イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CEMRE(ジェムレ)

2012-02-26 14:58:10 | イズミル暮らし・イズミル案内

今年はずいぶん寒い冬でした。イズミルには春の足音が聞こえてきました。久しぶりの青空を嬉しく思えるこの頃。日本の暦でも雨水が過ぎてもうすぐ啓蟄、トルコにはCEMRE(ジェムレ)という言葉があります。

 

Wikipediaによると「ジェムレ(トルコ語:Cemre)は、トルコの古い迷信で、春の予兆を表す言葉である。ジェムレが空から三回落ちたら春になると信じられている。ジェムレは、まず空気中に落ち、ついで水の中に落ち、最後に大地に落ちる。ジェムレとジェムレの間隔は7日間で、それぞれ、2月19〜20日頃、2月26〜27日頃、3月5〜6日頃のこととされる」とあります。

今日くらいには2回目のCEMREが水の中に落ちるのでしょうか。土曜日の午後たまたま私達と同じくKONAK(コナック)方面へ行く友達親子に遭遇、地下鉄の駅へ向かっていたのですが、あまりにも天気がよくて気持ちがいいから「歩いていこうか?」と言うことに。寒くもなく暑くもなくぶらぶらと歩きました。

KONAK(コナック)のフェリー乗り場や時計塔のあるKONAK広場あたりは春を心待ちにしていたイズミルっ子たちが全員でてきたのではないかと思うほどの人出。途中で友達と会っていたECEMの手には風船がありました。

晴れた日が続くようになって、日が暮れるのも少し遅くなり、西の空が赤く染まる頃うっすらと筆で刷いたような新月とともに一際明るい金星が西の空に見えるのにお気づきでしょうか。我が家のキッチンの窓からもこんな空が見えます。特に24日には月と金星、木星が一直線に並び本当にきれいでした。CEMREが大地に降りる3月6日頃、今度は火星が地球に最接近するそうです。東の空に一際明るくオレンジ色に輝く火星を探してみましょうか。

 

 

国立天文台のHP クリック ↓ 

    

☆現在のイズミル☆

Find more about Weather in Izmir, TU

※記事と直接関係のないコメント、特定の個人を誹謗中傷するコメントは削除させていただきます。

 

コメント (12)