筑前の国からこんにちは!

北九州市を中心に、福岡県とその周辺の情報を発信していきます。

桃白梅をみて早春賦を想う・・・

2018年02月27日 21時12分18秒 | 


早春の花の代表は梅と言っても過言ではありません。

まだ咲き始めですが、のどかな田舎の風景を背景にした桃白梅の光景はいかにも早春!という風情でした。


その光景は日本の歌100選の「早春賦」のような雰囲気を漂わせていました。


早春賦の歌詞は、以下の様なものです。

筑前には意味がよくわからなかったのでネットで調べた要点をピンクで示しました。

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

春とは名のみで風は冷たくウグイスも泣くこともない。

氷融け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

氷は溶け、葦は角ばり?、これからみると春なのだが
空は未だ冬だ。

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

春と聞かねば、なんということもないのに、
聞いてしまうとウキウキする気持ちをどうせというのか



早春賦の詩は、北九州の今の時期のようです。

全国から春近しの声を聞き始め、目に入る光景は春そのものなのに
まだ風は冷たく、どんよりした雲に覆われ雪さえ舞います。





桃梅









白梅








早春賦という歌は、小中学校では習っていなかったようです。

YouTubeで聴いてみても記憶にありませんでした。

今回、歌詞が理解した上で、倍賞千恵子さんの早春賦を聴いてみるととても良い歌でした。

ブログを書くために早春賦という歌に触れる機会を得ました、ブログって素敵ですね。




人気ブログランキングへ

 いつものポッチ! 応援ありがとうございます

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

人生みたいな雲竜梅

2018年02月24日 18時08分02秒 | 


クネクネと曲がった枝が独特の風情を持つ雲竜梅です。


近くではこの公園(福智山ろく花公園)でしか見ることがない梅で初めてみたのは5年くらい前になります。

その姿を見て、自分が歩いてきた道はこんなに曲がりくねっていなかったんだなと思ったりしました。


毎年見に来ているのに今年は初めて自分の歩いてきた道を振り返りる気持ちになりました。


故美空ひばりさんの「川の流れのように」の中に歌詞、
「曲がりくねったこの道・・・」が脳裏に浮かびます。


振り返れば、今まで幾度か大きな人生の岐路に立ちました。

その都度、悩みながら一方を選んできました、その結果として今があります。


大きな岐路としては、学生の頃ですがアルバイトでバンドマンをしていました、
先生に見つかりバンドのアルバイトを止めなければ退学を申し渡され、
アルバイトをしていたバンドから専業でバンドマンをしないかと誘われ大いに心が揺れました。


悩んだ結果は、その当時既にプロの音感やリズム感にまったくついていけないことがわかり
自信がなかったので、本業の学業に戻りスッパリと音楽の演奏から身を引きました。


いまではバンドマン時代は懐かしい思い出ですが、道は誤っていなかったと思っています。

バンドマンの道を入っておけば、今の幸せな日々はなくきっとひどい目にあっていました(笑)。


東屋をバックに雲竜梅
曲がりくねった道の後に安息の東屋があります。





山茶花をバックに雲竜梅
山茶花の紅色に雲竜梅の白色が映えていました。


見事に曲がりくねっていますね。
花は八重です、とても綺麗でした。


寒牡丹を守る藁帽子をバックに
曲がりくねった道の後はのんびりとした風景が待っています。



雲竜梅の蕾もまだ多く、これからしばらく楽しめそうです。


雲竜梅を見て、自分の穏やかに歩いてきた路を思い出しました。


振り返れば、幾度も大きな人生の岐路がありましたが、
自分の判断で選んだり、あるいは選ばざるをえなくなったのですが
結果としてよかった気がします。

もう一方の路に行っておれば、今どうなっているか想像できることもあり
背筋が寒くなる気持ちになります。





人気ブログランキングへ

 いつものポッチ! 応援ありがとうございます

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

冬うららの公園散歩・・・福岡県直方市福智山ろく花公園

2018年02月19日 18時48分42秒 | 散歩


今年の冬は寒い日が多いですが、
そんな中でたった一日だけ暖かくて長閑な散歩ができた日があります。


そのような日は、なんと表現するのでしょうか?


