筑前の国からこんにちは!

北九州市を中心に、福岡県とその周辺の情報を発信していきます。

深耶馬渓の紅葉・・・「一目八景」と「ひさしもみじ」

2018年11月17日 10時38分30秒 | 紅葉


2018年の耶馬渓も良い色に紅葉していましたよ。

深耶馬渓の有名な紅葉名所・「一目八景(ひとめはっけい)」とすぐ近くにある少しマイナーの「ひさしもみじ」です。

「一目八景は何度も来ていますが、「ひさしもみじ」の存在は今回はじめて知りました。

ただ、車で「一目八景」の駐車場に辿り着く直前に素晴らしい紅葉の箇所があることは気がついていました。

その箇所が「ひさしもみじ」だったと改めて知った次第です。

行く度になにか新しいことがことがわかるものですね!



ひさしもみじ
南(一目八景)方向
県道28号(森耶馬渓線)に屋根のひさしのように紅葉が被さります。



北(中津)方向


「ひさしもみじ」の横を流れる山井川も紅葉に染まっていました。



「一目八景」

駐車場から一目八景展望台途中にある水車と群猿山



一目八景展望台から眺望

一目で八景見ることができるそうです。
その八景とは、群猿山(ぐんえんざん)、鳶ノ巣山(とびのすやま)、嘯猿山(しょうえんざん)、夫婦岩(めおといわ)、
雄鹿長尾の峰(おしかながおのみね)、烏帽子岩(えぼうしいわ)、仙人岩(せんにんいわ)、海望嶺(かいぼうれい)を指します。

今回は、そのうちの三奇岩の景勝をカメラに収めました。


群猿山(ぐんえんざん)


夫婦岩(ふうふいわ)


鳶ノ巣山(とびのすやま)と夫婦岩(右奥)




一目八景は北九州から日帰りで来ていますが、午後にならないと辿り着けないのでいつも逆光になってしまい、
美しい紅葉も発色がイマイチになって残念な思いをしています。





人気ブログランキングへ


いつものポッチ! 応援ありがとうございます

コメント (15)

福岡県篠栗八十八か所霊場の紅葉・・・篠栗町呑山観音寺の塔頭・天王院

2018年11月13日 00時37分04秒 | 紅葉


福岡県にもようやく紅葉の声を聞き初めました。

とはいえ、ほとんどの紅葉名所はまだまだ色づき始めや青々しています。


福岡県では最も早く紅葉が見られる名所の一つに、福岡県篠栗八十八か所霊場である篠栗町の
呑山観音寺の塔頭(たっちゅう:小寺のこと)天王院があります。

この寺院の参拝は2回めになりますが、紅葉時期に初めて来ました。

呑山観音寺は福岡県糟屋(かすや)郡篠栗(ささぐり)町の鉾立(ほこたて)山の麓にある高野山真言宗別格本山で、
篠栗八十八か所霊場の第十六番札所となっています。

紅葉の名所のの天王院は第三十六番札所となっています。

ここは篠栗八十八か所霊場の中で最も標高の高く八十八か所の関所といわれています。



紅葉は、呑山観音寺の天王院の一の橋から本堂までが素晴らしかったです。
赤線が散策したコースです。




一の橋から見た極楽往生院の紅葉
最初に出会った紅葉の光景が素敵でした。




天王寺表参道の紅葉
坂道になっています、紅葉を見上げるというのもなかなか風情がありますね。



水子地蔵尊と六地蔵と水子地蔵との紅葉
篠栗88ヶ所霊場は水子地蔵を祀られているところが他にもあります。
逆光の雰囲気が良かったですね。



本堂付近の参道の紅葉
坂道の参道を登りきると平らな参道になったところです。
坂道を登りきってフラットな道になるとホッとしますね。




本堂参道の紅葉
この構図はこの寺社の紅葉の代表格です。



本堂上の紅葉




本堂から振り返ったところの紅葉



寺社と紅葉というのは、よく調和して気持ちが不思議と落ち着き安らぎを感じます。

篠栗には八十八か所もの霊場がありながら、紅葉の名所として知られているのは呑山観音寺の塔頭の天王院だけです。

残りの八十七か所の霊場にも素敵な紅葉が見られるところがありそうな気がしますね。




人気ブログランキングへ


いつものポッチ! 応援ありがとうございます






Nikon デジタルカメラ COOLPIX A900 光学35倍ズーム 2029万画素 シルバー A900SL


 


