通販型自動車保険は使えない!かも?

通販型と通常型。どう違うのか?気にした事が有りますか!人は言う。経済の通販型。信頼と実績の通常型。本当に?検証しよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソニー損保に加盟している方は正月に事故をしてはいけない!

2009年12月31日 | 日記

何故ならば
正月はオペレーターが不足しているからです。
通常のオペレーターが正月に休みます。
勿論、カバーを入れていますが臨時のアルバイトです。

元々、ソニー損保のオペレーターは保険資格を持っていませんし、
車の構造も知りませんし、法令も知りません。
単なるパソコンのオペレータです。

だから、保険の相談もパソコンに在る物でしか無理ですし、
事故の事を聞いても法令を知りませんので相談も無理ですし、
車の構造も部品の名前も知らないので聞くだけ無駄です。

さらに、難しい質問を聞いていくとクレーマーとされます。
つまり、事故で弱気になって相談をしているのに放り投げた上に
脅迫を受けたとして契約者を犯罪者として報告して責任を逃れ。
上層部に報告の上、手続きを行い。
表面上は事故は無かったものとします。
その証拠にソニー損保の事故履歴から情報が消されるのです。

そして、全ての事が電話で行われ証拠隠滅を図ります。
なので難しい事故例と感じたら
全ての会話を録音する様にした方が良いと思います。

冗談と思うでしょうがソニー損保は契約者を守らないのです。
苦情の多くはこうして隠されていくので
苦情が少ないように思われがちですが
正規の報告書を握り潰しているだけなのです。

もめた後の随時契約は出来ませんし
ソニー損保側の言いがかりだと言う証拠を
持っていないと他の保険と契約できません!

何故ならば事故履歴を消すと言う事は
クレーマーとしての報告が
信用調査会社に報告が行くと言う事だからです。

ゆえに保険に加入するのが困難ですし
マンションや店舗契約も信用調査会社に依存している。
レオパレスなどやクレジットの無人契約型などは
審査落ちします。ソニー損保の影響とはそれだけ在るのです!

参考ブログです
http://blog.goo.ne.jp/b31c/m/200708

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ソニー損保には、どうやら業... | トップ | 参考に成るブログを見つけま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (akusa)
2010-01-01 09:44:47
アクサは、要注意、平気で嘘をつく示談終わっても、解消しようか?こちらには、300万円の裁判予算があるから不利になるよ!
交通費も払うのは最初だけ、購入許可降りた物品も知らない払わない、お情けで、まるで最高金額の示談金を提示したように
見せかけ、最低料金を提示、自称弁護士を雇って脅す。 安いにはそれなりの理由有り特に、損害サービス第5部自動車サービスセンター2課
要注意
ソニー損保は損保ではない! (有馬)
2011-11-16 17:31:48
電話とFAXでの対応のみの会社で
社員は車の構造も保険自体さえ知らない。
資格を持たない。全くのど素人です。
ソニー損保の求人方法を見たら判る。

だからマニュアル通りにしか動かない!
いや。会社からも一歩も動かない。
車の構造も保険自体も知らない。ど素人なので
明細書に記載された内容を理解できない。

なので、
形式が一応は合っていれば支払ってもらえます。
不正請求し放題!!
これが9年売り上げNo.1の正体です。

自動車・バイク販売店がネット系を勧めないのは
事故の対応に疑問があり。
お客様に迷惑がかかるのを恐るからです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事