表現として使いたいのは、「小春日和」ですが
この言葉は秋から初冬に掛けて暖かな日に使われ、真冬の今は使えませんね。


「冬日和」は、イメージ的に近いのですが冬の温かい日という意味で少し物足りません、
長閑なという意味を加えるなら冬の季語でもある「冬うらら」が最も表現としてあっていそうです。


なお、長閑を意味する「うらら」は、現代語で「うららか」、
古語では「うらうら」だそうで、転訛して「うらら」となったようです。


それでは、「冬うらら」の公園の様子をカメラに収めてきました。



青空のもと、福智山系の山々をバックに山茶花の赤い花が素敵です。



公園の中ほどに置かれたテーブルと椅子に夕日が差し込んで安らぎを覚えました。




足元に咲く小さな花を見ながら椅子に座れば気持ち良いですね。
長閑な昼下がりという雰囲気でした。




光を浴びたロウバイと寒牡丹と優しく守る藁帽子が東屋を囲んで冬うららです。
ボケの赤も良いアクセントでした。



昨年の暮に見れば幸せになるというスノードロップです。

昨年松には見逃しましたが、まだ咲いていました。



目から入る花や景色が春を感じるようになりました。

まだまだ天気は中々爽やかとはいえない日が続いていますが、
そんな中ポッカリととても気持ちのよい天気に恵まれ
まさに冬うららの光景に出会えました。


まだまだ、全国的に厳しい寒さが続きます、
たまにこんな冬うららの日は公園散歩は至福の時を過ごせました。


人気ブログランキングへ

 いつものポッチ! 応援ありがとうございます





コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せを呼ぶ花・福寿草・・・・福岡県直方市福智山ろく花公園

2018年02月15日 14時43分41秒 | 


福寿草は、めでたい花として最も知られた花です。

年が明けて、最も見たい花の一つです。

キンポウゲ科の多年草で、午後にしか咲かないそうです。

撮影はいつもなら午前中に公園に行きますが、
福寿草が目的でしたので午後に行きました。



福寿草がいかに幸運を表す花か調べてみました。

名前は、めでたい 幸福と長寿を表す「福寿」からきています。 

別名、元日草(ガンジツソウ)は年の初め、朔日草(ついたちそう)は月の初めを表し、
事の始まりを表すめでたい花です。


1月1日の誕生花でもあります。

花言葉は「幸せを招く」「春の使者」「福を招く」「長寿」「永久の幸福」などなど、
人生の中で最も幸せを意味する花言葉が並ぼます。




毒草であるのに・・・です。






黄色にもいろいろな色があります、
福寿草は如何にも幸福な色という感じを持つのは筑前だけでしょうか。




この公園では、数カ所で福寿草が咲いていました。












雪の少ない南の暖かな北九州では、福寿草が枯れ葉を突き破って

幸せが顔を出しているような気さえします。


人気ブログランキングへ

 いつものポッチ! 応援ありがとうございます




コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

節分草・・・福岡県直方市福智山ろく花公園

2018年02月11日 12時55分18秒 | 


節分草は名前を聞いたことやよく行き公園に咲いているという情報を得て
見に行くこともしばしばでしたが、
今回始めて見ることが出来ました。

今回始めてみて、その小ささにもしかしたら、以前来た時に咲いていて
見逃していたかもと思ったりしました。



今回、見逃さずにわかったのは、すでに先客がおり地面にはいつばって撮影していた先客がいて、
かつ、花の近くまで少し厚手の板で花を撮影用に足場が造られていたからです。


ここは、いつもの公園(福智山ろく花公園)ですので何度も来ていますが
公園の方のこのような配慮は初めてでした。


初めて節分草に出会えたことも、このような訪問者の視線から見た配慮も嬉しいものです。

節分草は、キンポウゲ科の多年草で、名前は、節分のころ花を咲かせるところから
きているそうで、密やかに
春を告げる花ですね。


花びらに見えるのはガクで、花びらは黄色い小さな蜜腺になってしまい目立ちません。


こんなに小さな花で(約1cmくらい)園内の散策道から少し離れたところで
ひっそり咲いているので見逃したかもしれません。
右上の白い札には、節分草と書いてありました。


石灰岩地を好む植物らしいですね。
野草園は割と広いエリアですが、3箇所くらいしか咲いておらず、
ここは普通の土なので中々増えることがないのでしょうか。



花びら(ガク)が開ききっていませんね。




野草園の中に節分草と書いた札がアチコチに見られますが、
いつ来ても花を見ることはなく縁のない花だと諦めていました。


筑前にとってそんな幻の花でしたから、節分草だけを取り上げました。




人気ブログランキングへ

 いつものポッチ! 応援ありがとうございます




コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加