写真素材のピクスタ

 

 

 

コメント (16)

北九州市金比羅池の散策・・・カワセミ・アサギマダラとの出会い

2018年11月09日 18時35分16秒 | 散歩


北九州にある金比羅池の周囲を散歩するコースは、池のそばを周る内側コースと少し離れた高台の外側コースの2種類があります。



体調や気分によって、2種類のコースを組み合わせて適度な散歩コースができて楽しめます。


この散歩コースの内側コースは約800mあり、池には時たま吹き出す噴水が美しく、カモやサギ、鯉など戯れ、花や木が迎えてくれます。

外周は1100mあり、木や花に迎えられ高い所から金比羅池を楽しみながら、ウオーキングに集中できます。


そして、たまにはカワセミなどの珍しい野鳥も現れたりして、鳥撮りさんたちをたのしませてくれます。


この日は、池近くの内周コースを一周し、その後外側コースを散歩する予定でしたが、
カワセミやアサギマダラに出会って撮影に夢中になり、
ウオーキングにはなりませんでした(笑)。




北九州市立総合体育館と噴水と雲
内周コースのおよそ半分歩いたところで撮影しました。
近代的な体育館の姿と美しい噴水と魅力的な雲がよく調和していました。



しらさぎとカモ
静かな安らぎを覚えた光景に出会い、近くにあるベンチで腰を下ろして撮影しました。


カモ
気持ちよさそうに泳いでいました。



カワセミ


カモを眺めていると、キラッと青い色が目の前を走りました。

以前、この場所でカワセミを2回見たことがあります、もしかしたらカワセミ?、ワクワクしながら目で辺りを追いました。
しばらく探して見当たらないので諦めてしまいました。

その時、筑前ママが別の散歩コースから戻ってきたので、カワセミがいるかも知れないよ教えると、
しばらく探していてなにか見つけたらしいので、筑前ママのところへ近寄っていくと木陰の木に止まっていました。

何度か飛び込みとその後長い間同じ場所に止まってくれました。

たくさん撮ったので、帰宅後ワクワクしながらパソコンで大きくしてみると、
殆どの写真がぶれていたり、ボケていたりしたものがほとんどでかろうじて一枚しかUPできるものがありませんでした。

為替もまでの距離があり、カワセミが小さく、木陰にいたので、撮影が難しく満足した写真は撮れませんでした。
難しいものですね。



上をトリミングしたものです。



アサギマダラとフジバカマと綺麗な名前のわからない蝶(蛾?)

散歩コースを歩いている時、見知らぬ人から「アサギマダラが見られると聞いてきたのだがどこで見られるか?」と聞かれ、
外側コースに花が咲いている場所があるのでそこかもしれないと教えました、
撮影したこの場所と反対方向の場所を教えてしまい、申し訳ないことをしました。

カワセミを見たので満足していたので、駐車場に戻ろうとした大砲のようなレンズで花壇の中を撮っている人がいたので
撮影している先を見てみると、アサギマダラとフジバカマが見えました。

遠くから撮っていたので近寄らずにこちらも遠くから遠慮がちに撮りました。



撮影が主となり、散歩にもなりませんでした。

じつは、散歩よりもこうしたハプニングのほうが大歓迎です(笑)。

カワセミをぶれ、ボケがないくっきりと撮りたいと思います、今度見た時に再トライです。


人気ブログランキングへ


いつものポッチ! 応援ありがとうございます




Nikon デジタルカメラ COOLPIX A900 光学35倍ズーム 2029万画素 シルバー A900SL



写真素材のピクスタ

 

