Adversite Weblog
「自画爺~賛」が綴る レコード・CD・SACDの愛聴盤、カーライフの紹介!
 




マルチリンクナビ NSLN-W62 

これまで乗っていた車で受信できたFM局[NACK5]が、プリセット画面に表示されないので、手動で設定することにしました。何故なら、[AUTO.P]の操作では目的の周波数帯域を通過して受信できないからです。設定エリア(千葉県北西部)


 1.FM放送にする 2.空き局のスイッチを選択する
  1. カーナビ本体の[MENU]ボタン(右上)を押します。
  2. 次の画面で、[FM]スイッチ(赤矢印)にタッチします。(ここではFM放送を例に説明していますが、AM放送も同じ要領です)
  1. プリセット(FM-NHK、FM-東京等)画面が表示されたら、[エリア]スイッチにタッチして次の画面を表示します。
  2. 次のプリセット画面で、空きスイッチ(赤矢印)にタッチします。(設定前は雑音がします)
 3.目的の周波数に合わせる 4.放送局を記憶する
  1. もう一度、カーナビの[MENU]ボタンを押して、上記の画面を表示します。
  2. 2つのスイッチ(赤丸)を使って、周波数を合わせます。ここでは、79.5 MHZのFM NACK5にします。
    [右>>>矢印]=周波数が高くなる
    [左
    早送り=矢印をそれぞれ長押し
  1. 手順3で周波数を合わせたら、FM放送の画面に戻ります。
  2. 手順2で選択した[4のスイッチ]を長押しすると放送局が記憶されます。
    同時に放送局名と周波数が表示されます。
  3. 次の手順で、プリセット完了の確認をします。
 5.プリセット完了を再確認する 6.FM放送を視聴する
  1. 手順1の要領で、[FM]放送にします
  2. [エリア]スイッチにタッチして、先ほどプリセットした局が正常に聴こえるかを確認します

ナビゲーション中は、画面下に放送局名と周波数が表示されます

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 
マルチリンクナビ NSLN-W62 

プリウスα に取り付けたカーナビ&オーディオは、トヨタ純正(Panasonic)7インチ画面のマルチリンクナビ NSLN-W62  このグレードはCDプレイヤーが装備されていないので、SDHCカードに楽曲を取り込んで楽しみます。
その方法は至って簡単! パソコンのCDトレイに収録したい音楽CDをセットしてインポートするだけです。因みに、読み込み可能なディスクは? 従来型CDは勿論、SACDハイブリット盤も可能です。但し、SACDシングルレイヤーはパソコン自体が対応していません。
(Windows XP 使用)


 1.音楽CDの楽曲を読み込む 2.iTunes を使用する
  1. CDトレイに音楽CDをセットします。
  2. 次のステップで、[実行する選択画面]が表示されます。
  1. [曲を表示 iTunes 使用]を選択し、[OK]ボタンをクリックすると自動的に iTunes が起動します。
 3.インポートの準備をする 4.インポート方法を設定する
  1. iTunes 起動後、すべての楽曲が表示されます。
  2. 同時に、[iTunes ライブラリーにインポートしますか?]と表示されます。
  3. [いいえ]のボタンをクリックして、次のステップで説明するインポート設定を行います。
    [はい]をクリックした場合は、自動的に[AACエンコーダ]でインポートされます。
  1. インポート方法:のプルダウンメニューから任意のエンコーダを選択します。
  2. ここでは、[MP3エンコーダ]を選択します。
  3. 設定:のプルダウンメニューから[高音質]を選択します。
  4. [オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する]にチェックを入れます。
 5.インポートを開始する 6.新規作成フォルダにドラッグ&ドロップする
  1. インポートしない楽曲がある場合は、トラック番号横のチェックを外します。(ここでは8曲中2曲をインポートしました)
  2. インポートの選曲が終了したら、iTunes 画面右上の[CDをンポート]のボタンをクリックします。
    (上記画像の1曲目はインポート済み 2曲目はインポート中を表します)
  3. インポートが終了したら、音楽CDを排出します。
  1. 音楽CDを排出すると上記のようなアルバム画面が表示されます。先ほどインポートしたアルバムをクリックします。
  2. 下部に楽曲が表示されたら、すべてを選択して新規フォルダへドラッグ&ドロップします。今回は新規フォルダをディスクトップ上に作成しました。
    マイミュージックに自動的に保存されたアルバム
    をドラッグ&ドロップすることもできます)
 7.フォルダをSDHCカードに移動する  8.カーナビ本体にSDHCカードを挿入する
  1. SDHCカードをセットします。
  2. 前のステップで作成したフォルダをSDHCカードにドラッグ&ドロップします。
  1. カーナビ本体のMENUボタン(右上)を押して、画面左下のEJECTスイッチにタッチします。
  2. ディスプレーが手前に開いたら収録済みのSDHCカードを挿入し、ディスプレーを閉じます。
 9.SD MUSICにタッチする  10.音楽フォルダまたは楽曲を選択する
  1. カーナビ本体のメニューボタン(右上)を押します。
  2. 画面の[SD Music]スイッチにタッチして、選曲を行います。
  1. [LIST]で、音楽フォルダまたは、楽曲を選択します。選曲方法についての詳細は、付属の取説をお読み下さい。
  • 手順4で、[オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する]にチェックを入れずに取り込んだところ、思ったほど高音質ではありませんでした。それ以来、「エラー訂正」にチェックを入れて取り込んでいます。但し、多少時間がかかります。
  • 音楽フォルダをSDHCカードにドロップ後は、元データは削除することをお薦めします。(圧縮データのMP3でもメモリー不足につながり、パソコンの動作が重くなります)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




