gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

悩みは神に全托しつつひたすら神それ自体を求め続ける

2017-05-16 14:44:32 | 日記
私たちは
「神の子」であるのだから
ひたすら父である神を求め続ける、
それだけでよいのである。
そして自分の手に負えないことがあれば、
すべて神に任せる、
即ち全托の祈りをすればよい。
それをしつつ神それ自体を求め続ける。
ただ「神を求める」と言った時に、
神って何?と、
疑問が湧くことが多いだろう。
そのためにこそ
谷口雅春先生の「生命の実相」40巻が
存在している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペテロ、跛者をいやす(その2) | トップ | 現象の祖師と言っても実相の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事