ギャンブル依存症との共生を模索するブログ

以前のタイトル『パチンコ依存症との戦い』から『ギャンブル依存症との共生』に変更しました。よろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユーフォーキャッチャー依存症?

2017-07-29 20:51:35 | Weblog
皆さん、こんばんはです^ ^
今日は家族揃って映画にでも見てきました。
観終わった後はお決まりのゲームコーナーで遊んだわけですがここもギャンブル依存症を促進させる要素はありますね。
子供の頃から私もよく遊びに行ったものですがお金なくなるまでプレイしていたので何一つ生産性があるもんじゃありませんでした。
そもそもギャンブルというものは暇でアホな奴からなんらかの演出を提供して胴元が搾取するものでありますがこのゲームコーナーにも充分その要素があるので侮れません。
だから我が子をそこに連れて行くのは躊躇するのですがどうしてもコインゲームしたいというのでやってみました。
まぁ、コイン60枚程度の持ち玉しかなかったので10分ぐらいで撃沈、ここはお金使わず退散いたしましたが別のユーフォーキャッチャーで私自身が不覚にもハマってしまいました。
ドラクエのスライムを子供が欲しくて取って欲しいとねだりましたがはじめは断りました。
でもよくよく見ると取れそうな感じがしてなりません、ここがギャンブル依存症になるミソなんでしょうね、つまり胴元ゲームメーカー(或いはお店のスタッフ)は上手くやれば取れますよという演出で罠を仕掛け現金を投入するのを待っているのです。
もちろんプロ並みに上手ければ低資金でターゲットをゲットすることは可能でしょうが普段やらない素人など機械のクセを知るまでかなりの熟練時間を要すると思います。
それこそいくらお金あっても足らず費用対効果を考慮すれば馬鹿らしくてやってられません。
この手のゲームは一撃必殺に意味があり(一見で看破する能力)大金はたいてするものではないものだとおもいました。
今回そのキャッチャーに1500円15回分チャレンジしたわけですが自分の心理面の揺れ動きは面白い様にわかりました。
とにかく自分が若い頃は熱くなりゲットするまで挑戦したものですがいまは胴元の思惑を読むようにしているのでそこまではいかなくなりました。
ただ嫁さんと子供の手前、いい格好しようという心理が少し熱くなった様です。
でも若い時の自分なら全財産はたいてでもやっていたと思います。
まぁ、とにかく自分は人よりかなり熱くなる様なので今後ともゲーム、ギャンブルには注意して生きていきたいと思います( ̄▽ ̄)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000円の値打ちを考えてみた | トップ | パチンコで一方的に搾取され... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事