きで、最近は誰でもそこへ連れて行きたがります。と言うことでセルチュク方面にある観光地と来ればスタンダードにエフェスやシリンジェ、トルコの学校は日本のように修学旅行や遠足などの行事があまりないのか、二人とも行った事がないと言います。

次に日程を決めるのがまた大変。建築家を目指すDAMLAはこの夏大学入試を控えた高校4年生、学校の授業の後はもちろん週末も塾へ通っており予定のない日がまったくない状態。ちなみにECEMは幼児教育を専攻したい高校1年生です。二人の予定があいているのは1月末から2週間あったSOMESTRE TATIL(学期休み)の最後の3日間だけでした。

雪が降ったり雨が続いたこの冬のイズミル、この日はぽっかりと太陽が出て小春日和の絶好の遠足日和でした。小さな村シリンジェは、最近観光化著しく、狭い山道を大型バスが連ねてやってくるようになってしまったので、混まないうちにと最初に訪問。山肌にへばりつくシリンジェの家々の景色は変わらないけれど、村の中心のお土産屋さんやカフェは来るたびに増えて京都の三年坂かと思うような混雑ぶり。それでも村の中に入っていくと、昔と変わらぬ家畜と共に暮らす人々の生活が垣間見られます。どこで見ているのか、家の中から「山で採れたKEKIK(タイム)があるよ」とさりげなく商売に精を出すおばちゃんもいます。

エフェスは、もう本当に20回くらい行ったでしょうか、いつ行っても青空と華麗なケルスス図書館のコントラストに見とれます。この日は日本人と韓国人ツアーが次から次へと来ていました。

ハドリアヌス神殿前で日本人ツアーが立ち止まってガイドさんの説明を聞いている間、私達も一休み。二人が座っていた石の上にツアーの一人の女性が座りました。DAMLAが少し詰めて場所を空けてあげるとその女性が「ああ、ありがとうございます」と丁寧に日本語でお礼を言いました。DAMLAは即「ドウイタシマシテ」と日本語で返答。女性は「あらあ、日本語がお上手なのねえ」とびっくり。

日本のアニメ効果はすごい!もちろん彼女達が見ているアニメはトルコ語字幕がついているそうですが、字幕と会話を合わせて見ているのでこんな挨拶程度の日本語は知っているのです。アニメ友達同士でFACEBOOKで会話しているのを見ると「oyasuminasai」とか「Damla chan」とか書いているので笑ってしまいます。でも見知らぬ日本人と話すのは初めてでしょうに、咄嗟に口を突いて日本語が出てくるというのはやっぱり若さかなあ。夫はこの日一日中「若いっていいねえ」とつぶやいていました。

最後にマケットキョイを訪問してすべてのスケジュールは終了。帰り道に私達がこちら方面へ行く時に立ち寄るロカンタ(レストラン)で食事をしたのですが、このロカンタは幹線道路からちょっと道を離れたところにあって個人で造った池や滝があります。そこで見たこの光景この日一番の感動だったのですが、皆さんいかがでしょう・・・。

木の枝に止まっている鶏たちなのですが・・・。鶏のこのぽったりした体型?と木の枝がなんだか似合わないと思うのは私だけでしょうか。でもそう言えば「ブレーメンの音楽隊」でも鶏は一番上に乗っかっていましたね。

貴重な休みの日を私達と一緒に過ごしてくれたDAMLAとECEM、どうもありがとう。あとでECEMの両親に「もういつでも二人ともあげるから持ってっていいよ」と言われました。

 

 

ざくろまでトルコ国旗をつけています。

    

☆現在のイズミル☆

Find more about Weather in Izmir, TU

※記事と直接関係のないコメント、特定の個人を誹謗中傷するコメントは削除させていただきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   この記事についてブログを書く
« KARDAN ADAM | トップ | SEFIKA KUTLUER(シェフィカ... »

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちさと)
2012-02-11 21:28:37
二人ともきれいですねー
さすが美人大国トルコですね!
トルコの国旗付きのザクロ面白い!木の上に鶏が乗っているのって見たことがないです。ブレーメンの鶏はこんな風だったのでしょうね♪

前の記事の最後の写真のスノーマンすごいですね!上手にできました!花丸ものです
ちさとさん (yukacan)
2012-02-12 06:36:41
スタイルもいいしねー。
このざくろの国旗はたぶんリストバンドだと思うのですが、こんなところにまで…。
私も木の上の鶏、初めて見たのですが、ここからの帰り道、別の場所でもやっぱり数羽の鶏が木の上にいるのを見たんですよー。今度はもっと近くから写したいです。

逆立ち雪ダルマ、アイデアがいいですよね。
眼差し (湘南八重桜)
2012-02-12 10:36:11

 逆立ち雪ダルマは遥かな彼方を目差す若者の代弁者。  
 イズミルの美少女たちはレンズを通して何を見ているのでしょうか。  優しくて深い心の眼差しを感じます。
 ご両親の言葉にも同感・・・安心して子供を託せる隣人への信頼感。
 時代や国柄に温度差は無いのですね。 
ずっと前に (yuu)
2012-02-12 10:41:13
とある旅行中に寄港してエフェスに立ち寄る機会があったにもかかわらず、
いつかトルコは数日かけて訪れるから、今日じゃなくてもいいや…
となってから、早数年^^;
でも、こちらでたっぷりとトルコの魅力を伝えてくれているので、次の機会はまだまだ先になりそうです(笑)
樹上の鶏 (湘南八重桜)
2012-02-12 10:57:47
 夏の夜・神社・境内の薪能で静寂な中、囃し方の”イヤーッ”掛け声が響き渡った途端、樹上で眠っていた?鶏たちが一斉に”コケコッコー”。
 笑い声とどよめき・・・でも暗闇の中、演能は何事も無く粛々と華やかに・・・印象に残っています。
 
Unknown (kayakatusra)
2012-02-13 02:15:22
素敵な日帰り旅行でしたね。木に止まっている鶏、笑ってしまいました。一瞬見たとき、猫かな??って思ってしまいました。重すぎて枝が折れるということはないのかな??
湘南八重桜さん (yukacan)
2012-02-13 03:02:31
はるかな彼方どこを見ているのでしょうね。トルコの若者は案外現実的でしょう。この美少女二人は何を見ているのでしょうね。Ecemの目は本当に優しいですね。最初に知り合った時はまだ8歳だったのに。両親は、うちの子にしてもいいといっています。ECEMは目が日本人みたいだし(そうかな)、DAMLAはメフに似ていると言います。こんなにスマートなのに…。
yuuさん (yukacan)
2012-02-13 03:04:42
次の機会はまだまだ先になりそうですか?エフェスはそんなに難しい場所じゃないのでいつでもいらっしゃれるとは思いますが、何回行ってもいいではありませんか。どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。
湘南八重桜さん (yukacan)
2012-02-13 03:06:32
あはは、そんなことがあったのですね。鶏達にしてみればもうお休みの時間なのにいい迷惑ですよね。やっぱり樹上に停まっていたのですか?その後はどうだったのでしょう。
kayakatsuraさん (yukacan)
2012-02-13 03:08:14
久しぶりにお天気もよくて気持ちのいい一日でした。メフじゃないけれど若い子たちと一緒にいると気持ちがいいね。
鶏面白いでしょう?信じられなかったわ。しかも団体で停まっているし。これからも鶏が木に停まっている写真を激写したいものです。

コメントを投稿