TOYOTA PRIUS α

5人乗りプリウスα S Model 
2013年1月中旬、我が家に待望のプリウスα がやってきました。
今まで乗っていた車は7人乗りのワゴン車でしたが、8年間で7人が乗ったのは、たったの2度だけです。
普段は一番後ろのサードシートを倒したままで、非常に勿体無いことこの上ない使い方でした。そこで、今回は車両購入費削減も考慮に入れ、5人乗りにすることに・・・・・
カーディラー
自宅近くには、プリウスα を取り扱っているカーディラーが3軒ほどありますが、国道296沿いにある千葉トヨペット(株)勝田台店にお世話になることにしました。
こちらを選択した理由は特になく、強いて言えば「何とな~く“感”のようなもの」が働いたとしか言いようがないのですが、ところがどっこい、その“感”は結果的に間違っていなかったのです。

千葉トヨペット(株)勝田台店
佐倉市井野1513
TEL.043-461-1151


担当者の対応
プリウスα は、当然ながら今まで乗っていた8年前の車とは比較にならないほど、先進的な装備が搭載されています。これについては先刻承知の介だったのですが、これ程までに電子化(デジタル化)されているとは・・・・・実際に乗ってみてビックリ!
初めは戸惑いを感じたのですが、担当の坂上(さかうえ)氏が、それ等の特徴やアドバンテージについて分かりやすく説明して下さり、かなり理解することができました。その時は本当に嬉しくなりました。なにしろ、かなり歳をくった老人が乗る訳ですから、その心配や不安を払拭するのは大変だったに違いありません。

お客様係主任 坂上氏
初めは、一番下のモデルの S "L Selection" を購入する積もりで価格交渉に臨んだのですが、何と彼はそのひとつ上のモデルを勧めるのです。
「きっと成績を上げるために高いものを押し付けているのでは?」と思われても仕方の無い商談で、これではお客が引き気味になる可能性も・・・・・
それなのに何故?
しかし、その理由を聞いて納得です!
坂上氏曰く、「過去に一番下のモデルを購入したお客さんが、ひとつ上のモデルにすれば良かったなぁ~!」って、嘆いていた方が結構いましたので・・・・・

高齢者にとっては有り難きかな!
プリウスα の購入に際しては、様々なサービス品を付加してもらいユーザーとしては大満足です。更に付け加えれば、老人にとって戸惑いを感じる沢山の書類やそれ等の提出日などについても懇切丁寧な説明をして頂き、そのお陰で不安なく納車日を迎えることができました。
値引きやサービス品の付加もさることながら、高齢者にとってはそれ以上にありがたいことなのです!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ブログ再開について:
しばらく休止していましたが、今日から再開します。よろしくお願いします。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )