夢幻に遊ぶYujin Koyamaの絵画と小説の世界を紹介します!

意外な人間の姿、風景に、きっと出会えるでしょう。フランスを中心に活躍する小山右人の世界を、とくとご堪能下さい!

新作完成!

2018-08-29 18:49:24 | カルチャー
小説の新作完成!
新作短篇「研究室」が出来上がった。慌ただしく目まぐるしい生活の中での完成だけに、込み上げてくる思いはひとしお。
いろんなことをしながら、よく小説など書く時間があるなと不思議に思われる向きも多いだろうが、それは、何があろうと小説のためには特権的にベストの時間が、短いとはいえ毎日確保されているからだろう。
さて、小説の内容は、ぼくが実際、精子の尻尾の付け根のミクロのエネルギーを測定して、学位論文を書こうと悪戦苦闘していた、かなり若い頃と重なる。先の見えない密封感の中での欲望と理想の愛に引き裂かれ、実験の成果も得られないまま時間ばかりが空回りする。一方は病いに倒れ霊と化してしまった無限に清浄な恋人と、そして、精子の研究には欠かせない欲望に絡み付いてきた女性との間で深く切り裂かれた主人公は、研究室に身を置ける限られた時間も刻々と終末に近付き、決断を迫られる・・・。
コメント

2年先までのご依頼スケジュール

2018-08-17 13:35:03 | カルチャー
ぼくの2年先までご依頼頂いている展覧会、出版、イベント。

次作小説「研究室」2018年9月〜10月出版。エステティック社(フランス)

小山右人 絵画個展:ギャラリー「エスカリエC」(吉祥寺 2018年9月22日〜30日)


小山右人 講演会(御茶ノ水フォーラム 東京医科歯科大学医科同窓会 2019年5月31日 19:00〜20:00 その後懇親会)

小山右人 絵画個展:ぎゃらりぃ朋 (銀座 2020年10月23日〜31日)
コメント

いよいよ開催!

2018-07-29 22:14:55 | カルチャー
いよいよ週明けから「夏の風アート展1」のスタートです! 久しぶりの勝手知らぬギャラリーでのグループ展とあって、準備は大わらわ。何もかも不十分なまま、開催にもつれ込んでいく格好になってしまいました。
親しいお友達の皆様、ご連絡が途切れましたことをお許しください。決して忘れていませんのでご安心を!
伊勢神宮にも毎年奉納されるという特別の和紙に刷っていただいた拙作は、興味深いと感じ入りました。フランス税関を通過出来ず、現地の展覧会に出品できなかった理由も見えてくる気がして複雑な思いに浸りました。これは是非、どなたかの元に収まって欲しい作だと、ぼく自身、思っているところです。
コメント

フランスの出版物として正式に認定され、登録されました

2018-07-18 07:13:59 | カルチャー
【私の協力者、Marie Parra Aledo氏への賛辞】
(彼女が私の著作のためにフランスで設立した出版社から発行された書籍が、フランスの正式出版物として認定され、登録されたという報せ。
権威ある難関を、彼女の長年の努力により、ついに突破することが出来ました)

とても意義ある成功です。長年かけたあなたの強い信念の表れです。私は、どれほどの尊敬の念と感謝を抱いているか知れません。
世界中を沸かせたスポーツの祭典と機をいつにして、あなたの、そしてぼくの長年の夢が、実現したというのも、何か運命的なものを感じます。
四十五年あまり前、ぼくを前にして、あなたと、ある日本人女性が交わした会話をよく覚えています。その日本人女性が、いかにも軽蔑的に「こんな男のどこに魅力と才能があるっていうの?」と、ぼくを評したのに対し、あなたは、温和ながら、深く確信のこもった顔で「そうかしら? 私には、とても才能に溢れているように見えるけれど」と、あっさり言い返したのでした。
そしてぼくには、「決して諦めてはだめ。私があなたを世界的な存在にして見せる」と、言い続けてくれたのでした。長い道行きの一つの実現です。あなたの精神に、フランスの偉大さを見続けてきました。
コメント

宝物カード

2018-07-09 10:39:18 | カルチャー
黄金の銘板入りカード作りました!
小生の小説の読者の方への特別な贈り物として、高級和紙に自作の絵画「生の難路1ー珠」を心を込めて刷りました。
黄金の銘板が押された稀少なものです。厳密に、心通じる読者の方のみに差し上げます。
さらに、裏面には小説の一節と自筆のサインが入っています。
どうぞ記念の宝物として、末永く大切になさってください。
どんな形でも結構です、メールでも、メッセージでも、展覧会場でも、ご感想をお伝えいただいた方に差し上げます。
よろしければ、お送り先をお伝えください。もちろん無料でお届け致します。
コメント