夢幻に遊ぶYujin Koyamaの絵画と小説の世界を紹介します!

意外な人間の姿、風景に、きっと出会えるでしょう。フランスを中心に活躍する小山右人の世界を、とくとご堪能下さい!

もはや止まりません

2018-05-27 08:34:17 | カルチャー
【2018年、5月の覚え書き】
もはや止まりません。

2年後、2020年に銀座のホームグランドのぎゃらりぃ朋で、本格個展のご依頼をいただきました。美しい人をとことん愛して「愛の結晶」を展示するよう。ご主人にも励まされた極地に到達できますでしょうか。セクハラなんて、変てこな言葉が蔓延する、歪んだ欲求不満社会に清らかに咲き誇れますよう。これが案外難しい。しかし、美しい人に恵まれた幸せを、力一杯表現してみたい。

小説「声」の日仏二国語版、前後篇が完成し、フランスより出版されました。フランスの偉大な友人の涙ぐましいほどの努力の結晶です。皆さんは、こんなに自分のために尽くしてくれる友人を持った経験はありますか? ぼくは、五十年近くもその恩恵に浴しています。それだけでもぼくの人生は特別で、記念すべきものだと考えています。

7月に、フランスのエクサンプロバンスで展覧会があり、目下準備中です。憧れの地へ、急遽駆けつける、という奇跡もないわけではありません。体力と仕事の塩梅次第です。

同じく7月に、銀座にてグループ展があります。これは、強引に捻じ込まれた展覧会で、十中八九目も当てられないでしょうが、案外、瓢箪から駒ということもあるかもしれません。

9月には、吉祥寺のエスカリエCにて、とてもパリ情緒豊かな個展の予定です。初めてのパリ個展を髣髴させる画廊と周囲の雰囲気を存分に楽しみたいです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« ついに小説「声」の日仏二国... | トップ | 「声」後篇、ついに出版! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事