コメント (16)

銘山・八面山麓のピンクの海は3000万本のコスモス・・・大分県中津市三光

2018年11月04日 18時59分34秒 | コスモス

2018年のコスモスの見納めは、大分県の中津市にある三光で眼の前いっぱいに広がれる膨大なコスモスでした。

今年も銘山・八面山の麓をピンク色に埋め尽くしました。






コスモス園までは自宅から片道2時間以上かかり、一日がかりになりますが、
いつも満足して一日を終えることが出来ます。


コスモスは連作障害が起きるため毎年植える場所が替えられるそうです、
毎年見事なコスモスを見せてくれる地元の方たちに感謝です。




最も好きな光景です。
バックにそびえる銘山・八面山の麓に広がるピンクの海は3000万本に及ぶコスモスです。


三光を流れる大丸川の橋の上から


バックの道路は最近出来た東九州道です、大分、宮崎までずいぶん早く行けるようになりました。
このエリアは色んな色のコスモスが咲いてとても綺麗でしたね。


八面山と東九州道の中間の方向です。
コスモスの海と言っても過言ではなかったです。



最初の写真から500mくらい、八面山から離れたところに下がって撮影しています。
ここから見ても八面山の麓までコスモスで埋め尽くされています。


地元の方たちがコスモスで「アンパンマン」の模様を創っていました。
このエリアに仮設の展望台が造られその上に登り撮影したものです。
見ただけではなんの模様かわかりませんでした、展望台に「アンパンマン」と書かれていたので初めてわかりました。


ラグビーW杯のロゴだそうです。
ちょっとわかりにくいですね。



たくさんの写真を撮りたくさん歩きました、こんな日の夜はグッスリとよく眠れますね。

どの写真をブログで使うか悩むのも楽しみです。


人気ブログランキングへ


いつものポッチ! 応援ありがとうございます




Nikon デジタルカメラ COOLPIX A900 光学35倍ズーム 2029万画素 シルバー A900SL


 


写真素材のピクスタ

 

 


コメント (12)

散策コースを彩るコスモス達・・・北九州市八幡西区金山川畔

2018年11月01日 11時25分21秒 | コスモス


北九州市八幡西区に流れる金山川の辺りはとても気持ちよく散策できます

特に、コスモスが彩るこの時期が一年でも最も良い時期になります。


我が家から20分足らずで来られるのでとても重宝しています。


この散策コースの良い点は以下のようなものです。

 1.川の河口側で水門があり川面が静かで美しい。
             
2.コースに沿ってコスモスが迎えてくれます。

    3.コースはほぼフラットで舗装されていて歩きやすい。

 4.コースの沿った桜の木が木陰を作ってくれます。







散策コースにスタート地点から下流側の様子です。

桜の木が黄葉し始めていました。



コースを歩いていると途中からコスモスが咲いているエリアになります。



川の水面をバックに見るコスモスはとても調和していました。





更に歩いていくと、金山川のウオーキングコースの中でオアシス的な雰囲気の場所(休憩場)に行き着きます。
ここでは地元の方たちが囲碁や将棋を楽しんでいます。
川の降り場を中心にコスモスが咲いています。





休憩場を通り過ぎたところから、歩いてきた方向を振り返ります。




大輪のひまわりとコスモスのコラボ
こちらの向日葵は大きなサイズや、この時期まで咲いているのは珍しいです。



コスモスが咲くこの時期、正直なところあまりウオーキング効果は期待できません。

それというのも、少しウオーキングすると、素敵な光景が次々に現れ、立ち止まるからです(笑)。


とはいえ、コスモスに目もくれずランニング、サイクリング、ウオーキングに集中されている方も多く、
何度も同じ方と途中で出会います(笑)。





人気ブログランキングへ


いつものポッチ! 応援ありがとうございます





Nikon デジタルカメラ COOLPIX A900 光学35倍ズーム 2029万画素 シルバー A900SL



写真素材のピクスタ








コメント (16)